サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
工場見学へ
150926135152a2.jpg

150926135152
JR「小淵沢」駅、駅舎横です

さほど広くない駅前広場で待っていると、大型バスが入ってきました
正面に「サントリー白州蒸留所」と掲示されています
車内には見学が終わった・・・ほぼ満員の乗客の顔が見えます、人気ですね~

ウィスキー関連の工場見学コースは、「ウィスキー蒸留所ガイドツアー」と
ウィスキー&天然水ガイドツアー」の
2コースで、前者は1日10回、合計500名、
後者も1日6回、合計300名のトータルで1日16回、800名が参加出来るのに、
この日、空いていたのは「ウィスキー&天然水」コースに1名分のみだったのです
(2週間前の予約時点で。1週前の週末は全て満員でした)

その、ひとり分だけ残っていたのが「ウィスキー&天然水ガイドツアー」の最終回
15時20分~16時30分の枠です

15時20分開始なのに、14時5分発の送迎バスに乗車するのは・・・
次のバスが15時10分発、ツアー開始時刻に5分遅刻しちゃう
(所要時間の異なる「ウィスキー蒸留所ツアー」の開始に合わせているみたいです)

蒸留所には14時20分に到着するので、1時間待つ事になりますが
広い工場内の庭を散策して過ごす事にしました(雨降りだったら、どうしようもありませんね

READ MORE▼

2015.10.16 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
小淵沢駅です
150926134306a2.jpg

150926134306
JR中央本線「小淵沢」駅(標高881m)です
開業は、1904年・・・明治37年12月だそうで、歴史がありますね

現在、写真左側に新駅舎の新設工事中
ホームとの連絡橋も工事中で、その連絡橋付近にあったホームの
そば屋さんと売店が今年3月に閉店
駅弁をホームで購入する事も出来なくなってしまいました

現在、そばは駅舎の中の改札外、駅弁は右側のベージュの
建物(デュオレール)で購入する形(駅舎内で繋がっています)

ただ、乗車中の列車の停車時間内での購入は
長時間停車する列車(一部の普通列車)以外は難しい状況
小淵沢駅限定の駅弁は、途中下車して購入するしかありません

それでも、今回、あえてここの駅へ向かったのは、リンクさせて頂いている
YUKAさんのブログ「私のおぼえがき帖」の記事がきっかけ

発売再開を知って、居ても立ってもいられなくなりました

READ MORE▼

2015.10.13 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
小淵沢を歩いています
150926131707a2.jpg

150926131707
JR「小淵沢」駅から発車した、2両編成のディーゼルカーが
180度の大カーブした突堤を駆け上がっていきます

この車両・・・屋根上の冷房装置の横に蓄電池を搭載。
ディーゼルエンジンで発電した電気と蓄えた電気でモーターを
駆動して、走る「ハイブリッドカー」です

突堤下の道にカメラマンがひとり・・・
人気のある場所ですが、お天気のせいか、撮りに来た人は3人きりでした

READ MORE▼

2015.10.10 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
小淵沢に着きました
150926125726a2.jpg

150926125726
12時57分、「中央道小淵沢」に到着しました

時刻表では12時48分設定なので、9分遅れ・・・
でも、これは許容範囲の遅れですね

皆さんは、高速バスの予定時刻はどのように考えているのでしょう?
私の場合、今回で高速バスの利用は3回目
ビギナーのビギナーです

最初に利用したのが、岐阜県中津川駅から新宿駅まで
・・・その時は早着でした
初乗車までは、遅れるのが普通と思っていたので、意外でした

次が、山梨県忍野から新宿駅まで・・・
記憶が定かではないのですが、ほぼ時刻通りだった印象です

なので、乏しい経験上は、遅延より早着する印象が強いかな?

只、基本的に、鉄道よりは様々な状況で、定刻通りの運行は
難しいイメージを持っています。
なので、10~15分程度なら致し方ない・・・と。

今回も、降車客の方が、荷物を床下収納から取り出す機会が
多かった事もあって、停留所での滞在時間が長かった・・・
道路上の渋滞はなかったのですが、こういった要因もあるのだし
致し方ないのでしょうね

READ MORE▼

2015.10.08 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
中央道を高速バスで移動中
150926115026a2.jpg

150926115026
「笹子トンネル」を抜けて、甲州市に入りました
間もなく「勝沼IC(インターチェンジ)」です

今までも何度か経験した事が・・・
甲府盆地に入ると、それまで異なり、晴天が広がっている、という事

この日も、遠くに青空が見えています

この甲府盆地にある「甲府市」・・・
全国の県庁所在地で、日照時間が日本で一番多いそうです
(2位は高知市、3位は宮崎市)
四方を囲む山が雲の進入を防いでいるからだとか・・・
その、晴天日の多さで果樹栽培が盛んなのだそうです

READ MORE▼

2015.10.05 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
高速に入ります
150926102453a2.jpg

150926102453
新宿高速バスターミナルを出発して、小淵沢へ向かいます

小淵沢と言えば、八ヶ岳高原を走る小海線の起点駅
初秋の高原を歩くプランを検討してみたのですが
列車の接続、滞在時間、それと工場見学の送迎バスの時刻等々
組み合わせる事が難しくて、結局、断念
(天気予報も芳しくなくて、絶景を望めない可能性が高い点も含めて)

結局、工場見学関連の時刻に合わせるプランとした為
ゆっくり目の出発となりました

READ MORE▼

2015.10.02 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
新宿駅です
150926095302a2.jpg

150926095302
新宿駅南口に面した甲州街道・・・
その向かい側に建設中の施設

左側の高いビルが「新南口ビル」(33階)、その下に広がるのが「新宿交通結節点」
2階部分は、新宿駅施設と歩行者広場
3階はタクシー、一般車乗降場と高速バスの降車場
4階が高速バスターミナル・・・となる予定だそうです
(1階はJR線の新宿駅ホーム・・・つまり、線路の上に作った人工地盤上の施設です)

この施設が完成すると、新宿駅周辺に散らばってた高速バス、ツアーバス、空港バス乗降場が
集約されて、迷う事も無くなる・・・筈です

*継続中の「曼珠沙華」系統の「と、駅弁1。」とは別シリーズになります
似通ったタイトルでゴメンなさい


READ MORE▼

2015.09.28 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
瓢箪から旅」のトップ記事はこちら
「スーパーあずさ」は甲府盆地を走ります
150726160556a2.jpg

150726160556
「甲府」駅を出て、約6分・・・「笛吹川」を渡ります

正面の山並みの左端の方、雲の中に富士山の頂上が僅かに覗きます
この山並みは、富士五湖や朝霧高原の広がる高原です

笛吹川も今春、桃の花を見に歩いた所
花はとても綺麗でしたが、お腹がピンチだった散策でした

2015年4月「春の山梨05・・・花どころでは・・・
リンクは過去にその界隈を訪れた際の記事です

READ MORE▼

2015.09.23 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
瓢箪から旅」のトップ記事はこちら
「スーパーあずさ」で新宿へ向かいます
150726153636a2.jpg

150726153636
「松本」駅(標高586m)14時29分発「スーパーあずさ22」号は
「茅野」駅(790.3m)を約3分遅れで発車、「甲府」駅(282m)へ向かっています
標高の低い「甲府」駅までひたすら下っていくのではなく、
この後、更に上って標高955.2mの「富士見」駅でピークを迎えます

地図で見ると、松本から東京は東南東の方向ですが、山間部を走る
中央線の路線は向きが頻繁に変わります

小海線の起点「小淵沢」駅(881m)を出て、「神田の大糸桜」付近・・・
真東から東北東へカーブする辺り
右手には南アルプスの鳳凰三山でしょうか、写真左端には小さく富士山が見えています

READ MORE▼

2015.09.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
春の山梨」のトップ記事はこちら

甲府盆地を巡ります
150404185218a2.jpg

150404185218
ライトアップされた「わに塚の桜」

韮崎駅からの電車は19時45分発
駅までの道、タクシーの空き状況等々・・・万が一の事を考え
そろそろ撤収作業に入ります
ライトアップされて10数分・・・しか経っていませんが

係の方のお話で、ライトアップの時間を延ばして欲しいと
意見を寄せられるのだけど
実際、訪問客は、撮ったら数分で帰ってしまって
遅い時間には誰も居ないって事もある・・・と

確かに暗い中なので、撮れる範囲も決まってしまって
そうそう長居をするのも難しい・・・です

READ MORE▼

2015.04.25