サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180930113920a2.jpg
180930113920
彼岸花を見に、西武池袋線で訪れた「横瀬」駅

そのホームで見えた、赤い電気機関車

製造から約50年経過、「さよなら運転」からも20年以上経過してて
まさか、その姿を見る事が出来るとは・・・。

当時、私鉄では最大級の電気機関車で塗色や丸窓など
デザイン的にも注目を浴びました

実際に見たのは、ホンの数回でしたが、ワクワクする車両のひとつだった訳ですが
久々に姿を見て・・・買っちゃいました

READ MORE▼

2018.10.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923135529a2.jpg
180923135529
1面2線の秩父鉄道「熊谷」駅に到着しました
電車はここが終点ではなく、さらに東進、東武伊勢崎線「羽生」駅へ向かいます

秩父鉄道「熊谷」駅は、レトロっぽい雰囲気
屋根を支える柱には、古いレールが使われています

SL列車が発着しても、違和感がありません

READ MORE▼

2018.10.18 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923125332a2.jpg
180923125332
秩父鉄道「長瀞」駅
明治44年(1911年)9月14日開業、
当時は近くにある山にちなみ、「宝登山(ほどさん)」駅と命名

「宝登山」(497.1m)で山麓と山頂はロープウェイで結ばれています
山麓駅は、長瀞駅から徒歩15分(シャトルバスも有り)
梅が有名で、冬から春が賑わう・・・そうです

大正12年(1923年)7月7日に現駅名に改称・・・だそうです

READ MORE▼

2018.10.16 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923124034a2.jpg
180923124034
埼玉県秩父郡長瀞町の「荒川」

「ライン下り」の舟が下って行きます

左奥にラフティングのボートが見えますが、
あの辺りの左岸側が舟の乗降場です

READ MORE▼

2018.10.15 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923121749a2.jpg
180923121749
埼玉県秩父郡長瀞町
思えば、小学校の遠足以来、〇十年ぶりの訪問です

「荒川」の川下りでの一押しスポット・・・「小滝の瀬」
川幅が急に狭まり、流れも速く、渦を巻いているようにも見えます

この「小滝の瀬」が見える河原は「遊歩道」から逸れた場所にあるので
隠れたビュースポットにもなっているとか。

実際、「遊歩道」からは踏み分けただけの感じで分岐・・・
何の標識・案内板もありませんでした
道の周囲をキョロキョロしながら歩いていたのが良かったみたい

READ MORE▼

2018.10.14 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923120028a2.jpg
180923120028
  完璧な曇り空・・・お昼の12時なのに薄暗くなっています

埼玉県秩父郡長瀞町を流れる「荒川」の河原に降り立ちました

上流側に見えるのは、「秩父鉄道」線の「荒川橋梁」
先程、C58形牽引のSL列車が「三峰口」方面に渡っていきました

その橋梁の先に見えるのが、国道140号線の「親鼻橋」
この橋を渡り、右岸側から左岸に移ってきました

この後、この左岸沿いに、「長瀞」駅へ向かいます

READ MORE▼

2018.10.12 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923114149a2.jpg
180923114149
SL列車が走っている事は知っていましたが
まさか、ここで出会えるとは・・・。

「SLパレオエクスプレス」
3月から12月の週末に「熊谷」と「三峰口」を1往復する
C58形蒸気機関車が牽引する列車です

「親鼻」駅から徒歩で「下田野」の「彼岸花自生地」を訪れ、
見学後、再び、徒歩で「長瀞」駅へ向かう行程なので、
この「親鼻橋」を渡る時間なんて、決められる訳もなく・・・

そんな中で、SL列車とドンピシャに出会えたなんて・・・奇跡的

READ MORE▼

2018.10.11 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923111502a2.jpg
180923111502
僅かな青空を取り入れようとしたら、周辺が暗くなってしまいました

「皆野寄居有料道路」の橋の周囲に彼岸花の自生地が広がります

これで、棚田と自生地の2カ所で彼岸花を見てきましたが
時間は、まだ午前11時すぎ

まだまだ1日は長いです

これから、「中長瀞」駅を経由、「長瀞」駅へ向かいます

観光協会サイトで、秩父鉄道の線路端にも彼岸花が咲いていて、
電車との組み合わせも◎との事で、それを狙ってみるつもり

通常の道を歩いた場合、約4.4kmの道のりです

READ MORE▼

2018.10.10 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら
180923105042a2.jpg
180923105042
「親鼻」駅から約2.6km・・・到着しました

埼玉県 秩父郡 皆野町 下田野地区 田野沢の彼岸花自生地

READ MORE▼

2018.10.08 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「彼岸花巡り」のトップ記事は
こちら

180923103517a2.jpg
180923103517
県道82号線をクロスして、まもなく「赤城大神社」

ひっそりとしていますが、鳥居から垂れた「紙垂(しで)」が新しいので
管理はされているようです

町のHPを見ると、毎年3月に「下田野行灯まつり」が開かれ
この「大神社」の参道に400あまりの行灯が灯されるとか・・・
地元に親しまれる神社のようです

READ MORE▼

2018.10.05