サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302204505a2.jpg
190302204505
夜8時45分、「新東名高速道」の「島田金谷IC」に到着
「千頭」駅から約1時間・・・かなりハードな道でした

ここから東京・渋谷駅までは196.5km

「ナビタイム」検索だと、2時間22分の所要時間
休憩無しなら、23時7分には渋谷に着きます

途中、トイレ休憩をしたら、予定の23時20分には
ギリギリってところでしょうか

READ MORE▼

2019.04.14 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302183245a2.jpg
190302183245
一応、「星空れっしゃ」の旅なので、数枚撮ってみましたが
三脚無しの上、コンデジなので・・・

さらに空の半分を雲が占めてしまいました

お天気に影響を受けるツアープランは難しいですね

READ MORE▼

2019.04.13 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302174158a2.jpg
190302174158
展望台から下ってきて「レインボーブリッジ」を渡り、駅へ戻ります

風も無く、静かな「接岨湖(せっそこ)」の湖面です

このツアー、運悪く悪天だったら、どう時間を潰したのでしょうね

個人旅行でも、天候によって代替えプランを考えたりしますが
こんな山中で、足が無い(本数が少ない)場所だと
麓に留まるしかありませんね

READ MORE▼

2019.04.12 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302172715a2.jpg
190302172715
大井川鐵道・井川線「奥大井湖上」駅を望む展望台

来たい、来たいと随分前から願っていて、やっと訪れる事が出来ました

個人で訪れるプランの検討時には・・・

鉄道とバス(静岡市から山越えする路線がありました)の併用を考えたり

季節によっては、クマさんと遭遇する可能性があるかないか、
ストリートビューで車道の様子を確認したり
(ひとりで歩くと野生動物に遭遇する確率は0では無さそうでした

日帰りには時間的に難しいので、宿泊場所をどこにするか
(宿泊予約を入れたのに当日、雨だったらどうする?)
等々、ハードルが多く・・・

さらにその間、この先の路線が土砂崩れで長期運休になり
計画の練り直しをしたり・・・で
なかなか実現しなかった場所です

READ MORE▼

2019.04.11 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302171155a2.jpg
190302171155
夕方5時すぎ・・・目的地の「奥大井湖上」駅に到着しました

地理的には、赤石山脈と身延山地の狭間で「秘境駅」に該当しそうですが
年々、人気が高まっていて1日平均の乗降客が51人(2016年)と・・・
1日5往復しか走らない路線にしては、利用客が多いですね

特筆ものは、この駅のある左岸側には民家がなく、99%が観光客っぽい

駅背後に道がありますが、標高1366mの「天狗石山」への登山路です

頂上を経由して、「奥泉」駅(アプトいちしろ駅のひとつ手前)のコースと
「接岨峡温泉」駅から稜線に上がって、「天狗石山」から「湖上」駅に下りてくるコースが
あるそうで、それぞれ6時間超、8時間弱の行程

おそらく山慣れた人が歩くコースかと

READ MORE▼

2019.04.10 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302165210a2.jpg
190302165210
約10分弱のトイレ休憩(停車)をして、間もなく発車します

行程表では、降車駅の「奥大井湖上」駅には17時30分到着となっていますが
ここからあと2駅・・・30分以上もかかるのでしょうか???

「奥大井湖上」駅と言えば、有名なのが「展望台」からの眺めです

前々から来たいと私が思っていたのも、その景色目当てでした

今回のツアーも行程表から、「湖上」駅でフリータイムが取れるなら
展望台への往復もギリギリ可能かも、と考えていたのですが、バス車中で
添乗員さんから、「日の入り時刻で薄暗いので展望台往復は難しい」と・・・。

ならば仕方ないか・・・と思っていたのですが
大井川鐵道のスタッフさんが引率する事で「希望者を案内します」と変更。

勿論、希望します

READ MORE▼

2019.04.09 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302164527a2.jpg
190302164527
「長島ダム」駅で、電気機関車を解結
その間に、上り(千頭行き)列車が到着しました

この列車が「千頭」行きの最終です

ディーゼル機関車、客車の屋根と
電気機関車用の架線の間隔が半端なく広いです

READ MORE▼

2019.04.08 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302163151a2.jpg
190302163151
大井川鐵道・井川線「アプトいちしろ」駅
電気機関車の連結作業の間、各々くつろぐツアー参加者さんたち

客車右側の大きな建物は、機関車用の検修庫、駅舎は左側の小屋です

READ MORE▼

2019.04.07 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302162758a2.jpg
190302162758
「アプトいちしろ」駅に到着

ここで最後尾に電気機関車を増結します
赤と白の塗り分けられた「ED90」形電気機関車の1号機

台車の中に歯車(ピニオンギア)を装備、線路間に設置されたラックレールに
かみ合わせて走行する仕組み(アプトは開発者の名前だそうです)

重量56トン、最高速度は40km/h

READ MORE▼

2019.04.06 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「奥大井バスツアー」のトップ記事はこちら

190302153315a2.jpg
190302153315
大井川鐵道、井川線、別名?「南アルプスあぷとライン」

ディーゼル機関車と5両の客車が「千頭」駅ホームに停車中
指定席なので、発車時刻近くまで見てまわります

トンネル高に合わせたのでしょうか・・・車高はかなり低いです
線路面から2m69cm
先程、乗車した旧型客車が4m20cmですので、1m50cmも低い事になります

READ MORE▼

2019.04.05