140329181346a2.jpg
14.03.29.18:13.46.
行きつけの飲み屋さんメニュー
「葉玉ねぎのホイル焼き」

ちょっと前のメニューでした
旬というか、季節の素材を使ったメニューを
見つけるのも楽しみです


READ MORE▼

2014.04.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「山梨・2014さくら」のトップ記事はこちら

勝沼ぶどう郷駅のホームです

140412113641a2.jpg

14.04.12.11:36.41.
「勝沼ぶどう郷」駅(標高477m)ホームから桜を眺めます

ホームの両脇に桜並木が広がります
駅周辺の桜は約600本・・・地元地区の後継者の
集まり「甚六会」から「甚六桜」と呼ばれているそうです

ホーム甲府寄りに人だかり・・・
電車と桜の写真を狙っているようです

あの場所には、ちょっと近づきにくい雰囲気が・・・

READ MORE▼

2014.04.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「山梨・2014さくら」のトップ記事はこちら

甲府駅で乗り継ぎます

140412105721a2.jpg

14.04.12.10:57.21.
甲府駅から見える「鳳凰三山」の
「地蔵岳」と「観音岳」

霞んだ中にも「地蔵岳」(2764m)(右端)の頂上に
ポコッと突き出した「オベリスク」の姿が見えます

その左の頂きが「赤抜沢ノ頭」(2750m)
その左の一段高いのが「観音岳」【2841m)
鳳凰三山の最高峰です

READ MORE▼

2014.04.23 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「山梨・2014さくら」のトップ記事はこちら

七里岩の上にいます

140412101241a2.jpg

14.04.12.10:12.41.
「平和観音」そばからの遠望・・・「甲斐駒ヶ岳」2967m

「日本百名山」、「新日本百名山」、「新・花の百名山」、
「山梨百名山」、「日本百景」に選定

「日本百名山」著者の深田久弥氏は
「日本の十名山を選ぶならこの山は落とさないだろう」と
甲斐駒ヶ岳を評したそうです

「韮崎」駅付近では頂上部分しか見えない「甲斐駒ヶ岳」ですが
韮崎から先、中央線は七里岩を登って行きます
・・・高度が増すにつれ、ピラミッド形の姿が広がっていきます
個人的にお薦めの車窓のひとつです

頂きの左袖にあるのが「摩利支天」(2820m)
日本でも有数の花崗岩の大岩峰なのだとか・・・。

READ MORE▼

2014.04.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「山梨・2014さくら」のトップ記事はこちら

七里岩に上がってきました

140412100345a2.jpg

14.04.12.10:03.45.
「白鬚神社」前から約3分・・・
「七里岩」の台地に上がってきました

標高差は40mほどですが
貧弱なガードレールと落石防止のネット、
階段上に落ちている小石や砂の存在が
一気に登る原動力になったようです

台地に上がると、右に「甲斐駒ヶ岳」(2967m」
中央が「地蔵岳」(2764m)、その左に「観音岳」(2841m)、
「薬師岳」(2780m)と続いています

標高400mの七里岩ですが、見晴らしは素晴らしいです

左下に学校の建物が見えます
その建物の右端付近から真上の方向に
「王仁塚の桜」の姿が見えます

READ MORE▼

2014.04.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「山梨・2014さくら」のトップ記事はこちら

県道を歩いて平和観音へ向かいます

140412093856a2.jpg

14.04.12.09:38.56.
韮崎市の上空は航空機のルートなのでしょうか

途切れる事無く、飛行機雲が見えています
そう言えば、野辺山を訪れた際も飛行機が頻繁に飛んでいました

方角は北東から南西方向へ・・・
南西方向の先にあるのは・・・名古屋でしょうか?

全日空のサイトにある
空から見える景色のご案内

調べてみると、新潟、東北、北海道からの飛行機が
この辺りの上空を通過するようです
さらに、北国から関西への飛行機もこの辺りを通過
・・・名古屋便と関西便を合わせたら相当数になる筈

納得、です

READ MORE▼

2014.04.20 
140419122417a2.jpg
14.04.19.12:24.17.
きなこ棒

READ MORE▼

2014.04.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「山梨・2014さくら」のトップ記事はこちら

「王仁塚(わにづか)」をあとにします

140412090932a2.jpg

14.04.12.09:09.32.
春霞に妨げられる事もなく
「八ヶ岳」がくっきりと見えています

ここ韮崎市は甲府盆地の西に位置しています。
盆地の北東~南東側は奥秩父山塊、富士山に繋がる朝霧高原、
盆地の北西~南西側は、八ヶ岳、南アルプス・・・に囲まれた地

その山域を越えると、お天気が全く違うという事もしばしば・・・
東京からの中央線で、それまで小雨、曇天だったのが
甲府盆地に入ると雲一つ無い快晴という経験も何度か・・・

周囲の高い山並みが雲の進入を遮る事・・・があるのかもしれません

READ MORE▼

2014.04.19