サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「都内巡り:岩淵から西新井大師」のトップ記事は
こちら

20240203125853a2.jpg
20240203125853
「新岩淵水門」の堤上から見た「隅田川」の下流側です

「東京スカイツリー」へ真っすぐ線を伸ばすと、「隅田川」と
4回、交差します・・・それだけ、「隅田川」は蛇行しています

判りづらいですが、高圧鉄塔の左右をバスが走行中
あの場所は、「荒川」にかかる「鹿浜橋(しかはまばし)」です

背後の高層建物は「豊島5丁目団地」

READ MORE▼

2024.02.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「都内巡り:岩淵から西新井大師」のトップ記事は
こちら

20240203125028a2.jpg
20240203125028
「荒川」土手に戻り、「新岩淵水門」へ向かいます

ポツンとテーブルとイスがセットされています
一応、公園って事でしょうか

READ MORE▼

2024.02.20 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「都内巡り:岩淵から西新井大師」のトップ記事は
こちら

20240203124237a2.jpg
20240203124237
「新荒川大橋」越しに見える秩父・多摩の山並み

Web上で検索して、右端の山は「両神山」、その左隣の三角形の山は「武甲山」と判明

鞍部があって、続くのは「酉谷山」(1718m)から東京の最高峰「雲取山」(2017m)?

でも「新荒川大橋」上から「雲取山」が見えると言う情報は
見つからなかったので、多分、違うみたいです

READ MORE▼

2024.02.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「都内巡り:岩淵から西新井大師」のトップ記事は
こちら

20240203123743a2.jpg
20240203123743
下流側に見えるのが「新岩淵水門」です
1982年(昭和57年)、完成

3枚のゲートで洪水時に閉鎖して、
荒川の水が流れ込まないようにするそうです

READ MORE▼

2024.02.18 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「都内巡り:岩淵から西新井大師」のトップ記事は
こちら

20240203123325a2.jpg
20240203123325
1924年(大正13年)に完成した「岩淵水門」です

それより前1910年に発生した大洪水で下流側の下町が冠水
150万人が罹災したそうです

そのため、この「岩淵水門」で下流に流れる水量を調節、
さらに、新たに全長22kmの「放水路」を造り、東京湾に流しました

建設当初の「水門」とは形が異なっているそうです
地盤沈下で「水門」自体も沈下、ゲートを継ぎ足す等の
改造が行われたのが現在の姿、だそうです

READ MORE▼

2024.02.17