サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

木曽ではなく群馬へのトップ記事はこちら


180804161235a2.jpg
180804161235
「沼田IC」から関越道に・・・。

すぐに「片品川」を渡ります
この川の上流には、先に寄った「吹割の滝」があり、
更に上流に進むと、尾瀬沼の南側を経て、福島・栃木の県境近くまで至ります

この辺りは、日本一美しい河岸段丘と呼ばれる一帯で
この橋も、片品川の河岸段丘を繋いでいます
長さは1034m、橋の高さは89m

READ MORE▼

2018.08.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「夏の朝は」のトップ記事はこちら


180715091454a2.jpg
180715091454
朝9時を過ぎて、蓮も堪能したし、暑いし、帰路につきます
次のシャトルバスは、9時20分発

通常ならこれからですが、早朝に咲く「蓮の花」目的ならば、
そろそろ手じまいの時間帯になります

お昼すぎのバスは帰り客のための運行になるのでしょうね

READ MORE▼

2018.08.04 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「夏の朝は」のトップ記事はこちら


180715083300a2.jpg
180715083300
「オニバス」の池から「古代蓮池」に移動します

「古代蓮池」は東西2つの池からなり、それぞれ3200㎡、1800㎡の広さで
「行田蓮(古代蓮)」のみ育成されているそうです

READ MORE▼

2018.08.03 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「夏の朝は」のトップ記事はこちら


180715082155a2.jpg
180715082155
「水性植物園」の外れにある池

周囲には誰も居なくて、通りかかってもそのまま過ぎ去っていきます

多分、見えた範囲で、何も無い、ただの池と思い込んじゃってるのでしょうね

READ MORE▼

2018.08.02 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「夏の朝は」のトップ記事はこちら


180715080750a2.jpg
180715080750
埼玉県行田市にある「古代蓮の里」

1400年~3000年の眠りから覚めた「古代蓮」(行田蓮)
この地に移植して、現在10万株が育てられているそうです

READ MORE▼

2018.08.01 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「夏の朝は」のトップ記事はこちら


180715074841a2.jpg

180715074841
埼玉県行田市の「古代蓮の里」
そそり立つのは、その「古代蓮会館」の展望台
昨年は上がりましたが、滞在時間よりエレベーターを待つ時間の方が長かった

眺望的には、夏場は霞んでしまうので、空気が澄んだ冬場か
周囲の水田が色づく時期が良さそうです(田んぼアートを実施中)

READ MORE▼

2018.07.31 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「夏の朝は」のトップ記事はこちら


180715071035a2.jpg
180715071035
JR高崎線「行田」駅前
「古代蓮の里」行きシャトルバス乗り場です

6月23日から7月29日までの間、蓮の開花にあわせての運行
特に6月30日、7月1、7、8、14~16日の3週末は来園者のピーク予想なのか
運行数を多数設定・・・25往復の運行です

乗車予定の7時12分発は、3便めになります(始発は6時30分発)

READ MORE▼

2018.07.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
180715055439a2.jpg
180715055439
この時期、過去にも3回ほど訪れているのが、埼玉県行田市の「古代蓮の里」

6月下旬から8月上旬にかけて、蓮の花が数多く咲く、関東では著名な公園

6月に入って、今年はどうしようかなと思っていた所、
お気に入りにさせて頂いてるブロガーさん方が数多く、訪問され、素敵な写真をアップ

今更ながらヘボい写真で二番煎じ、三番煎じ、四番煎じでアップするのも、と一旦は躊躇
・・・今年は行かなくてもいいかなと考えていた所

公園の公式ツイッターで、「
水鳥の池は、ここ何年かで一番の咲き具合」と・・・。

例年、訪れているのは園内の「古代蓮池」や「水生植物園」と「オニバスの池」で
「水鳥の池」には一度も足を伸ばした事が有りませんでした

ならば、咲き誇っている姿だけでも見てこようかと、今月の連休に訪れてみました

READ MORE▼

2018.07.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ポピーを見に」のトップ記事はこちら


180526113503a2.jpg
180526113503
西武池袋線「飯能」駅ホーム
左に停車しているのは、東急の車両、右は西武の車両

一昔前なら考えられない光景です
今でも伊豆においてライバル関係・・・「伊豆戦争」と呼ばれた事もある両社が
相互乗り入れを行うようになったなんて。

まあ、東武と国鉄も、「日光」で競っていましたが
今や、それぞれの特急電車が相互乗り入れしている時代

争うよりも利用客の利便性を優先し、共同で対応しないとならない時代なのでしょうね

READ MORE▼

2018.06.17 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ポピーを見に」のトップ記事はこちら


180526103434a2.jpg
180526103434
遠くに奥武蔵・秩父の名山「武甲山」(1304m)の姿

北側斜面が石灰岩質で、昔から採掘されて
特に北側斜面(こちら側)の姿は大きく変貌してしまったそうです

山頂の高さも、明治時代より32mも低くなってしまったとか・・・。

READ MORE▼

2018.06.16