サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110115525a2.jpg
181110115525
透明な阿寺川の流れの中・・・10cm超の魚の姿

清流で生きる魚と言えば、ヤマメとイワナしか知らないモノで
この魚は何でしょう?

細かい斑点が見える気がしますが・・・やっぱりイワナでしょうか?

READ MORE▼

2018.11.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110112423a2.jpg
181110112423
阿寺渓谷・「中八丁吊橋」を渡ります

眼下には透明な流れ(横切っているのは、吊り橋のワイヤー)
遊歩道から車が通れる車道へと繋がります

READ MORE▼

2018.11.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110105535a2.jpg
181110105535
「六段の滝」の脇から阿寺川の河原に降りていきます

大きな岩がゴロゴロしていて、所々、手をかけて慎重に進みます
増水時、上流から流れてきたのでしょう・・・水の力はスゴいものですね

上手い具合に、透明な水の上に2色の紅葉

READ MORE▼

2018.11.28 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110101416a2.jpg
181110101416
「阿寺渓谷」・・・「島木赤彦碑」があった
「赤彦駐車場」(と、言うのですね)から「ウナリ島」までの遊歩道を歩いています

透明な流れの「阿寺川」は、岐阜県との県境にある「奥三界岳(おくさんがいだけ)」(1810m)や
「井出ノ小路山(いでのこうじやま)」(1840m)が源流で、川の長さは約20km・・・だそうです

READ MORE▼

2018.11.27 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110094851a2.jpg
181110094851
長野県木曽郡大桑村の「阿寺渓谷」
「渓谷入口」から3.5km入った駐車場で車を降ります

「案内図」では「入口」から「阿寺渓谷キャンプ場」までの6.3kmを
「阿寺渓谷」として紹介していますが、
駐車場マークが表示されているのはここが最奥の模様

ここから先は、各自、目的地に向けて歩いて訪れるのかな?

「案内板」前には「協力金」の箱
100円で良いそうですが、小銭入れを見ると、東京駅で買った
ワンコインの駅弁セットのおつり・・・500円玉1枚のみ

仕方ないですね・・・500円玉を投入

今後、訪問4回までの前払いって事で
よろしくお願いいたします・・・

READ MORE▼

2018.11.26 
181125135956a2.jpg
181125135956
ベランダで育てていたあさがおと風船かずら・・・
やっと、種の収穫が終了しました

手前から、和風のあさがお風船かずら西洋あさがお
それぞれ、タッパーに入れて野菜室で保存します

手前のあさがお、今年はなぜか、種が不作
花は沢山咲いたのに、なぜか、種袋にならず…僅か、これだけ

一方、風船かずらと西洋あさがおの種は鬼のように採れました

一番奥にあるタッパーは、2017年産の種・・・いわゆる、古米状態のやつ
今春、散々、蒔いたのにまだ残っているんです

更に今年の分が加わって・・・来シーズンはどうしましょ

READ MORE▼

2018.11.25 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110085225a2.jpg
181110085225
中央本線「中津川」駅に到着しました

ここから先、木曽川が流れる木曽谷に沿って走る路線になります
列車の運行本数も大幅に変化

名古屋方面へは、毎時、特急が1本、快速が2本運転されています

一方、塩尻方面へは、特急は1時間に1本ありますが
塩尻駅まで行く普通列車は、1日に10本だけ・・・
利用しやすい9時~17時台の8時間に4本です

普通列車より特急列車の方が多い路線

READ MORE▼

2018.11.25 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「9年ぶりの渓谷」のトップ記事は
こちら

181110073942a2.jpg
181110073942
JR「名古屋」駅10番線ホーム・・・発車を待つ「ワイドビューしなの3」号

今春、運用が終了したJR東の「E351」系と同じく「制御付き自然振り子」方式を採用
最高速度は共に130km/h

「あずさ」が中央東線、「しなの」が中央西線経由で振り子を駆使して、東西から長野県へ・・・。
中央本線がいかに厳しい路線なのかも判ります

この「しなの」の乗車は、振り子感覚を味わうのも楽しみ

READ MORE▼

2018.11.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

181108184000a2.jpg
181108184000
多分、2018年最後の「1泊旅行」

昨今、泊り旅ではツアー続きでしたが、久しぶりの自前プランです
ルートは、東京(都内)-名古屋-塩尻-(辰野)-塩尻-東京(都内)

行程は、まず岐阜・中津川を基点にして木曾の渓谷を巡ります
その後、景勝地「寝覚めの床」に近い宿に宿泊

翌日は、「寝覚めの床」を散策した後、塩尻で「中央支線」巡りを
した後、いつもの「スーパーあずさ」で帰京

その行程に沿って、切符を購入

ネックは、中央東線は都内から松本までが近郊区間で途中下車がダメなので、
中央線から一駅、飯田線の駅までの切符にしました(運賃は一緒)

もっと、お得な方法もあったのかもしれません
(今回のような、迂回ルートならば途中下車も可能だったかも・・・???)

とりあえず、考えられる範囲でのプラン設計でした

READ MORE▼

2018.11.23 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「山あいの枯山水と滝巡り」のトップ記事はこちら


181103143248a2.jpg
181103143248
JR五日市線「武蔵五日市」駅

綺麗な駅舎を見て判るように
高架化されたのは割と最近、「平成」になってからのようです

以前は地平ホームだったのですが、お隣「青梅」市と結ぶ都道31号線(秋川街道)の
踏切を解消するために鉄道を高架にしたのだそうです
(都道は急坂がひかえていて、地下化や高架化へ対応不能だったとか)

READ MORE▼

2018.11.22