サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
朝飯前の散策」のトップ記事はこちら
参道入り口へ
150628080144a2.jpg

150628080144
青空が広がっています
「大雄山」駅そばの交差点から「明神ヶ岳」が望めます

散策先の「大雄山最乗寺」は、その麓辺りに位置しているようです
(正面の山の1/3の高さ辺りでしょうか)
その三門の手前まで路線バスが運行されています
所要時間は10分ほど・・・さほど遠くはなさそうです

でも、次のバスは20分弱先・・・
プランより1時間早く到着し、お天気も良い事ですし、プラプラ歩いて行きます

150628080548a2.jpg
150628080548
大雄山線の線路と平行して流れる「狩川」を
「大雄橋」で渡ります

正面右のおにぎり型の特徴的な山は「矢倉岳」(870m)
その左側の山裾に、雪が残る富士山の頂上が見えます
富士山が隠れん坊をしているみたい

150628080602a2.jpg

150628080602
「大雄橋」を渡った所に案内板
「大雄山 最乗寺」まで、3km・・・との事
40分程の行程でしょうか

150628080703a2.jpg

150628080703
で、いきなりダラダラと続く坂道です

真っ直ぐな道って気持ちの良いものですが
真っ直ぐな上り坂は、少々、メゲますね

150628081214a2.jpg

150628081214
真っ直ぐ伸びた坂道を上がり、右カーブに・・・
その先は更に傾斜がキツい上り坂です

事前にチェックした地図では、民家の建ち並ぶ住宅街風だったので
ほぼ平坦な道だと、想定していたのですが、連続した坂道・・・

写真手前に、バス停「参道1丁目」があります
バス時刻表によると、「大雄山駅」から、たった2分って地点です
すでに10数分、歩いているのに・・・

150628081257a2.jpg

150628081257
そのバス停近くに立つ「石碑」・・・「丁目石」と言うそうです
バス停の名称が「参道1丁目」なので、この文字が1なのでしょうか

検索すると・・・「壹」(いち)ですね
バスの終点「道了尊」の近くにある茶屋の名称が「二十二丁目茶屋」
「丁目石」をチェックしていけば、歩行距離の見当を付ける事が出来そうです

150628081348a2.jpg

150628081348
幼稚園の門に立つ、アニメちっくな「天狗様」

これから向かう「大雄山 最乗寺」は天狗伝説で有名なお寺
神奈川県屈指のパワースポット・・・なのだそうです

150628081439a2.jpg

150628081439
でも、その前にパワーがになりそうな坂道が続きます

150628081533a2.jpg

150628081533
振り返ると・・・結構、上ってきています
下の街並みが「大雄山」駅付近なのかも

ここでボールを落としたら、駅前まで転がっていきそう
キャッチボールをしたくない場所です

150628081707a2.jpg

150628081707
「3km」表示の場所から、11分かかって
歩いた道のりが、たった800m

ずっと続く、この傾斜・・・変化の乏しい住宅街の中では堪えます

150628081749a2.jpg

150628081749
「仁王門」のバス停が見えました
路線バスなら「大雄山駅」から、3分で到着する地に
18分かけて到着です

ここから本格的な参道が始まります
で、バスはここから7分かけて「道了尊」へ行くそうです
歩いてだと、何分かかるのでしょうか・・・

地図面で見れば市街地を歩いただけなのに
汗がボタボタしたたって・・・
マジで辿り着くのでしょうか、最乗寺さんに

daiyuzan.jpg
片道3km程度じゃ、大した運動にもならね~な、って
思っていましたが、すでに足が棒のようになっています
なめていました

前回の散策から1ヶ月以上経過してて、
足もナマっていたのかもしれませんが・・・
もっと間隔を狭めて歩かなくては

訪問日:2015年6月28日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2015.07.04