サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「運休駅を巡ります」のトップ記事はこちら

20200315134803a2.jpg
20200315134803
箱根登山鉄道の「風祭」駅を出て「箱根板橋」駅へ向かっています

沿っている道は「国道1号」です
この付近では、1号線のバイパスもあり、箱根山中のような渋滞は解消

空も、山中とは異なり、青空が広がっています

箱根登山鉄道「強羅~箱根湯本」間は、最高速度40km/hですが
「箱根湯本」以東は、60km/h

でも、カーブ、勾配、分岐器があり、特急ロマンスカーであっても、
そろりそろりの歩みです・・・。

READ MORE▼

2020.04.25 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「運休駅を巡ります」のトップ記事はこちら

20200315132751a2.jpg
20200315132751
箱根登山鉄道「箱根湯本」駅(標高96m)

「新宿」からの小田急ロマンスカーが到着・・・2018年にデビューした70000形です

愛称は "Graceful Super Express"・・・略して「GSE」

READ MORE▼

2020.04.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「運休駅を巡ります」のトップ記事はこちら

20200315130308a2.jpg20200315130308
箱根登山鉄道「塔ノ沢」駅から国道に出て、少し下った所にあるのが
東電の「塔ノ沢早川取水堰」

気にせず、通り過ぎてしまいそうなサイズですが、1936年竣工で
「荻窪用水と関連施設」として、土木遺産に認定されているそうです

「荻窪用水」とは、小田原市荻窪まで続く用水路

童謡「めだかの学校」の歌詞に謡われた内容は
この荻窪用水がモデルとされているとか

この堰だと、めだかは無理そうですが、奥に魚道らしき勾配が
あり、魚の移動は可能なようです

「荻窪用水」は元々、「湯本用水路」として灌漑用に利用されていたそうですが、
小田急が保全する代わりに電力用に使いたいという事で、この「早川取水堰」と、
下流の「入生田」駅近くの国道1号脇の「山崎発電所」を建設したとか。

READ MORE▼

2020.04.23 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「運休駅を巡ります」のトップ記事はこちら

20200315124845a2.jpg
20200315124845
箱根登山鉄道「塔ノ沢」駅(標高153m)

車も入ってこれない場所で、ちょっとした「秘境駅」の感覚を味わえるのか
電車が運休中にも関わらず、訪れる人が十人ちょっと・・・(私もそうですが)

この先のハイキング道へ向かう様子でも無さそうなので
この駅が目的のようです

READ MORE▼

2020.04.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「運休駅を巡ります」のトップ記事はこちら

20200315123617a2.jpg
20200315123617
箱根登山鉄道「塔ノ沢」駅(標高153m)

お隣「箱根湯本」駅には土産物店、飲食店が入り、
駅の周囲にも各店舗があり、大変賑わう地ですが・・・

ひと駅、3分ほど走ると、車の姿も見えない秘境駅の趣きに変わります

READ MORE▼

2020.04.21