190105105545a2.jpg190105105545
1965年(昭和40年)と1969年に6両ずつ製造

1965年8月、名鉄「神宮前」駅~国鉄高山本線「高山」駅間の準急「たかやま」でデビュー
1966年、「急行」に格上げ

1970年、富山地方鉄道「立山」駅へ延長運転、名称を「北アルプス」に変更
1976年、「特急」に格上げ(模型は、その特急塗色時)
オフシーズンは「神宮前-飛騨古川」間に短縮

1985年、運転区間を通年、「神宮前-富山」に延長

1990年、再び「高山」駅までの運転に短縮
1991年、「キハ8500」に置き換え、運用終了

READ MORE▼

2019.03.15 
190105110353a2.jpg190105110353
「キハ85」系
北越急行「HK100」系に続いて、現在も運行している車両です
1989~1992年製造

定期運用は「名古屋-高山-富山」の特急「ワイドビューひだ」と
「名古屋-紀伊勝浦」の特急「ワイドビュー南紀」

カミンズ社(米国)製エンジン(英国工場製造)を搭載
最高速度120km/hで「電車に匹敵する性能の気動車」と。

通路から20cm高い位置の座席、広い側窓等で眺望を良くして
列車名に「ワイドビュー」のタイトルを冠しています

模型は「キハ85-7」
「ひだ」用の非貫通タイプ普通車(14両製造:全車稼働中)

READ MORE▼

2019.03.14 
190105112228a2.jpg190105112228
西武鉄道「E851」形電気機関車

動軸が6軸のF級電気機関車・・・私鉄が保有する電気機関車として最大級でした

秩父・武甲山から産出される石灰岩、それから生産された
セメント輸送のための貨物輸送に使用

製造は1969年、最高速度115km/h
4両製造されましたが、1996年廃車

READ MORE▼

2019.02.26 
190105110906a2.jpg190105110906
北越急行 ほくほく線の「HK100」
この青いラインの車体は、一般タイプ(赤いラインは、「ゆめぞら」仕様)

一般タイプは1997年に7両、1998年に1両製造
2ドア、セミクロスシート、固定窓

両運転台タイプの一般型車両ですが、過去、最高速度160kmで運転された
特急「はくたか」の前後を走るため、高加速、最高110kmの高性能車両。

北陸新幹線開業により、特急「はくたか」が廃止された後、「超快速」を設定

ほくほく線(六日町-犀潟)内の表定速度は99kmに達し
乗車券のみで乗車できる列車では日本一速い列車となっているそうです

模型は「超快速2両セット」

READ MORE▼

2019.02.23 
190217101627a2.jpg190217101627
「11時頃、着きます」と、メールが来たよ・・・と。

寒い時期だし、朝の体調をみてから来ることになってたのですが
GOサインが出たのが2時間前

朝8時半からの庭師さんとの打ち合わせもあって、バタバタで
組み立て始めたのが9時すぎ

READ MORE▼

2019.02.19 
190212193309a2.jpg190212193309
「プラレール」・・・発売開始は1959年だそうですね

私も子供の頃、買ってもらって、遊びました
当時は、モーターで動く車両など無く、線路上を手押しする玩具でした
なので、坂道パーツも半端ない急傾斜

しかし、今のは1周廻って、やっとオーバークロス出来る緩やかな傾斜です
その分、場所ばかり取って・・・

今の坂はぬるい!!

とは思いつつ、モーター車になったから、同時に
複数の車両を走らせて楽しめるのですよね

発売開始から60年を経過して・・・いまだにデパートの玩具売り場には
「プラレール」コーナーが有り、とても賑わっています

新幹線ロボットのアニメがプラレールと関連有るみたいですね
その影響も大きいのでしょうか・・・

READ MORE▼

2019.02.17 
190105110223a2.jpg190105110223
「キハ183系500番台」
1986年に登場した、北海道用特急気動車

同時期に、四国用特急気動車(キハ185系)も登場・・・
前面デザインは、ほぼそっくりですが、グリーン系の塗色

惹かれたのは、この塗色でした
気動車の塗色はエンジンからの煤煙があり、白色系は不向きとされていたのです
・・・なのに大胆にホワイトを基本に、暖色系のオレンジと赤を配置

それまでの赤とクリーム色の特急色より、軽快な雰囲気になった気がします

READ MORE▼

2019.02.16 
190105111051a2.jpg190105111051
「DD54」形ディーゼル機関車

1966年から1971年の間に40両製造
しかし、製造から10年足らずの1976年10月から廃車が始まり、1978年、形式消滅

模型は「中期型」と呼ばれるタイプで、3次車(9~24号機)に当たるそうです
スノウプロウ(除雪板)装備、車体に分割線(4分割された車体の溶接箇所)有り

(模型は購入時の姿でプレート等未装着の状態です)

READ MORE▼

2019.02.10 
190203114946a2.jpg190203114946
カメラ、買っちゃいました

初めての「デジタル一眼」を買ったのが2008年の9月

当時は、入門編として悪くはない機種だったと思うのですが
それから11年?が経過

有効画素数1000万画素も、当時はそこそこだったかもしれませんが

その後、購入した「コンパクトデジカメ」が2010万画素
「スマホ」のカメラが1920万画素

実際に撮った画も、なんとなくスマホに負けてる気がしてきて・・・

READ MORE▼

2019.02.09 
190105111818a2.jpg190105111818
「EF57」形電気機関車

製造が1940年~1943年(昭和18年)と、太平洋戦争前から戦中の時期
製造は、JRの前身、国鉄の更に前身、「鉄道省」。製造数は15両

製造当初は、静岡県「沼津機関区」に配置
当時、最強の機関車として、東海道本線の特急「つばめ」や急行列車を牽引

その後、新潟県「長岡」、群馬県「高崎」に転属、さらに栃木県「宇都宮」に転属。
1977年、運用終了、1978年(昭和53年)、廃車。

模型は、「宇都宮機関区」に転属後のスタイルだそうです
(購入時の姿でプレート等未装着の状態です)

READ MORE▼

2019.02.03