サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「飛騨の次は木曽」のトップ記事は
こちら

20211218100056a2.jpg20211218100056
JR「中央西線」の「中津川」駅を発車

ここまでの「名古屋~中津川」区間と
ここからの区間は全く異なる運行数になります

「中津川」までは、「名古屋」の通勤圏(近くはありませんが)として
始発列車が数多く設定

ここから先は運行本数もがくんと減り、地形的にも、山深い「木曽路」の始まりです

READ MORE▼

2021.12.31 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「飛騨の次は木曽」のトップ記事は
こちら

20211218093245a2.jpg
20211218093245
「多治見」を発車します

ここ「多治見市」は「岐阜県」・・・「中央西線」は「木曽路」を走る
イメージから「長野県」をメインに思い浮かべそうですが・・・

「多治見市」、「土岐市」、「瑞浪(みずなみ)市」、「恵那市」、「中津川市」と
「岐阜県」の「市」を走り抜けます

フロント窓に「A1」・・・と。
「A」は383系の基本編成である6両の編成を示すそうです

その「1」・・・第1編成

一番最初にデビューした「383系」のようです
(だから、ローレル賞のプレートが飾られていたのですね)


READ MORE▼

2021.12.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「飛騨の次は木曽」のトップ記事は
こちら

20211218090532a2.jpg
20211218090532
9時5分、「ワイドビューしなの5号」は「長野」へ向けて発車しました
定時は9時です

「関ヶ原」の雪で遅延が発生している、大阪方面からの「東海道新幹線」の到着待ち・・・。
「東京」から「名古屋」までは定時通りの運転と、安心していたのですが
それがあったか・・・

遅れての発車では、つい先月の「名古屋」発、「ワイドビューひだ」で
東海道本線の踏切支障で3分遅れで発車
それが、単線の「高山本線」で遅延が広がり、終点「富山」には20分遅れで到着

そのため、予定していた列車に乗れず、途中下車~散策が
出来ずに帰京する事になってしまいました

今回の「中央西線」には一部ですが、単線区間もあるし・・・
長野での列車の乗り継ぎは多少、余裕がありますが、万が一、乗れないと
少ない運行数のため、予定変更をしないとなりません

カメラのバッテリー切れもあったし、何となく、嫌~な予感


READ MORE▼

2021.12.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「ついでに乗り鉄の旅」のトップ記事は
こちら

20211114114552a2.jpg
20211114114552
「高山本線」と「国道360号」、蛇行する「宮川」の流れに
沿いながら、橋梁やトンネルで峡谷を突き進んでいます

国道はスノーシェッドが連続・・・既に通ってきた「旧河合村」、
この先通る「旧宮川村」地域は「豪雪地帯」指定のさらに上、
「特別豪雪地帯」に指定されているそうです

READ MORE▼

2021.12.11 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「ついでに乗り鉄の旅」のトップ記事は
こちら

20211114113356a2.jpg
20211114113356
高山本線「飛騨古川」駅

「君の名は」の映画で注目を浴びた駅ですが・・・
個人的に「駅名」だけは子供の頃から聞き覚えがある駅でした

かつて走っていた名鉄8000系を使用した、急行「たかやま」→「北アルプス」
名鉄から国鉄、そして富山地鉄へ乗り入れた列車です

私鉄の車両・・・それも気動車が優等列車として、国鉄路線に乗り入れて
更に、もうぴとつ、私鉄路線に乗り入れるって事にワクワクして・・・。

それがオフシーズンになると、終点が「飛騨古川」と・・・。
「飛騨高山」ではなくて、あえて「飛騨古川」を終点にしたってなぜだろう?と
あれこれ想像してみたものでした(結局、理由は判らないまま・・・)

READ MORE▼

2021.12.10 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「ついでに乗り鉄の旅」のトップ記事は
こちら

20211114111633a2.jpg20211114111633
高山本線「高山」駅

ここまでは「10~8」+「4~1」号車の7両編成で来ましたが
後方、「4~1」号車を切り離して、3両の身軽な編成で「富山」に向かいます


定時なら切り離し作業で5分停車ですが、現時点で15分の遅れ・・・
時間的には「富山」での乗換列車には間に合いません
(接続対応を期待しているのですが・・・)

少しでも早く出発してくれるのでしょうか

READ MORE▼

2021.12.09 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「ついでに乗り鉄の旅」のトップ記事は
こちら

20211114110156a2.jpg
20211114110156
大きくカーブした鉄橋を渡ります

「久々野」駅手前の「第21益田川橋梁」・・・
「高山本線」と「飛騨川」が交差する、最後の橋梁です

「飛騨川」はこの先、東に向きを変え、「乗鞍岳」南麓の源流へ、
「高山本線」の分水嶺を越えて、「宮川」沿いに北上していきます

「宮川」は「奥飛騨温泉」から流れる「高原川」と合流した後、
「神通川」となって、富山湾へ流れ込みます

READ MORE▼

2021.12.08 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「ついでに乗り鉄の旅」のトップ記事は
こちら

20211114103118a2.jpg
20211114103118
10時31分、18分遅れで「下呂」駅に到着します

隣のホームには上り「ワイドビューひだ6号」が停車しています
この「ひだ6号」、定時なら10時27分発・・・こちらの到着を待っていたようです

そもそも定時ならば、こちらの「ひだ3号」はとっくに出発していて
多分、この先の「禅昌寺」駅か「飛騨萩原」駅で交換していた筈

遅れ時分の変化に伴い、交換・待避する駅を変更する運転整理作業を
担っている担当者の方も大変だと思います
(この作業は、高山本線だけに関わらない事がこの後、判ってきます)

READ MORE▼

2021.12.07