サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「晩秋の安曇」のトップ記事は
こちら
大正池で降ります
161031082045a2.jpg
161031082045
朝8時すぎの大正池
鏡のように静かな池面に穂高の山が映っています

レストハウスのボート営業が始まると、水面が揺れて鏡ではなくなっちゃうと
朝9時頃までの絶景ですね

READ MORE▼

2016.11.24 
161120085628a2.jpg
161120085628
新聞記事に紹介されていた「錦秋染まる旧古河庭園」の開催

天気予報で土曜日はイマイチとの事で、日曜に覗いてきました

READ MORE▼

2016.11.23 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「晩秋の安曇」のトップ記事は
こちら
上高地へ向かいます
161031071612a2.jpg
161031071612
朝7時過ぎ・・・「中の湯温泉旅館」から見える穂高連峰です

東京を旅立ち前の計画では
宿08:30→大正池08:45・・・・大正池09:37→→奈川渡ダム10:08

・・・・奈川渡ダム11:18→鵬雲崎11:25・・・・鵬雲崎12:15

→水殿ダム12:18・・・・水殿ダム13:28→→稲核ダム13:33

・・・・稲核ダム14:24→→中の湯15:06→→中の湯温泉15:30頃、でした

まず、難儀したのが、このバス時刻を知る事・・・アルピコ交通のサイトでは
主要バス停の時刻表示のみで、この中では「大正池」「中の湯」「奈川渡ダム」の
発着時刻しか判りませんでした。で、バス時刻表を取り寄せようか思ったりした所、
全てのバス停の時刻を掲載するサイトが見つかりました。それがナビタイム
元々、地図・ルート検索サイトですが、その中にあった「路線バス時刻表
大いに助かりました

READ MORE▼

2016.11.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「地下神殿」のトップ記事は
こちら
寄り道しながら帰ります
161112114551a2.jpg
161112114551
入場指定時刻は11時からでしたが、会場到着は15分前
係員さんに尋ねたら、入場して構わないと言う事で、地下施設と龍Q館を見学

都合1時間の見学時間でした
そろそろお昼だし、帰路につきます

READ MORE▼

2016.11.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「晩秋の安曇」のトップ記事は
こちら
早寝早起きです
161031054230a2.jpg
161031054230
朝5時半過ぎ・・・ロビーの窓から穂高連峰の姿が見えてきました
正面のピークが「前穂高岳」(3090m)、左端方が「奥穂高岳」(3190m)

雲は無い感じ・・・お天気は良さそうです

READ MORE▼

2016.11.20 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「地下神殿」のトップ記事は
こちら
施設を巡ります
161112111610a2.jpg
161112111610
埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」
世界最大級の地下放水路です

その「調圧水槽」は、まるで地下神殿と世界的にも有名な施設
・・・年に1度の「特別公開」に訪れました

READ MORE▼

2016.11.19 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「晩秋の安曇」のトップ記事は
こちら
宿に着きました
161030154502a2.jpg
161030154502
宿の送迎車を降ります

左の斜面は焼岳(2455m)、右の斜面は霞沢岳(2646m)
その間に穂高連峰が望めます

真正面に、前穂高岳(3090m)、
左へ吊尾根を経て、奥穂高岳(3190m)がくっきりと・・・良いお天気です

READ MORE▼

2016.11.18 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「地下神殿」のトップ記事は
こちら
見学会に来ています
161112104417a2.jpg
161112104417
埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」
その地上施設である「Q龍館」です

建物前には地下への採光用設備が並びます

この日は、年に一度の「特別見学会」です
葉書による応募・・・時間枠を指定された当選葉書が届きます
(大規模な施設なので、多分、落選者は居ない気がします

READ MORE▼

2016.11.17