サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「紅葉狙いでしたが」のトップ記事はこちら

191110181704a2.jpg
191110181704
ツアー最後の訪問地・・・「あしかがフラワーパーク」の
イルミネーションを見学、です

照明の数は500万球

「日本3大イルミネーション」のひとつに認定
(他は、ハウステンボス、さっぽろホワイトイルミネーション、だそうです)

また、ランキングでは4年連続1位を受賞

READ MORE▼

2019.12.11 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「紅葉狙いでしたが」のトップ記事はこちら

191110174806a2.jpg
191110174806
初めて訪れた「あしかがフラワーパーク」

藤の花が有名で、大勢の観光客が訪れる・・・
といった程度の情報しか知りません

最近は専用のJR駅が開業した、とかで
パークの広さも相当なものだろうな、と想像想像

もしかしたら、茨城の「ひたち海浜公園」(開業面積:1919000㎡)ほど
ではないだろうけど、半分くらいはあるのだろうな・・・と。

実際は、82000㎡で、東京ドームの約1.75倍・・・
意外と広くない感じ(後で知ったことですが)

ただ、夜間の訪問で、周囲の様子が全く判らない中、
滞在は1時間との事で、とにかく歩き回らないとならないと
パンフを片手に巡ってみました

READ MORE▼

2019.12.10 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「紅葉狙いでしたが」のトップ記事はこちら

191110153207a2.jpg
191110153207
群馬県桐生市の「宝徳寺」

「床もみじ」はちょっと残念でしたが、境内のお地蔵さまに癒やされました

この後、栃木県に移動・・・買い物の後、ライトアップの見学です

READ MORE▼

2019.12.09 
191123120235a2.jpg191123120235
「E353」系直流型特急電車

中央東線の主力だった「E351」を引退させ、
先日、ご紹介した「E257」を他線区に追い出した転籍させた車両です

2015年に量産先行車を製造、2年間の試験走行等を経て
2017年12月から「スーパーあずさ」で営業運転を開始

翌年2018年3月、「E351」を全て置き換え
7月には、「E257」運用の「あずさ」、「かいじ」の半分超を置き換え

2019年3月、臨時列車以外全てが「E353」に統一
すごい増殖力です

9両基本編成が20本、3両付属編成が11本と
営業運転開始後2年で、213両の大世帯に・・・。

READ MORE▼

2019.12.08 
191207144156a2.jpg191207144156
24時間営業の是非、会社とオーナーの関係・・・
色々とマスコミを賑わしています、コンビニ

深夜に利用される方も多いのかもしれませんが
全国統一で24時間営業が必要なのかは???と思ったり

都内でも、各々のコンビニを合わせれば、相当の店舗が営業中
休める所から、時間短縮も有りだと思うのですが・・・

と、偉そうな事を言っていましたが

懐かしいチョコです

多分、ずっと前から発売してて、どんくさい私が気づかなかったのだろうかと・・・

READ MORE▼

2019.12.08 
191109131756a2.jpg191109131756
先頭車に「貫通式」と「非貫通式」のタイプがある車両は
幾つかありますが、「簡易運転台」付きの特急電車は珍しいでしょうか

国鉄(JR)だと、過去、サロ152(165)に運転台がありましたが
形式名は、サロのまま・・・運転台は営業用では無く回送用と解釈されるべきでしょうね

この「E257」シリーズでは「クモハ」と、運転台付き車両の「ク」の記号が付されています
実際の運転の有無は判りませんが、営業路線を走る事は可能だったようです

READ MORE▼

2019.12.07 
191201145134a2.jpg
191201145134
9mmゲージを収納しているラック・・・
W330×D170×H480mmというディメンションで棚板8枚+底部の計9段

20m級車両の模型なら、1段の棚板に2両編成が3列の6両を収納
ラック1つで54両、2つで108両分、容量があったのですが
ここにきて、ほぼ満車

一方、最近購入した模型が、3車体連接車両

これが、W330mmのラックでは入らない事態となり、
新たに幅広なタイプが必要となりました

で、探し出したのが
W470×D120×H345mmのラックでした

奥行(D)と高さ(H)が小さくなり、2列、6段となりますが
3車体連接車や3両編成はそのまま収納可能となります

READ MORE▼

2019.12.07 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「紅葉狙いでしたが」のトップ記事はこちら

191110152228a2.jpg
191110152228
まだ3時半前ですが、「枯山水」の石庭はすっかり日陰に入っています

お寺の西側の背後には350~450mの山が連なり
早々に太陽が隠れてしまうようです

一方、東側は350~700m級の山が連なっていて
朝の陽射しも遅いのかも・・・

陽が当たる石庭を見たい時は、10時~14時前後の訪問が良さそうです
(本堂から見て、庭は南東側に広がっているので、午後になると、
庇の影が伸びてくるかもしれません。と、なると午後も早い内が良さそうです)

READ MORE▼

2019.12.06 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「紅葉狙いでしたが」のトップ記事はこちら

191110151814a2.jpg

191110151814
桐生市「宝徳寺」の鐘楼の瓦です

こちらの「除夜の鐘」は、「大晦日」の昼間に撞くそうです

昼間なので、子供さんやお年寄りも参加しやすくなるとか・・・
それも有りかも

でも、新年を迎える意味で、昼夜2部制はどうでしょうね
「働き方改革」に反して、ご住職が大変かな?

READ MORE▼

2019.12.05 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「紅葉狙いでしたが」のトップ記事はこちら

191110144118a2.jpg
191110144118
わたらせ渓谷鐵道「大間々」駅

ここからは再び、バスに乗車して移動・・・次に訪れるのは「宝徳寺」
同じ桐生市内に有るお寺で「大間々」駅から約6kmほど東に位置するそうです

READ MORE▼

2019.12.04