サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「ダム内部 特別開放」のトップ記事はこちら

帰りのバスを待っています

140726130243a2.jpg

14.07.26.13:02.43.
「愛川大橋」バス停・・・
文字通り、橋梁の上にバス停があります

御殿場、沼津へ抜ける国道246号線と
大月、甲府へ抜ける国道20号線を繋ぐ国道412号線
・・・そんな道なので山あいでも交通量は多いです。

大きなトラックやダンプカー、それに観光バスが通ると、橋の上は結構揺れます。
じっとバスを待っていると、船酔い感じで気分が悪くなってしまいそう。

歩いている方が楽・・・と
向かい側(上流側)の歩道へ行って、橋の下を覗いて見ると
若い人が魚捕りをしている様子

川底が透き通って見えるので、魚の姿も見えているのでしょうか

手足だけでも冷たい水で冷え冷え~ってしたかったけど
バスが来るまであと18分・・・
微妙な残り時間
指をくわえて見てるだけ・・・

READ MORE▼

2014.08.23 
140820065137a2.jpg
14.08.20.06:51.37.
ぱっくり

ベランダのプランターで育てていたスイカ
今は実が2つだけ実っていたのですが
そのうち、大きい方・・・と言っても5cmほどですが
朝見たら、割れていました

割れるのは、よくある事
昨シーズンも9つ実った内、半分程、ぱっくりと

成長期に気温が低かったりすると
表面の皮が硬くなるのだそうです

その後、内部が育っていくと柔軟性が乏しくなった表面が
耐えられなくなって、割れちゃう・・・らしいのですが
今年は8月になってから、気温が低いという印象が乏しい

何か別の要因があるのかもしれません

READ MORE▼

2014.08.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「ダム内部 特別開放」のトップ記事はこちら

石小屋ダムまで戻りました

140726124602a2.jpg

14.07.26.12:46.02.
穏やかな風が石小屋湖の湖面を流れています

午前11時の観光放流から2時間弱が経過し、
ダム湖に大量流入した水も落ち着いてきたようです

水面を見ていると涼しさを感じますが・・・
ずっと屋外に居るにはキツい暑さです

READ MORE▼

2014.08.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「ダム内部 特別開放」のトップ記事はこちら

バス停へ歩き出します

140726123707a2.jpg

14.07.26.12:37.07.
「新石小屋橋」を渡ります

橋の手すりに「大沢の滝」と手書きの看板が・・・
往路でも見かけて、滝を探してみたのですが見つかりませんでした。

帰り道、水の音がするので再度、探してみると・・・ありました
もっと下流の方にあるのかと思ったら、
橋げたの上の方でした

目の前に見える滝の部分の更に上に
もう一段、落ちてくる部分があります

「大沢の滝」を検索してみると
落差25m、30m、40mと説明がマチマチ
天候によって水量の変化が大きな滝なのでしょうか?

READ MORE▼

2014.08.20 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「ダム内部 特別開放」のトップ記事はこちら

ダム下へ下ります

140726121629a2.jpg

14.07.26.12:16.29.
日陰が乏しい、宮ヶ瀬ダムの天端(てんば)脇
建物はダム下へ下りるインクラインの停車場です

30度越えの屋外にずっと居ると
さすがに身体が水分を欲します
自販機でペットの冷茶を買ってひと休み

レストランの名物はソフトクリームらしいのですが
私の世代だと、ひとりで食べる姿はツラい

宮ヶ瀬ダムの観光放流は1日2回・・・
午前11時と午後2時からの6分間

その放流の合間は人の姿もまばらになります
インクラインの停車場のおじさんも手持ちぶさたそう・・・
(強烈な陽射しが当たる日なたに出る気はなさそうです

帰りのバス・・・この時間帯は1時間に1本、21分発です。
12時台のは、もう間に合わないから13時21分発を目指します。
となると、1時間ちょっとあるので
時間調整がてら、スローペースで歩みます

READ MORE▼

2014.08.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「ダム内部 特別開放」のトップ記事はこちら

エレベーターで上がってきました

140726115329a2.jpg

14.07.26.11:53.29.
ダム堤体内からエレベーターで
天端へ上がってきました

上がらずに、下へ下がってダム下へ行く事も出来たのですが
インクラインのチケットを「往復」で購入してしまったので・・・。
エレベーターが自由に利用出来ると知っていれば
「片道」切符を購入していたのですが

天端には、今回の「特別開放」の案内板が・・・。
この「特別開放」では3年前が1112名、2年前が1366名、
昨年が1405名(いずれも2日間)が参加したそうです。

評判が広がっているのでしょうか・・・徐々に増えています
今年は、何人、訪れるのでしょうか・・・
当然ながら、土曜よりは日曜の方が多いとか

READ MORE▼

2014.08.18 
140813064304a2.jpg
14.08.13.06:43.04.
8月16日は、父の命日
一昨年のこの日・・・
夜遅く、病院で息をひきとりました

READ MORE▼

2014.08.17 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「ダム内部 特別開放」のトップ記事はこちら

宮ヶ瀬ダムの内部へ入ります

140726113710a2.jpg

14.07.26.11:37.10.

ダムの内部は外の暑さを全く感じません

ダム堤内には「監査廊」と呼ばれる通路が巡らされています
天端(てんば:堤の頂上部)の長さが375mもある上に高さが156mと
高度差も半端ない・・・その中を毎日、点検しているそうです。

156mの高さはビルで言えば約50階建てに匹敵しますが
それを徒歩で点検では、移動だけでも疲労困憊状態に

そのために利用されているのが、この点検用モノレール
・・・4人乗りだそうです

天井部分にレールが設けられていて、見た目には
ロープウェイに似た感じです。

前記事の最後の写真・・・内部通路の天井部に
写っていたのが、このモノレールのレールでした

READ MORE▼

2014.08.16