サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
記憶を辿って」のトップ記事はこちら

「久留里」駅で降ります
150517144245a2.jpg

150517144245
JR久留里線久留里駅
停車中の列車は、乗車してきた「上総亀山」駅発「木更津」駅行き
普通ディーゼルカーです
目立つ塗色・・・緑は森、青を海、
黄色は・・・房総の菜の花、でしょうか?

ここ「久留里」から終点の「木更津」駅までは49分
スピードが遅いので、結構、かかります

150517144352a2.jpg
150517144352
「久留里」駅の駅舎は線路の東側に・・・西側には田畑が広がっています・・・#1
(#は、最後部の掲載地図で撮影地点を表しています)
次の「木更津」駅行きの発車時刻まで1時間余り、町を散策してみます

「久留里」駅前には高速バスも停車
安房鴨川駅・千葉駅・東京駅と結んでいます
久留里線にとっては脅威の存在ですね

150517144606a2.jpg

150517144606
久留里の観光スポットとしては「久留里城」があります
駅前の商店街のアーチにもそのモニュメントが飾られていますが
駅から約2km離れた山上にあって、1時間の滞在時間では
往復だけで終わってしまいそうで、ちょっと無理・・・#2

kururi_walking.jpg
事前にDLしたマップに掲載されていた
「井戸」を巡ってみることにしました
地図上のが井戸の位置・・・沢山あります

まずは「久留里小学校」方面へ向かいます

150517144724a2.jpg

150517144724
駅前から「久留里商店街」の通りに出て右折すると・・・
シャッターにメニューが貼りだされています・・・#3
脇には、TV番組に出たとのチラシも・・・。

シャッターの中が通路になっているみたい

150517144733a2.jpg

150517144733
中を覗くと・・・シャッターが閉まった暗い通り道
奥の方に人だかりがしています

何となく
覗いてはいけない場所?犯罪の匂いがプンプン?
向けていたカメラも隠さないと

このお店・・・こちらで紹介されたそうです
喜楽飯店
この通りは「みゆき通り」・・・名称と雰囲気が合っていません

150517144836a2.jpg

150517144836
履き物屋さんの店頭の横に最初の井戸・・・のようです・・・#4

一般的によく見る「井戸」とは形が異なりますが
脇から、水がちょろちょろ流れているので・・・そうなのかな?と

150517144955a2.jpg

150517144955
トーテムポールのような井戸
ですが、金属製のキャップが先ほどの井戸と共通・・・#5
久留里の町の井戸施設の目印でしょうか

看板には「平成の名水百選 生きた水・久留里」と案内されています

150517145105a2.jpg

150517145105
「久留里郵便局」・・・#6
「里」の字が巣作りに丁度良い字体だったのでしょうか

「久留里」の街にも、つばめの姿が数多く見られます

150517145257a2.jpg

150517145257
平成の名水百選「高澤の水」・・・#7
井戸は敷地内にありますが、水汲みに訪れる人のために
門外まで引いているそうです

150517145415a2.jpg

150517145415
「久留里商店街」の通りを左折・・・
小学校への道を辿る途中にも、井戸のような施設が・・・#8
絶え間なく水が流れ出ています

150517145802a2.jpg

150517145802
「久留里小学校入口」・・・#9
マップに掲載された写真では並木道が続くようでしたが
意外と短い坂道

150517145839a2.jpg

150517145839
その坂道の右側にある小公園・・・#10
「新井白石住居跡」との掲示板が立っています

「新井白石」さんの簡単な紹介はこちら

150517150514a2.jpg

150517150514
「久留里小学校」入口・・・#11
大谷石でしょうか、立派な門扉です

都内でも、昔はよく大谷石の塀が見受けられました
昨今は少なくなっちゃいましたね

150517150438a2.jpg

150517150438
広い校庭と2階建ての校舎

原風景を思い起こすような、懐かしい雰囲気を感じる小学校

150517150755a2.jpg

150517150755
「真勝寺」を巡ってから、「新町通り」へ向かう途中・・・#12
本当に、町のあちこちに井戸があります
kururi01.jpg
「久留里の井戸水」は、清澄、三石山系への降雨が地層で
濾過されてから地下水脈を通ってきたものだそうです
明治中期に開発された「上総掘り用具」で井戸が掘られ
四季を問わず、常に水が湧き出ているとか・・・

訪問日:2015年5月17日
つづく(全17回)
関連記事
スポンサーサイト

2015.06.13 


Secret