20210223144141a2.jpg20210223144141
「水車小屋」を組み立てています

その前作業で、床面にライト用の穴をあけ、板壁を塗装

READ MORE▼

2021.02.23 
20210221155100a2.jpg20210221155100
巣ごもりしている休日の時間つぶしにうってつけ・・・となっています
今日は、「農家・水車小屋組み立てキット」の続きから・・・。

前回は、チマチマと壁の塗色を少々

今回は、まずライトを通す穴開けをしてから

残った部分を塗って、白壁部分にシールを貼ったのですが

・・・微妙にシールが大きくて、はみ出ちゃって

その部分をカッターで切ったら、切れが悪くて、ズリズリ状態に。

これは雪でごまかすしかない・・・との結論に至りました。

READ MORE▼

2021.02.21 
20210220165709a2.jpg20210220165709
先日、おおまかに塗装が終了した「商店」

今日は、やりたかった作業・・・雪を降らせました

順番としては、まず庇(ひさし)や地面に近い板壁に水で溶いた接着剤を
塗布してから、茶こしで「粉雪」を散らしてみます

屋根以外で雪がまとっている場所のイメージがあったのと
屋根とか大きな面を先にすると、固着するまで下手に触れられなくなり
作業効率が悪くなりそう・・・との事で(写真は、今日の作業、終了後、です)

READ MORE▼

2021.02.20 
 20210214123532a2.jpg20210214123532
雪見の旅」をテーマにしてチョコチョコ作っている
Nゲージのジオラマ

とりあえず、やれそうな所からと、あちこち手を広げてしまっている訳ですが

ホームや建物に雪を積もらせるのは当然ですが、

会津や飛騨の過去旅の写真を見返してて思ったのが
「ツララを忘れてる」・・・でした

軒先に必ずあるのが、「ツララ」

でも、どうやって作るのか・・・手持ちの材料で考え付いたのが

木工用接着剤は、「固まると透明になる」事でした

ならば、「つらら」っぽく固めたのを作れば良い・・・とプラ板に
接着剤を流して、楊枝で「つらら」形に伸ばして放置

固まったののを剥がせば「つらら」の完成・・・の筈でしたが

特性なのでしょうか、剥がすと縮まっちゃtって団子状に・・・。

早々、うまくいかないものですね

READ MORE▼

2021.02.14 
20210211115210a2.jpg20210211115210
「EH500形」交直両用電気機関車

1997年製造初年

首都圏と北海道を結ぶ高速貨物列車の牽引が主目的

模型は「EH500形」の3次形・・・2001年8月から製造
その内、2020年現在、JR貨物仙台総合鉄道部所属機がモデル

最高運転速度:100km/h、設計最高速度:120km/h

READ MORE▼

2021.02.14 

20210212125614a2.jpg
20210212125614
停車場前に配置するお店

束で買ったLEDライトを使いたいのですが、
そのままでは設置出来ないようで・・・

むりやり、コードが通せる穴をあけました

横引き戸や窓の位置の関係上、写真左上の場所が良さそうと

先日、購入した「発砲スチロール切断機」に同封されていた

「針状のはんだ付け」を使って土台を溶かしつつ広げていきました
(なんか、汚らしいですね)

READ MORE▼

2021.02.12 
20210211151257a2.jpg20210211151257
前回は、紙ねんどを盛って終了した「乗降場」

今回は、「雪見の旅」風に、ホームに雪を降らせます

100均で購入した「茶こし」・・・目が細かい、粗いの違う商品があるのかと
店頭で見比べてみましたが、どれも同じ位でした

「雪」は、ネット購入したもの

具体的な違いが判らないまま、
「粉雪 細目」、「「粉雪」、「新雪」の3種類をチョイス

正直言って、3種を見比べても・・・あまり違いが判りませんでした

「粉雪 細目」のパッケージには「粉状大理石 0.1mm~0.3mm」と表示

他はそういった表示はなくて・・・
この中だと、根雪になりそうなのは「粉雪」と判断して開封

READ MORE▼

2021.02.11 
20210207132440a2.jpg20210207132440
昨日、注文した塗料他もろもろがAMに到着

そんなに急がなくても・・・と思ったりもしますが
同じ週末に届けてもらえるとなると、外出が出来ない中、時間を有効に使えます

今回は、右側の塗料瓶、 5つ

これで、配送料無料は申し訳ない気持ち(Yoobashiさんです)

READ MORE▼

2021.02.07