サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


大谷石の地下採掘場跡を歩いています
140913110636a2.jpg

14.09.13.11:06.36.
地下空間の天井には壁のライトの光が届かず
なかなか見通す事が出来ませんが
壁面を照らしあてる箇所だけ、ぼんやりと浮かび上がってきます。

綺麗な平らな面になっているようです
最上部の辺りは手掘りだった筈・・・
この空間にまで広げるのに、何年かかったのでしょう

READ MORE▼

2014.09.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


地下空間を巡ります
140913110149a2.jpg

14.09.13.11:01.49.
奥行きのある、大広場のような空間です

見学者の姿と比べると、その大きさが想像できるかと思います
この空間が掘ってできたものとは・・・凄いの一言

床にも光が反射して、明るさを増しているような・・・
濡れている事がプラスになっていますね

READ MORE▼

2014.09.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


大谷資料館の地下を歩きます
140913105912a2.jpg

14.09.13.10:59.12.
大谷資料館の採掘場跡の案内によると・・・
・採掘は1919年(大正8年)から1986年(昭和61年)までの68年間
・広さは2万㎡で東京ドームが入る大きさだとか
・深さは30m(最深分は60m)

判りづらいですが・・・構内図で中央下の細い道筋が付いた
四角部分が資料館入り口の建物で、細い筋が降りてきた階段。

構内図の内、グレー?に色塗りされた部分が公開されている部分です。
全体の1/3にも満たないのかも・・・

READ MORE▼

2014.09.20 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


大谷資料館に着きました
140913104947a2.jpg

14.09.13.10:49.47.
奥に見えるのが「大谷資料館」・・・のようです
周囲の駐車スペースには、既に多くの車が・・・
観光バスも何台か停まっています
(皆さん、早くから・・・

資料館への道の両側には「大谷石」の崖が見えています。
ここ、栃木県宇都宮市大谷町は「大谷石」の産地・・・
この地下に、東西8km、南北37km、深さ200~300mに渡って大谷石が
埋まっているとか。埋蔵量は10億トンと推定されているそうです(by Wiki)

以前は自宅の周りでも、大谷石をよく目にしました
大抵が石塀、門柱だったような・・・。
ザラッとした感触で
物がぶつかると削れてしまう柔らかさが印象的でした
(塀の下に破片が沢山、落ちていました

昨今の石塀は、ブロック造りが殆どのようで・・・
都内では大谷石を見る機会は少なくなっている感じです

READ MORE▼

2014.09.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


バスで向かいます
140913094644a2.jpg

14.09.13.09:46.44.
東武鉄道「会津田島、新藤原、東武日光」行き快速電車が
09:44過ぎに「新鹿沼」駅に到着しました

改札口は跨線橋を渡った隣のホームに面しています。
その跨線橋は、進行方向一番前・・・乗車していたのが前から5両目で
約100m離れています
「新鹿沼」駅前から乗車するバスの発車時刻は09:47で
既に3分を切っています

READ MORE▼

2014.09.18 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


快速電車に乗車中です
140913090307a2.jpg

14.09.13.09:03.07.
先頭から2両ごとに「会津田島」行き、「新藤原行き」、「東武日光」行きの
6両編成快速電車が利根川を渡ります

「東武動物公園」駅を過ぎると
大分、車内も落ち着いてきました
駅間距離も長くなってきていて、首都圏の私鉄路線っぽくありません
・・・JRの長距離列車に乗っている趣きがあります

READ MORE▼

2014.09.17 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

出発します
140913074632a2.jpg

14.09.13.07:46.32.
「上野駅」地平ホーム、コンコースです

今回の目的地、栃木県宇都宮市大谷町・・・都内からだと、
通常、JR東北線(or新幹線)で宇都宮駅、そこからバス・・・ですが
片道1940円と割高(新幹線利用だと4200円)
けれども現地バスの割引切符を利用できます

同じ、宇都宮でも、東武鉄道を利用して「東武宇都宮」駅だと
片道1358円と安い(でも、時間がかかるし、バス割引切符が使えません)
そこからバスで450円

色々調べてみて、決めたのが
東武鉄道の「新鹿沼駅」からバスの乗継・・・電車賃は同じ1358円
バスは520円でちょっぴりアップだけど、所要時間が短く、到着が早いのです。

READ MORE▼

2014.09.16 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります


「橋とクラゲ」のトップ記事はこちら


小田急線で帰ります
140823142100a2.jpg

14.08.23.14:21.00.
14時を過ぎてから、なぜか館内が大混雑

ショーは随時開催されているので関係は無さそうだし・・・
屋外が蒸し暑くて、涼しい水族館に避難してきたのでしょうか?

混み合ってきてゆっくりカメラを向けるのも
顰蹙を買いそうだし・・・
ちょっと早めですが、帰ることにします

駅へ向かう道沿いの小洒落たレストランが
何軒か連なっているのですが
その前には多くの待ち客が・・・

海を見ながらのランチ、ティータイムって人気なのですね

READ MORE▼

2014.09.15