サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「初秋の水巡り」のトップ記事はこちら

191006152708a2.jpg
191006152708
中央道を東へ・・・
夕方近くになって、やっと「八ヶ岳」から雲が切れてきました

左から「西岳」(2398m)、「権現岳」(2715m)、
「編笠山」(2524m)でしょうか

READ MORE▼

2019.10.31 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「初秋の水巡り」のトップ記事はこちら

191006141330a2.jpg
191006141330
駐車場の分岐まで戻ってきました

往路の際は、道なりに進む形でしたが、復路の時は、分岐を右に曲がる形
夜間だったり、ガスっていたら間違えるケースもありそうなポイントです

「白駒池」では曇っていた空ですが、青空が広がり、晴れてきたよ
もう30分滞在が長ければ、池の姿も変わってたかも・・・。

READ MORE▼

2019.10.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「初秋の水巡り」のトップ記事はこちら


191006135232a2.jpg
191006135232
標高2100mの森の中に建つ「白駒荘」の建物前は
大勢のハイク客、観光客で賑わっています

入口の中では土産品や簡単な飲食物を販売中

この「白駒荘」は所謂、山小屋に近い意味合いの施設かと思っていたら
楽天トラベルじゃらんからも宿泊予約が出来るのですね

READ MORE▼

2019.10.29 
191027120009a2.jpg191027120009
最初の開花が6月24日

まだ咲き続けています、ミニ胡蝶蘭「紫式部」

READ MORE▼

2019.10.28 
191027113555a2.jpg191027113555
昨日の記事で、「明日咲くのは紫」と予言したのに
白地に紫でした

何年も育ててきたのに・・・見る目がありません

READ MORE▼

2019.10.28 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「初秋の水巡り」のトップ記事はこちら

191006134344a2.jpg
191006134344
木々に囲まれた、瀟洒な「白駒荘」

こちらは、大正11年創業の本館のようです
宿泊は、新館1泊2食で8500円~

途中道は圏外と聞いていたのですが、白駒荘の受付電話は携帯番号になっていました
ここだけ通じるのかな?それともアンテナがあるのかな?

脇の樹木に、赤いテープが巻かれています
建物そばですが、見失ってしまう天候の時もあるって事かも・・・。

READ MORE▼

2019.10.28 
191026074939a2.jpg191026074939
今シーズン、茎が出てこなかった「白い彼岸花」
「リコリス アルビフローラ」

球根がダメになってしまったのか心配でしたが
鉢のあちこちから葉が出てきました・・・その数、6つ

一昨年の植え付け時は球根が2個でした

土の中で、球根が分球して増えていたのでしょうか

READ MORE▼

2019.10.27 
191026075301a2.jpg191026075301
三男夫婦からの「父の日」のプレゼント
「檸檬」です

届いてから4か月あまり・・・
日常、目に入るので、大きくなったのかどうか???

7月末の写真と見比べると・・・
葉っぱのサイズより小さかった実が、
確かに大きくなってますね

READ MORE▼

2019.10.27 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「初秋の水巡り」のトップ記事はこちら

191006132446a2.jpg
191006132446
満杯状態の駐車場でしたが、大型バス専用スペースは3台分空いていて
何とか降車出来ました

利用したツアーではバス2台での運行なので
ここ「白駒池」の大型バスの駐車スペースは残り1台分になりました

恐らく、事前に予約してあるのだと思いますが・・・
遅れたりしたら、駐車不可になる事もあるのでしょうかね?

READ MORE▼

2019.10.26 
191022224233a2.jpg191022224233
第1号第2号の後、第3号、第4号が完成

電車好きの孫1号に、これまで散策先で撮った写真を
フォトブックにまとめた物です

フォトブック1号、2号とも孫はいつも見ているそうで、喜んでいるみたい

1号は、2014年までのデーターから
2号は、2015~2016年

そして、今回の第3号は、2017年前半
第4号は、2017年後半から抽出

READ MORE▼

2019.10.25