サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111143408a2.jpg181111143408
「スーパーあずさ18」号に乗り損ねて、臨時「あずさ76」号で新宿に向かいます

「塩嶺トンネル」を抜けて、左カーブ・・・中央(辰野)支線と合流すると
頭上には巨大なジャンクション

左は、松本方面への「長野道」、右は、伊那・中津川方面への「中央道」
そのアーチ下に、ひょっこり「八ヶ岳」が見えています

READ MORE▼

2018.12.25 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111140842a2.jpg
181111140842
JR中央本線「塩尻」駅
1、2番線ホームへのエレベーター横の隙間
立食そば屋さんです

多分、関取は入れないだろうと思われる間口
中も2人分ほどのスペース・・・日本一狭いかもと話題にもなっていますね

気づいてもらうために、手前に大きな立て看板が立てられた?のかも

とりあえず、目に付いたので撮ったけど・・・気持ちはうわの空

READ MORE▼

2018.12.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111132512a2.jpg
181111132512
この日、ここまで特に何もしていないのですが・・・この後は新宿に帰るだけなので
ランチでビールを頂きます

付け合わせは、大好きな野沢菜


READ MORE▼

2018.12.23 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

kisoplana2.jpg
散策や旅行時、行程表を2部作成しています・・・
そして、1部は携帯、もう1部を自宅の冷蔵庫に貼っておく
カミさんから、遭難しても、どこに行っているのか判らないと困る・・・と言われたから

で、今回も作成して、旅行中もこの紙を確認しながら巡っていたのですが
原因は判りませんが、この後の行程で致命的なミスを・・・

記事の「その1」でアップした最初の写真と照らし合わせて頂くと判ります

READ MORE▼

2018.12.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111125956a2.jpg181111125956
中央(辰野)支線・・・「東塩尻信号所」跡を過ぎて
「寺山トンネル」を抜けると、眼下に松本盆地が広がります

篠ノ井線の「冠着トンネル」を出て、眼下に広がる善光寺平を見下ろす
「姨捨」のシーンにも似たアングルです

しかし「姨捨」はトンネル出口が620m付近、長野駅は350mほどで高低差は270m、
こちらはトンネルが標高800m付近、松本駅は600m付近なので高低差は200mほど。

少々スケールダウン・・・ですが、いつも松本を訪れる際は、ここからの景色が楽しみでした

READ MORE▼

2018.12.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら
181111124208a2.jpg 181111124208
長野県上伊那郡、JR「辰野」駅・・・中央本線と飯田線の接続駅です

隣の乗り場には、「天竜峡」行き普通電車が停車中
ドアは閉まっていますが、ドアランプは点灯・・・半自動ドアで閉め切り中

飯田線の電車、殆どがJR東日本の「岡谷」(一部は「上諏訪」)まで乗り入れています
岡谷~辰野はJR東日本路線ですが、走っている8割がJR東海の電車

一応、こちらの「塩尻」行きに接続しているダイヤ?
この時間帯、「岡谷」から「塩尻」へ普通電車で行く場合、
遠回りですが、この辰野経由が早く到着するようにはなっています
(塩嶺トンネル越えの普通電車も概ね1時間に1~2本の運転)

READ MORE▼

2018.12.20 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111122739a2.jpg 181111122739
JR「塩尻」駅からふたつめ、「信濃川島」駅
ホームの下を「横川川」が流れています

住所は「上伊那郡辰野町」ですが、駅名に「信濃」と・・・

飯田線の駅では頭に「伊那」と付くのが多いし、「信濃」は長野県中北部のイメージが・・・。

調べてみると、「信濃国」は、ほぼ現在の長野県全域で、桜で有名な伊那市の「高遠」も
元は「信濃高遠藩」。「伊那」は明治政府により設置された「県名」だったとか・・・。

ただ、「伊那県」は当初、長野県全域を占めていたが、多くの統合、移管が行われ
現在、「伊那地方」というと天竜川沿いの地域を指すようになった・・・そうです

手っ取り早く言えば・・・ここが「信濃川島」駅であっても何の間違いも無いって事でした

READ MORE▼

2018.12.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111121541a2.jpg
181111121541
長野県「塩尻」駅から「辰野」駅へ向かっています

かつて、特急「あずさ」や急行「アルプス」が通った線路

途中にある「善知鳥峠(うとうとうげ)」(標高889m)の下を「善知鳥トンネル」で越えるコース
・・・トンネル口の標高は約870m。「塩尻」駅の標高が716mなので高低差が約150m。

READ MORE▼

2018.12.18 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111115109a2.jpg 181111115109
中央本線「塩尻」駅、3番線ホーム

停車しているのは、中央(辰野)支線経由、「辰野」行き、E127系電車

これから、「辰野」駅まで往復・・・ただ乗るだけです
しばらく鉄分の高い記事が続きますがご容赦を・・・

READ MORE▼

2018.12.17 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181111105829a2.jpg
181111105829
3分遅れで、やってきたのはJR東日本の車両
内心「ちっ!」

経験上、窓が汚れている事が多くて・・・車窓撮りには向かない車両

ここ「上松」駅から、中央東線と接続する「塩尻」駅まで約1時間
車窓を楽しむつもりだったのに・・・

READ MORE▼

2018.12.16