サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「30年ぶりに」のトップ記事はこちら


180616111259a2.jpg
180616111259
高速バスを降りると、周りは住宅街ですが、人の姿は全く無く
信号機にも地名表示は無く・・・

準備した地図によれば、手前側に向かっていくと宿がある筈
・・・なのですが、見通してみてもそれらしき建物は一切無し

晴れて太陽が出ていれば、方角の見当がつきますが
生憎の曇り空

こんな所で、迷子状態?

READ MORE▼

2018.07.04 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「30年ぶりに」のトップ記事はこちら


180616103718a2.jpg
180616103718
宮城県黒川郡大衡村(おおひらむら)にある東北道「大衡IC」
ここで「高速道を下りて、一般道に入ります」と運転手さん

「仙台駅前」から乗車した「高速加美」線、降車予定は「中新田」町の「バッハホール前」です

この日の予定は・・・まず、「バッハホール前」近くの宿に荷物を預けます
法事のため、礼服や靴とか持参していて、いつもより大荷物

事前に宿へ電話して、預かってもらえるかを確認

買い物で不在かもしれないが、玄関は開いているので
端の方に置いておいて下さい、との返答

どんな宿なんだろうと一抹の不安を感じましたが・・・。

身軽になってから、母の故郷である「宮崎」町へ住民バスで向かうのですが
出発時刻まで2時間ほどあるので、昼食をとり、少し「中新田」の町を散策

住民バスで「宮崎町」に入ったら、法事のあるお寺さんの場所と
会食を行う会館の場所、及び徒歩時間を確認

悩んでいるのが、法事の際の手荷物の扱い・・・お寺と会館は1kmほど離れているので
先に会館に預けたいのだけど・・・。
観光地なら、コインロッカーを探すのですが、普通の町では難しい

で、いろいろ確認し、町の散策をしたら、
15時16分発の住民バスで、「中新田」に戻ってくる

READ MORE▼

2018.07.03 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「30年ぶりに」のトップ記事はこちら


180616094946a2.jpg
180616094946
JR仙台駅西口
大きな窓ガラス越しに停車中の新幹線が見えますね

ペデストリアンデッキを通り、24番バス停に向かいます
発車まで15分・・・時間的には余裕です

これから、ここ「仙台駅前」から宮城県北西部にある「加美町」に向かいます

法事は、翌日曜日ですが、その前に子供の頃によく訪れた町を歩いてみたくて
前乗りをしました

READ MORE▼

2018.07.01 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「30年ぶりに」のトップ記事はこちら


180616073555a2.jpg
180616073555
「上野」駅地下新幹線ホーム

「仙台」行「やまびこ125」号が入線・・・E5系編成です

「はやぶさ」に使用されるイメージですが、今や38編成を越え
多くの「はやて」、「やまびこ」、「なすの」に広がっているようです

初の320km/h体験が出来る!!
と、思ったら、「はやぶさ」以外は、最高275km/h運転
・・・帰りの「はやぶさ」に期待します

READ MORE▼

2018.06.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています


180614190000a2.jpg
180614190000
宮城県仙台市を訪れるのは、1999年7月、仙台市宮城県スポーツセンターで開催された
「東日本ジュニア体操競技選手権大会」
子供が出場し、その応援で日帰りして以来・・・だったような。

そして、母の故郷を訪れたのは、祖母の葬式の30年前、叔父の葬式の15年前
・・・30年間で2回
ただ、叔父の葬儀の際は、少し離れた鳴子温泉に宿泊・・・
宿→寺院→帰路で、故郷の街を歩く事は殆どありませんでした

私が子供の頃は、夏休み、冬休み等、長い休みの時、毎年のように
祖母宅に1週間とか長く滞在していました

今回は、この春、亡くなった叔母の納骨のための訪問です

叔母は、母の姉妹の一番年下で、東京近郊でひとり住まい

ずっと独身で、いつも若々しい印象・・・私たち甥っ子や姪っ子を
可愛がってくれてました

その叔母が、自宅で突然死

叔母は7人兄弟姉妹で健在なのは私の母と叔母がひとりだけ

母は認知で施設に入居中、叔母は足が弱くなり、宮城県在住

なので、お葬式は、可愛がってもらった甥っ子、姪っ子たち5人により
叔母が住んでいた千葉市で行いました

そして四十九日が過ぎ、お寺との調整がつき、今回、納骨に・・・。

お墓は、叔母の故郷、宮城県
お母さんだった祖母、弟だった叔父も眠っているお墓に入ります

東京及び千葉に住む、私たち甥っ子姪っ子は当日現地集合

私は、母や叔母たちの故郷を30年ぶりにゆっくり歩きたくて
前日に出発する事にしました

READ MORE▼

2018.06.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・蔵王」のトップ記事は
こちら

170205132650a2.jpg

170205132650
休憩・見学でバスを降車中

他のバスと誤乗防止のために、緑の猿が吊るされています
普通ならフロント部に普通の向きに置くと思うのだけど・・・
否が応でも判ります

バスを間違えることは絶対に無いのでいいけど

READ MORE▼

2017.03.02 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・蔵王」のトップ記事は
こちら

170205114336a2.jpg
170205114336
宮城蔵王「すみかわスノーパーク」近くの飲食店で
お昼ご飯の後、周囲を散策しています

これから下って行く「蔵王エコーライン」には積雪がたっぷり
・・・バスの後輪はチェーンを装着済み

READ MORE▼

2017.03.01 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・蔵王」のトップ記事は
こちら

170205101703a2.jpg
170205101703
標高1700mの「刈田岳」の樹氷原

薄雲が広がってきていますが、周囲の山はよく見通せます
これってかなり運が良いのだとか・・・。
ガイドさんのお話では、吹雪のため、雪上車から降りる事もなく
帰路につく事もあるとか

名残惜しいですが、20分程の滞在の後、ベースに戻ります

READ MORE▼

2017.02.28