141118182201a2.jpg
14.11.18.18:22.01.
11月も中旬になり、寒い日が増えてきました

我が家でも先日の日曜日にコタツを出し
朝晩はエアコンをつけるようになりました

こんな夜は鍋も良いけど、たまにはスープも
って事で簡単にできるものを・・・

子供の頃、母がよく作っていたものです

READ MORE▼

2014.11.20 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

三遠南信自動車道・矢筈トンネルです
141108123557a2.jpg

14.11.08.12:35.57.
南アルプスの西側に平行している
標高1600~1800mの伊那山脈

その下を貫く「矢筈トンネル」を走行します

長野県飯田市と静岡県浜松市を結ぶ「三遠南信(さんえんなんしん)自動車道」、
全通は未定ですが、先に開通したこのトンネルは一般道として通行可能。
長さ4176m、西側出口の標高は約930m、東側出口は880mと
若干の下り坂になっているようです

READ MORE▼

2014.11.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

しらびそ高原へ向かいます
141108121249a2.jpg

14.11.08.12:12.49.
12時、早い昼食を終えて、出発しました

飯田バイパスを経由して、どんどん坂を下り・・・
「弁天橋」で天竜川を渡ります
この天竜川、諏訪湖を起点に、静岡県の遠州灘へ約213kmの流れ

昼食をとったお店「伊那路」は、標高が約504m、この「弁天橋」は約390m
・・・約110m、下りてきました
市街地で、この標高差・・・日常の移動では「歩き」や「チャリ」はキツそう
やはり、車が必需品となってしまうのでしょうね

これから向かう「しらびそ高原」の「ハイランドしらびそ」は1918mの高地
・・・1500m以上、登ります
マイクロバスでこの標高差を登るのも滅多に無い経験・・・かと
約1時間10分の所要時間・・・だそうです

READ MORE▼

2014.11.18 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「特別見学会」のトップ記事はこちら

地下18mの神殿です
141115095932a2.jpg

14.11.15.09:59.32.

正式名は「首都圏外郭放水路」の「調圧水槽」
洪水の水を一旦、貯める事で水の勢いを弱める施設です。

洪水を地下へ取り込む5か所の「立坑」が6.3kmのトンネルで
結ばれています。その「立坑」から取りこまれた水がここに一旦
貯められて、ポンプで江戸川に排出・・・する仕組み。

柱は長さ7m、幅2m、高さ18m、重さ50トン
その柱、59本で支えています

READ MORE▼

2014.11.17 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

出発します

141115071656a2.jpg

14.11.15.07:16.56.
JR常磐線「南千住」駅に停車中

プランでは、JR日暮里駅で07:25発の常磐線に乗る予定でしたが
ちょっと早く出て、2本前の電車に乗車

そしたら「日暮里」駅発07:11発に乗れちゃって、「北千住」駅に07:19着
プランでは、07:32着だったのが、どんどん早くなっていきます
「北千住」駅からは07:39発の「東武伊勢崎線」急行「館林」行きがプランでした

READ MORE▼

2014.11.16 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

飯田市に着きました
141108111603a2.jpg

14.11.08.11:16.03.
11時ちょっと前・・・お昼ご飯を食べるお店に到着
そば処 伊那路」さんです
看板を見ると「信州つけもの処」となっています

元々は「つけもの」のお土産物屋さんだったそうで
土産物の他、団体、個人向けのお食事処も備えているとか

収容人員500人、大型バス20台駐車可能と
広い敷地のお店です
でも、この時間、他の団体さんは居らず、一番乗り~

READ MORE▼

2014.11.15 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

恵那峡SAです
141108100902a2.jpg

14.11.08.10:09.02.
名古屋駅を出発して、約1時間・・・
岐阜県の「恵那峡サービスエリア(SA)」に到着しました

20分ほど、休憩をします
名称の「恵那峡」とは、市街地北部を流れる木曽川の大井ダム、
そのダムで堰き止められた湖の両岸に奇岩、絶壁が連なった観光地です。

READ MORE▼

2014.11.14 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

名古屋からはバスです
141108082213a2.jpg

14.11.08.08:22.13.
名古屋駅太閤口地下街「エスカ」
朝8時過ぎで、殆どのお店のシャッターが閉まっています

その通路の一角に「ツアーバス受付所」の矢印看板・・・
その方へ向かうと、閉まったシャッターの前にテーブルが置かれて受付中

手続きをするとお決まりのバッジを・・・
大きいと、こっぱ恥ずかしいですが、このサイズなら

出発時刻の8時45分までトイレを済ませ、地下街をウロウロ

早めに到着したのは、出発前に宿泊するホテルに宿泊用バッグを預けたかったのですが
駅前とは言え反対側の桜通口で、片道800mほどの場所・・・
意外と荷物も重くてかさばって・・・
手続きに手間取ると面倒だし、予定通り駅のコインロッカーに預けました

でも、このコインロッカー、この時間帯で殆ど使用中
空きがあと数個という中で何とか確保しました

READ MORE▼

2014.11.13 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

出発します
141108054513a2.jpg

14.11.08.05:45.13.
朝6時前、東京駅へ向かいます

もう1本後の電車でも間に合うのですが、準備が早く完了
・・・余裕を持たせて、1本前の電車に乗りました

今回はバスで巡るプラン・・・
バスの出発地は名古屋駅太閤通口
集合時刻は8時45分
名古屋駅、地下街の「エスカ」です

東京駅7時発の新幹線でギリギリ・・・
多少、余裕をもたせて6時30分発を選びました

READ MORE▼

2014.11.12 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります


「周囲9kmの公園」のトップ記事はこちら

常磐線で帰ります
141018161746a2.jpg

14.10.18.16:17.46.
16:16、「土浦駅」に到着しました

相変わらず雲一つない空ですが
太陽が大分、傾いてきました

土浦駅から200mほど歩けば「霞ヶ浦」の湖畔に出ます

乗車してきた普通電車は、ここで10分停車・・・
その間に特急「フレッシュひたち48号」が到着し、見送ります。

「ひたち」は同じ勝田駅始発・・・22分後に出発し
上野到着は24分早く到着します

READ MORE▼

2014.11.11