サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
車内からの撮影で見難い写真があります
改正前に」のトップ記事はこちら

信越本線に乗り鉄です
150307110616a2.jpg

150307110616
信越本線「古間」駅(標高633m)
ホームの先の方・・・乗降に使われていないので雪はそのまま

積もった雪が、向こう側に見える屋根まで続いています
途中には何があるのでしょうね
歩いていけるのでしょうか・・・
多分、ズボッと潜ってしまいそうな予感

先日の会津も雪深かったけど、こちらの方が半端無いですね

150307110649a2.jpg
150307110649

鳥居川に沿って加速していきます
先に見えるのは「黒姫山」(2053m)・・・
ちょっと雲がかかっていますが。近くで見るのは初めて
前回の雪見の旅の際は、この辺りは全て雲の中でした

中央の川沿いに1人、右端に1人・・・撮影しているようです
見通しの良い所や踏切、線路沿いの道路にカメラマンの姿が数多く
150307110852a2.jpg

150307110852

線路をオーバークロスする道の斜面にはびっしりとカメラマン
100人近く居そうな感じですね~
ここは黒姫山をバックに列車を撮れる有名撮影スポットだそうです
150307110917a2.jpg

150307110917

列車は更に登っています

右に左にカーブを繰り返すので、風景も様変わりします
山容の広い「飯縄山(いいづなやま)」(1917m)が真横に・・・
150307110927a2.jpg

150307110927

雲が薄くなってきて青空の部分が広くなってきています
次第に「黒姫山」の頂上付近が見えてきました
150307111019a2.jpg

150307111019
標高671.8mの「黒姫」駅です
「東京スカイツリー」の高さを越えました
一段高くなった所は駅前駐車場・・・積雪が1m程でしょうか
その跨線橋近くにもカメラマンが居ます

列車は、ここから日本海に向けて下って行きます

150307111321a2.jpg

150307111321
進行方向左側に「妙高山」(2454m)が見えてきました

日本百名山のひとつ、別名「越後富士」だそうです
有史以降の換算活動の記録はないですが、
南側の火口原の噴気地帯があるそうです

150307111340a2.jpg

150307111340
「上信越道」をアンダークロス

「上信越道」は群馬県の藤岡JCTから
新潟県の上越JCTまで204.3kmの高速道路です

この陸橋の手前側(長野寄り)にある「信濃町IC」から「上越高田IC]まで
除雪作業のため、閉鎖される事も時々あるとか・・・

150307111923a2.jpg

150307111923
「妙高高原」駅(標高510m)に着きました

ひとつ手前の「黒姫」駅より160mほど下ってきたのですが
雪の量はこちらの方が格段に多いです

駅の400mほど手前を流れる「関川」が県境・・・新潟県に入りました
kurohime1503.jpg
訪問時は、JR信越本線として、そのまま先へ進めましたが、改正後、
この「妙高高原」駅までが「しなの鉄道」、この先は「えちごトキめき鉄道」になります
で、数分の待ち合わせでの乗換が必要となりました

訪問日:2015年3月07日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2015.03.26 


Secret