サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923160016a2.jpg
170923160016
JR信越本線「米山」駅

建物の半分ほどが駅関連施設ですが、北側には別施設が入居

真ん中の扉は病院、奥の扉はJA(農協)・・・のようです

駅が無人なので、両施設の利用客が居れば物騒でもないですね
・・・と思ったのですが、人の気配がありません

READ MORE▼

スポンサーサイト

2017.10.18 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923151702a2.jpg
170923151702
15時17分、信越本線普通「長岡」行電車が到着します

「越後湯沢」駅から「六日町」駅まで乗車した電車と同じ「E129」系
その2両編成の「100番台」だそうです

ここから信越本線ミニ散歩の始まりです・・・と言っても、
指定券予約直前まで雨予報だったので、何の準備も出来ず
駅を2か所巡るだけですが

READ MORE▼

2017.10.17 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923143503a2.jpg
170923143503
北越急行「ほくほく」線、最後の停車駅「虫川大杉」にて

先頭部に取り付けられた列車愛称板
よ~く見ると、タートルの絵柄の背景は「亀の甲羅」

芸が細かいです

READ MORE▼

2017.10.14 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

140207103312a2.jpg

140207103312
2014年2月
「まつだい」駅で、最高速度160km/hの特急「はくたか」との交換シーン


1日に13往復が運転されていた「はくたか」、1年後に0になりました

2013年度、11億7900万円の黒字でしたが、
2015年度は6億2200万円の赤字に・・・。

ただ、北越急行のスゴいところは、新幹線開業後を予想して
利益を留保しておいた事で、その額は130億円

毎年3~6億年の赤字を出しても30年程度は安泰
その間に公的支援を受けながら、収益改善を図っていく・・・そうです

READ MORE▼

2017.10.13 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923130758a2.jpg
170923130758
北越急行「ほくほく」線、「まつだい」駅
ちょうど到着した13時8分発、普通「直江津」行きと並びます

青いラインの一般タイプは8両が在籍、
エンジのラインの「ゆめぞら」仕様は、4両が在籍
どちらも最高運転速度は110km/h

最高速度だけを聞くと、普通~の気がしますが、加速の良さが評判のようです
(起動加速度3.0km/h/sは山手線と同じ数値だとか)

低速時は都心を走る電車と同程度を維持した上、中速域、高速域での加速も高いとか。
0→110km/hまで、50秒程。かなりの高性能、だそうです

READ MORE▼

2017.10.12 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923115055a2.jpg
170923115055
「十日町」駅をゆっくりと通過中

「運転席からのライブ映像を楽しむ」筈だったのが
機器の不調?で中断したまま、トンネルを抜けてきました

この「十日町」駅はJR飯山線との接続駅・・・
地平ホームのJR線に対し、北越急行ホームは地上3階で街を見渡す事が出来ます
かつては特急電車も停車した、ほくほく線内の中核駅です

駅を出ると急降下、民家が建ち並ぶ中、地下トンネルへ・・・
「十日町トンネル」(1695m)です

速度は通常運転と同じですが、カーブが続くので90km/hほど。

READ MORE▼

2017.10.11 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923112051a2.jpg

170923112051
11時30分発、臨時「超低速スノータートル」

「HK100-8」・・・「ゆめぞらⅡ」と呼ばれる車両1両編成です
一般車両は白い車体に青の帯、「ゆめぞら」仕様は白い車体にエンジ色の帯

新潟県南魚沼市・「六日町」駅と上越市「犀潟」駅を結ぶ「北越急行 ほくほく」線
かつて時速160kmで特急電車が走行していた高規格路線を
時速10km台で走る企画「超低速スノータートル」に参加しました

READ MORE▼

2017.10.10 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923105430a2.jpg
170923105430
「越後湯沢」駅から17.6km・・・JR上越線「六日町」駅です

都内で言えば、「東京」駅を出て、神奈川県の「川崎」駅までが18.2km。
なので、県境の多摩川の鉄橋付近が同じくらい道のりかもしれません

でも、都道府県別の地図で見ると、湯沢と六日町はすぐ隣なのに、意外と遠いです
同じサイズの紙面だと、東京都と新潟県の縮尺は約4倍の違い
・・・そのため、錯覚をしてしまうのかもしれませんね

新潟県の北端と西端を直線で結ぶと約243km
東京都庁と愛知県庁を直線で結ぶと約259km

新潟に住む友人が、県外に高速バスで移動した時
往路は「新潟(県)を出るまでが長い」
復路は「新潟(県)に入ってからが長い」
・・・と嘆いていました

新潟県は大きいです

READ MORE▼

2017.10.09 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923101957a2.jpg

170923101957
「越後湯沢」駅で待つ事40分余り・・・下り電車が到着します

以前、訪れた際は昔ながらのオレンジと緑の115系でしたが
新車が投入されていたのですね

「E129系」・・・2014年暮れに登場
地獄谷を巡った「雪見の旅」の翌シーズンから走り出したようです
2016年春には上越線「水上-長岡」間の全列車の置き換え完了

以前、その115系では二段窓の隙間から雪が入り込んだりしたのですが
もうそんな心配は不要のようです

READ MORE▼

2017.10.07 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923093915a2.jpg

170923093915
JR上越線[越後湯沢」駅西口、駅前広場に出てきました

ドンヨリ曇り空の東京を出発・・・上越国境に近づくにつれ
少しずつ青空が広がってきました

新幹線の到着は9時35分・・・この後、10時31分発の在来線に乗車します
待ち時間は56分

駅周辺を探索するつもりで出てきたのですが、
駅前にめぼしい施設は見当たらず、再び駅構内へ・・・

READ MORE▼

2017.10.06