サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730133334a2.jpg

170730133334
「三島広小路」駅に着く直前・・・踏切の警報器が鳴り出します

逆方向の「修善寺」駅行きを期待したのですが
残念ながら「三島」駅行きの電車が目前を通過していきます

この時間帯は1時間3本と運行本数がちょっと開いています

踏切を渡りながら、見ると電車の先頭に
「ラブライブ!サンシャイン!!」のヘッドマーク

そう言えば、朝の沼津駅前でもアニメ関連の建物前に行列があったけど
何か、関連があるのでしょうか・・・?

READ MORE▼

スポンサーサイト

2017.08.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730131021a2.jpg
170730131021
静岡県三島市にある「パティスリー・トロンコーニ」

今回の散策での目的地は、「沼津港深海水族館」ともうひとつ、このお店でした

元々は都内の地元にあったお店、1995年のオープンでした

そう繁華街でも無かったけど、ケーキ屋さんが割と多い地で
当初は大丈夫かな?と思ったりしていたのですが
いつの間にか、地元を代表するケーキ屋さんのひとつになっていました

お店は通り沿いから僅かに入った、住宅も多い地域でしたが
近隣に高校、中学、小学校、幼稚園があり、お使い物に利用されたり・・・。
個人的には、お土産、ホワイトディのお返し等々、何度か利用させて貰いました

ここ数年は遠方から、わざわざ買いに来るお客さんも増え
偶然ながら、都外に住んでいた大学の先輩夫婦と遭遇
評判を聞いて買いに来たとの事でした

そんな、人気だったお店が今年3月に閉店、三島に移転と・・・。

地元民にとってかなりのショック
「トロンコーニ・ロス」なんて言う人も・・・

同じ都内なら移転しても、訪れる事は難しくはありませんでしたが
静岡県となるとなかなか大変

でも三島は、柿田川やカピバラ、鰻目当てで何度か訪れていて
他所よりは多少、馴染みがある街

で、今回、まだ訪れた事のなかった、「沼津の水族館」と
組み合わせて、あのケーキを買い行く事にしました

READ MORE▼

2017.08.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730124736a2.jpg

170730124736
JR東海道本線「沼津」駅、上りホーム・・・「静岡」駅始発の普通電車が到着
短い3両編成です
・・・朝、発生したシカと衝突による運休・遅延の影響は無い模様です

昼間の時間帯は1時間に5本、そのうち3本が「熱海」駅行き
2本が手前の「三島」駅止まりのダイヤ

「三島」駅での東海道新幹線への乗換客を想定しているのでしょうが
短い3両編成も含む、1時間に2本の運行は、ちょっと、と感じてしまいます

特に下りは、「熱海」駅止まりのJR東日本の普通電車が1時間に3本、15両でやってくるのに
乗換先が1時間に2本の3両編成だったら混雑は必至です

観光地への利用者が多い、「熱海-三島-沼津」間だけでも
折り返し運転を増発して欲しい気もするのですが・・・

READ MORE▼

2017.08.27 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730120435a2.jpg
170730120435
「ダイオウグソクムシ」に見送られて、水族館を出ます

一番奥のグソクムシはなぜか、ヘッドフォン着用してます
昔、ウォークマンを装着したお猿さんのCMがありましたが
それをイメージしているのかな

入館前は、建物規模も大きくないし、あっという間に見終わってしまうかも・・・
と危惧したのですが、なかなかどうして見応えのある水族館でした

希少価値の高い生き物も多く、深海生物ならではの飼育の困難さから短期間の展示、等々
タイミングを逃すと永久に見る事が出来ない事もありそうな、「沼津港深海水族館」の生き物

その都度、訪れたいのですが、東京から沼津はちょっと遠くて
頻繁に訪れる事がなかなか難しいのが残念・・・

READ MORE▼

2017.08.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730115101a2.jpg
170730115101
SF映画に登場しそうなフォルム
青色のライトに照らされて浮かび上がる表情もカッコいいですね

「ダイオウグソクムシ」
水深200~1000mに生息

READ MORE▼

2017.08.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730114148a2.jpg
170730114148
生きた化石と呼ばれる「シーラカンス」が5体

一般公開が正式に認められた、本物の5体です
その内、2体が生冷凍状態で保存・展示されています
冷凍標本の展示は世界唯一

READ MORE▼

2017.08.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730114100a2.jpg

170730114100
今、水族館で大人気なのが「クラゲ」・・・
ゆらゆらと海中を漂う姿に癒されます

「沼津港深海水族館」にもクラゲの水槽がありますが、
確認できたのは、ひとつの水槽だけ・・・ちょっと寂しいかな

でも、展示するクラゲは時期によって変更されるようです
過去には「黒いクラゲ」の時も・・・見てみたかったですね

READ MORE▼

2017.08.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730113315a2.jpg
170730113315
静岡県沼津市にある「沼津港深海水族館」
館内を1階から2階に移動します

この水族館の目玉のひとつが「シーラカンス」
剥製が3体、冷凍2体の5体も展示されています

ワシントン条約で規制される前に捕獲されたシーラカンスで
水族館で冷凍状態の展示は世界初なのだそうです

READ MORE▼

2017.08.18 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730112433a2.jpg
170730112433
ついに対面!!!
「ダイオウグソクムシ」
と思ったら

「バシノモス」
2006年に記載された、グソクムシの仲間
水深500mからカゴ漁で捕獲
ニューカレドニア周辺で生息が確認
・・・だそうです

「沼津港深海水族館」の「ヘンテコ生き物」コーナーを巡っています

READ MORE▼

2017.08.17 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
沼津と三島へ」のトップ記事はこちら

170730112147a2.jpg
170730112147
「沼津港深海水族館」
展示されている生き物は、約60種、1500匹

他の水族館のように、ペンギンとかイルカ等々、人気のある生き物は居ませんが、
深海らしく、なかなか深~い生き物が展示されています

ライトで美しく光る「ドフライン・イソギンチャク」
200~400mに生息

1904年に採集されて以来、約110年ぶりに東京湾で再発見されたイソギンチャク
名前は、発見者の「ドフライン博士」に由来

展示されているものは、2014年の駿河湾での底引き網漁で捕獲されたそうです

READ MORE▼

2017.08.16