サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190825094022a2.jpg

190825094022
山形県鶴岡市にある「鶴岡市立加茂水族館」

クラゲで全国的に有名な水族館
人気もうなぎ登りで、今夏のニュースで入館まで2時間越えとも・・・

実際、その映像を見たら、建物からかなり離れた炎天下を
並んでいるシーンでした(かなり、キツそう)
(静岡・沼津港深海水族館で、
入場制限を経験しましたが、2時間待ちは未体験)

今回、訪れるにあたって、入館待ちの可能性も考慮して
1泊旅で企画し、その両日とも見学時間を設けました

幸いな事に、入場制限はありませんでしたが
それなりに混雑

また撮影禁止にならなかったのも、ホッ

READ MORE▼

2019.09.16 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190825093001a2.jpg
190825093001
丸い傘を縁を光らせながら、漂う「オワンクラゲ」

ノーベル化学賞を受賞された、下村博士のアドバイスで
ここ加茂で、人工養殖した「オワンクラゲ」も発光するようになった、とか

その下村博士、一日名誉館長を努めた事もあるそうです

「オワンクラゲ」の傘、照明のライトシェードにも似てるし
もしかしたら、クラゲがモデルだったのでしょうか?

READ MORE▼

2019.09.14 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190825092320a2.jpg
190825092320
「鶴岡市立加茂水族館」・・・クラゲが売りの水族館です

8月最後、夏休み最後の日曜日と言う事もあるのでしょう、
1番バスで到着したばかりなのに、館内は既に混雑

入ってすぐの「魚」の水槽はスルーして「クラゲ」の水槽へ・・・。

内部の様子は前日巡って、大まかに掴んでいます

通路の端に、先に急ぐ人のための順路が色分けされていて
そちらに沿って先を急ぎます

READ MORE▼

2019.09.13 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190825064705a2.jpg
190825064705
雲が広がっていますが、青空も見え始めてきた朝

実は夜半からスマホの気象情報で
「鶴岡市」に警報が出てると頻繁のアナウンス

大雨と土砂災害の危険が高まっていて、避難場所を確認して・・・と
言われても、初めて訪れた街で町名も判らないし、避難場所も???
どうにもなりません

ただ、最も不安だったのが、土砂災害の警報の地域が
「鶴岡市」とお隣「村上市」の海岸沿いに出ている事

この日、水族館見学の後、日本海沿いに走る羽越線で新潟へ向かうのですが
その「羽越線」が警報の出ている地域を通過しているのです

万が一、不通になった場合の事を考えておかないとならないのですが
海側がダメなら、往路の「新庄」ルートに・・・。

その際、購入していたチケットの有効性がどうなるのか

なんて事を考えながら、眠りに落ちました

READ MORE▼

2019.09.12 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190824161114a2.jpg
190824161114
「鶴岡」の市街地へ向かうバスが到着
今回は、真っ赤な車体です

始発は「湯野浜温泉」なので、乗客の姿がチラホラ見えます

この後、1時間15分後のバスが最終便になるので、
このバスの利用者はかなり多め・・・行列は30人以上でしょうか

READ MORE▼

2019.09.11 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190824150309a2.jpg
190824150309
初めての「加茂水族館」
施設全体の様子が全く判らず、とりあえず人の流れにのっての見学でした

「クラゲゾーン」が終わると、屋外展示やイベント会場がありましたが
とりあえずスルー

お昼ご飯がまだだったので、入口近くにあったレストランへ・・・

READ MORE▼

2019.09.10 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190824151439a2.jpg
190824151439
「加茂水族館」のクラゲコーナーが続きます

この日、13時45分過ぎに「水族館」に到着

17時24分発のバスで「鶴岡」駅に戻る予定でしたが
18時からミニライブの「あなたとクラゲと音楽と~」の開催があり
会場準備で立ち入り制限もあると・・・。
(ライブ観覧は自由・無料ですが、ライブ開始時間には
既に路線バスの最終便が出た後、ホテルに帰る事が出来ません)

特に大混雑もなく、スムーズに見学も出来ているし、
1本早い16時9分発のバスで市内へ戻る事にしました

READ MORE▼

2019.09.09 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190824144507a2.jpg
190824144507
山形県鶴岡市にある市立「加茂水族館」

「クラゲドリーム館」の愛称通り、クラゲの展示数は世界一だそうで
館内の水槽の殆どが「クラゲ」ですね

「プロカミアジェリー」(仮称)

「解説板」に仮称と掲示・・・なぜでしょうね?
「アカクラゲ」に似ているそうですが、触手がモシャモシャしています
「毒の強さ」は、強

READ MORE▼

2019.09.07 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190824142201a2.jpg
190824142201
山形県鶴岡市にある「加茂水族館」

世界一のクラゲの展示数で有名な市立水族館です

淡水魚、庄内の海の魚のコーナーを見学した後
いよいよ「クラゲ」のゾーンに入ります

そのエントランスの照明・・・クラゲのシャンデリアですね

READ MORE▼

2019.09.06 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「クラゲ水族館へ」のトップ記事はこちら

190824134549a2.jpg
190824134549
「加茂水族館」に到着しました

乗ってきたバスは、ここが終点ではなく
再び、加茂港方角に戻り「湯野浜温泉」へ向かいます・・・
温泉に行く途中、「水族館」に寄り道するルートになっている訳ですね

見た感じ、混んではいない様子・・・

少し前、ニュース番組で見た際、2時間待ちって事で
炎天下の下、随分離れた所から行列が続いている様子を流していて

見学も大変かもと、今回、2日に分けて訪れる事にしたのですが・・・
何とかなりそうな感じ

でも、少し先の駐車場には大型バスが3台駐車中
その横には多数の乗用車も・・・

バス2台分+αの入館者が居るようです

READ MORE▼

2019.09.05