サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414151138a2.jpg
180414151138
飯田線「伊那小沢」駅に到着・・・8分間の停車です
2018年秘境駅ランキング81位

秘境駅ランクに入りながら、駅ホームが長いです
1970年代に走っていた急行「伊那」の7両編成に対応したものだとか・・・。

構内踏切を渡って下り線ホーム側に移動、
駅舎は無いので、そのまま道路に出ます

READ MORE▼

2018.05.05 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414145002a2.jpg
180414145002
次の停車駅は「平岡」駅
構内には、ホームが1面2線の他に側線が2本あり、秘境駅という
雰囲気ではありません

ここでは、天龍村の方たちが「秘境駅」号到着に合わせて
駅横のスペースに模擬店を出し、地元名産品を販売

下り電車との交換の待ち時間を含め、17分の停車です

READ MORE▼

2018.05.03 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414142746a2.jpg
180414142746
「飯田線秘境駅」号で4番目の秘境駅に到着

ホームを降りた目の前に「天竜川」が流れています
背後は崖なので、駅施設以外、周囲には何もありません

豊橋寄りの先に天竜川を渡る吊橋(天竜橋)が、駅以外の唯一の人工物でしょうか
ここでは12分の停車だそうです

JR職員さんから「時間厳守で吊橋を渡るように」との注意

戻ってこれないと、「1時間後の次の列車をお待ち頂く事に・・・」だそうです

READ MORE▼

2018.05.01 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414140608a2.jpg
180414140608
急行「飯田線秘境駅」号

「天竜峡」駅を出発して、3つめの「秘境駅」に到着しました

READ MORE▼

2018.04.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら

180414131957a2.jpg
180414131957
JR飯田線「天竜峡」駅

標高は382m、山深い雰囲気ですが、標高は然程高くありません
中央線・辰野付近から始まる伊那谷の最南端に位置しています

ここから、急行「飯田線秘境駅」号に乗車
終点「豊橋」まで4時間31分かけて、秘境駅を楽しみます

READ MORE▼

2018.04.27 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414123247a2.jpg
180414123247
特急「ワイドビュー伊那路1」号で「天竜峡」駅に到着

添乗員さんが急がせます・・・7分遅れが影響???

ホームに案内人の方がおふたり
ツアー客を二つに分けて、引率・案内してくださるようです

ここで初めて、今回のツアー客数が判明・・・約40名程のようです

ここからは復路の「飯田線秘境駅号」乗車時間まで、駅周囲を巡ります
所要時間は45分・・・の予定

READ MORE▼

2018.04.25 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414114028a2.jpg

180414114028
浜松市天竜区にある「水窪」駅

山深い地ですが、れっきとした政令指定都市の行政区にある駅

天竜区に最高地点は、「中ノ尾根山」の2296m・・・区巡りをするのも難儀です

さらにその上をいくのが、静岡市葵区
最高地点は、「間ノ岳」の3190m(前月の千畳敷からも見えた山です)
区役所から出向くにも、山装備をして泊まりがけが必須な地

ところで、この「水窪町」はここの所、年々、領土が狭くなっているそうです

長野県との県境「兵越峠(ひょうごしとうげ)」で毎年、行われる綱引き大会

長野県南信濃村の「信州軍」と水窪町の「遠州軍」との対戦で
勝つと国境(県境)の標識を相手側に1m移動できる仕組み

対戦成績は12勝12敗だったのですが、ここ3年間は連敗
町が3m分、狭くなってしまったとか・・・。

次の対戦は、10月第4日曜日だそうです

READ MORE▼

2018.04.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「雪見の旅・駒ヶ根」のトップ記事はこちら


180318150540a2.jpg

180318150540
新型の「スーパーあずさ22」号

今回の旅の目的のひとつは、この新型特急に乗る事でした

READ MORE▼

2018.04.20 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「雪見の旅・駒ヶ根」のトップ記事はこちら


180318122314a2.jpg
180318122314
JR飯田線「駒ヶ根」駅1番線ホーム

お昼ご飯を求めて駅周辺を巡ったのですが、めぼしいお店も無く
すごすごと戻ってきました

駅にも自販機はありますが、売店はなく・・・固形物は手に入りません

プランでは13時50分発の電車に乗車する予定でしたが、
1本早い電車に乗り、「岡谷」駅でお昼ご飯にする事にします

READ MORE▼

2018.04.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「雪見の旅・駒ヶ根」のトップ記事はこちら


180318114311a2.jpg
180318114311
バスがやってきました

標高1662mの「しらび平」から、標高674mの「JR駒ヶ根」駅間、
標高差988mを走る山岳バス路線です

「しらび平」~「駒ヶ根」間の所要時間は48分
例えが変かもしれませんが、
平均すると1分走る間に20m上下するという険しい路線

READ MORE▼

2018.04.18