サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

会津へ雪見」のトップ記事はこちら

「大内宿」のあの場所へ向かいます
150221133328a2.jpg

150221133328

雲一つ無い、快晴の「大内宿」

こんなに晴れていたら「雪目」になるかな?
って、プチ心配してみたりするほどの好天です
まあ、3時間ほどの滞在なので大丈夫でしょうが・・・

宿場の北端付近・・・この街並みを見渡せる定番スポットへ
上がってみる事にします
150221133231a2.jpg
150221133231
街道筋の突き当たりに建つ「浅沼食堂」の前を
左折すると、すぐに雪に覆われた階段になります

スリップ防止用に手すりが設けられていますが、かなり低い位置
もしかしたら、雪が積もった分、足下が高くなってしまった?

掴んで歩くと前屈みのキツい姿勢になるので、
手すりを使わずに慎重に上がります

150221132119a2.jpg

150221132119
「正法寺」です
金属製の急な傾斜屋根で、自然落下したのでしょうか・・・
屋根の雪は無くなっています
が・・・、階段部を除雪された雪が積まれていて、
この季節はお参りが出来ない様子

150221132256a2.jpg

150221132256
「正法寺」の前で、坂は右へ向きを変えます

「大内宿」の家並みが見渡せてきました
正面すぐ下に人の姿・・・
あの辺りから「正法寺」への階段が始まります

150221132345a2.jpg
150221132345
4、5人の方がカメラを構える位置から
更に先に進んでみました
街道の道筋を真正面に捉えられるか・・・
と思ったら木の枝が

やはり、皆さんが撮っている場所がベストポジションなのでしょうね

150221132433a2.jpg

150221132433
緩く左カーブをしている宿場の街道
手前の民家(浅沼食堂)から正面奥の見通せる辺りまでの
道のりは約300m・・・その街道沿いに約46軒の建物が建つそうです

150221132534a2.jpg

150221132534
ズームしてみます
通りの左側に、火の見櫓が見えます
「大内宿」唯一の高層建築物・・・なのかもしれません

150221132700a2.jpg

150221132700
3日前の降雪のおかげで
雪深い雰囲気の「大内宿」を見る事が出来ました

150221133003a2.jpg

150221133003
撮影をしている所の道幅は約1m30cmほど
崖側に手すりがある訳でもなく、すれ違う時は要注意

また雪に覆われて道の端部がよく判らないので
斜面にはあまり近づかない方が良さそうです

150221133016a2.jpg

150221133016
坂の途中にある、もうひとつの建物は「子安観音堂」
5月に年に1度のご開帳があるそうです

屋根の上に相当量の雪が・・・お社の周りは
既に雪の吹きだまり状になっていて雪下ろしも出来ない状況のようです

150221133117a2.jpg

150221133117
屋根の雪を落とすと、この歩いている道がふさがっちゃう?

150221150048a2.jpg

150221150048
下り切った所・・・往路では気がつきませんでしたが、
あの定番スポットへの近道があるようです
僅かに、手すりが雪の上に出ているだけなので
階段なのか、坂道なのか?
(他サイトに掲載された夏の風景では階段になっていました)

150221133412a2.jpg

150221133412
街道沿いに降りてきました
正面右の建物が「浅沼食堂」です

その屋根上の先に人影が見えます・・・
あの位置が、街並みを俯瞰できるスポット


訪問日:2015年2月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2015.03.11 


Secret