サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

181108184000a2.jpg
181108184000
多分、2018年最後の「1泊旅行」

昨今、泊り旅ではツアー続きでしたが、久しぶりの自前プランです
ルートは、東京(都内)-名古屋-塩尻-(辰野)-塩尻-東京(都内)

行程は、まず岐阜・中津川を基点にして木曾の渓谷を巡ります
その後、景勝地「寝覚めの床」に近い宿に宿泊

翌日は、「寝覚めの床」を散策した後、塩尻で「中央支線」巡りを
した後、いつもの「スーパーあずさ」で帰京

その行程に沿って、切符を購入

ネックは、中央東線は都内から松本までが近郊区間で途中下車がダメなので、
中央線から一駅、飯田線の駅までの切符にしました(運賃は一緒)

もっと、お得な方法もあったのかもしれません
(今回のような、迂回ルートならば途中下車も可能だったかも・・・???)

とりあえず、考えられる範囲でのプラン設計でした

READ MORE▼

2018.11.23 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414181230a2.jpg
180414181230
東海道新幹線「豊橋」駅ホーム
「のぞみ」がピューンと通過していきます
通過速度は250km/h、駅の前後にカーブがあって制限されているとか

「飯田線 秘境駅」号の到着は17時52分
指定された乗り継ぎの新幹線は18時35分、約40分ほどの待ち合わせ

その間に、お土産を買って、車内でのアルコールを買って・・・
自由席なので少し早めに並んでおかないと

余裕がありそうで無さそうな微妙な40分

READ MORE▼

2018.05.26 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414170652a2.jpg
180414170652
山城っぽい景色が続く・・・これはお堀の跡でしょうか
「長篠城」駅近くの車窓です(歴史や見所はこちら

この城が知られた(私が知った)のは、武田氏と徳川氏による「長篠の戦い」

一昨年のNHK大河「真田丸」では「長篠の戦い」後の
武田勝頼公の悲哀が話題になりましたね

個人的にもその印象が強く残っている地名です

READ MORE▼

2018.05.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414162510a2.jpg
180414162510
JR飯田線「浦川」駅に停車中の急行「飯田線 秘境駅」号
線路脇の花壇には色々な花が咲いていて華やかです

ここでは「トイレ休憩」で13分の停車
車内にトイレがあるのに???です

READ MORE▼

2018.05.15 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414091035a2.jpg
180414091035
9時8分、JR「豊橋」駅に到着
下り坂の天気予報でしたが、運転室陽射しが当たっています

ここで、10時8分発、特急「ワイドビュー伊那路1」号に乗り換えます

1時間ほどの滞在・・・どう、時間調整をするか
駅舎周辺を巡ってみます

READ MORE▼

2018.04.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

iida01a2.jpg

先月、飯田線に乗ったばかりで、再び飯田線の旅ですが、今回はツアー

そもそも、秘境駅訪問なのに団体で行くのはどうなの?とも思ったのですが
運行本数の少ない(1日9往復、昼間帯は4往復)路線で日帰りは難しく・・・。

今回は、とりあえず行ってみよう・・・と下見的な訪問の位置づけです
それで、もし魅力的ならば、あらためてプランニングしようかと・・・。

READ MORE▼

2018.04.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
久しぶりの4時起き
160123055533a2.jpg

160123055533
2016年、最初の旅行は、毎年恒例の「雪見の旅」
1泊2日で飛騨を訪れます
地元駅を6時2分発の電車で出発なので、久々に4時台の起床

普段、自分でプランを立てて、宿・足を確保する事が多いのですが
今回はツアー申込みです

何と言っても、年に7回だけ開催される「ライトアップ」
往復の足は確保出来るのですが、現地でのバスがかなりの混雑が予想される上、
宿の確保も難しい状態(1泊2万円以上なら取れますが)

個人旅行もそうですが、団体プランも数多く企画されていて
早々に宿泊施設が押さえられているようです

ならば、致し方無いとツアープラン参加を選択しました

ただ、通常の団体で巡るツアーではなく、行動はひとり

旅行会社から送られてきたのは、
行き帰りのJRの乗車券・特急券と現地のバス利用券
それと4枚ほどの注意書きの用紙です。

READ MORE▼

2016.01.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

名古屋駅太閤通口前の広場
141109113401a2.jpg

14.11.09.11:34.01.
降り続く雨で、どこを巡る事もなく
名古屋駅付近をウロウロし続けています

名古屋駅構内は相変わらず大混雑・・・
雨により屋外での散策や観光が出来なくなった観光客や地元の方たちが
屋内施設に集中してしまっている感じです。
となると、水族館やリニア・鉄道館もかなりの混雑が予想されます
(実際、リニア館へ向かう「あおなみ線」切符売り場は親子連れでかなりの混雑)

名古屋港に停泊している帆船も、この雨ではカメラを向ける事も難しそうだし
・・・結局、名古屋駅界隈で時間を潰す事にします

READ MORE▼

2014.12.05 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「下栗へ」のトップ記事はこちら

9日の朝です
141109063402a2.jpg

14.11.09.06:34.02.
予報では雨との事でしたが、目覚めた時はまだ曇り
ただ、どんよりとしてて今にも降ってきそうな感じです

当初、岐阜県の郡上八幡を訪れるプランを計画していましたが、
雨が降った中で郡上八幡城の急坂(と聞いてました)を登るのは大変だし
山中なので、降雨が激しいと動きがとれないし・・・。

降雨時のプランとしては、
リニア鉄道館、名古屋港水族館&名古屋港、犬山界隈の資料を用意していたのですが
イマイチ、あまり乗り気になれない気分・・・
前日のしらびそ、下栗の里で結構、満足感を得てしまったからかもしれません

READ MORE▼

2014.12.04 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

名古屋へ向けて出発します
141108171819a2.jpg

14.11.08.17:18.19.
夕方5時をまわって、すっかり暗くなっています

ここからは大型バスで名古屋へ向かいます
運転手さんも、今朝、名古屋から飯田まで運転された・・・同じ方です

朝11時に飯田の街に着いてからこの時間まで他の仕事も出来そうですが、
に乗換えの際、車内に荷物を置いてOKとの事だったので
6時間のお昼寝だったのかな?
・・・楽そうだけど、ずっと待つのも辛いですよね

READ MORE▼

2014.12.03