国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


野辺山」駅に着きます

131130095022z2.jpg
131130095022
エンジン音を響かせて、あえぎながら
長い登り坂、狭い谷あいを抜けて「野辺山高原」に上がってきました

雲の中を飛んでいた飛行機が雲の上に出た・・・みたいな広々とした青空
今までの山あいの風景が一変・・・平坦な畑が広がる高原です

「信濃川上」駅を出て、右カーブの後、グングン坂を上って、
この高原に至るこの区間は、「小海」線の中、最もドラマチックな車窓でした

READ MORE▼

2020.06.30 
国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


「松原湖」駅からです

131130koumi04.jpg

この「松原湖」駅(標高967.2m)は風光明媚な
松原湖へのアクセス駅です

ただ、駅からバス停のある国道までは坂を登らないとならないので、
鉄道利用の場合は「小海」駅からバスに乗車・・・がベター

この「松原湖」・・・湖に恨みはありませんが、あまり良い印象がありません

自転車旅行の際、中込からエッチラオッチラ自転車をこいで、標高差300m程登ってきて・・・
この「松原湖」駅そばを通過したら、目の前に看板が

「通行止め:国道141号線は改良工事のため
通行できません。松原湖へ迂回して・・・」


ここの標高は990m
で、松原湖畔の標高は1135m
標高差が150mほど・・・

車利用なら、スイスイと登っちゃうでしょうが、こちらはチャリンコ

中込からずっと登ってきてるのに・・・

結局、登りましたよ

で、その後、「松原湖」からは高低差100mの下り坂

折角、登ったのに・・・

この後、野辺山高原へ登りの本番が始まるというのに
一気に体力を消耗してしまいました

という、いきさつです

READ MORE▼

2020.06.30 
国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


「野辺山」へ向かいます
車内からの撮影で窓ガラスの反射が映り込んでいる写真があります

131130084006z2.jpg
131130084006
08:40、「中込」駅(標高673.4m)を出発です

来たディーゼルカーはハイブリッドトレインではなく、一般の車両でした

朝のラッシュ時、「小諸」駅から「中込」駅までは車掌さんが乗車
・・・でも「中込」駅から南は「ワンマン運転」になります

無人駅からの乗車の際は、乗車口で整理券を取ります

READ MORE▼

2020.06.29 
国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


早朝の中込の街を散策です

131130081410z2.jpg
131130081410
晴れ渡って、くっきり見える「浅間山」を見渡せる
ポイントを探しに、駅の東側を歩きました

でも、街中なので、どうしても電線や電柱が視野に入ってしまいます

READ MORE▼

2020.06.29 
20200628171728a2.jpg
20200628171728
午前中の水遣り(2週間に1回)の際には、つぼみ状態だったのですが
夕方、花が開いていました

READ MORE▼

2020.06.29 
国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


「小海」線に乗り換えます

131130074205z2.jpg
131130074205
07:42、「佐久平駅」(標高702m)に到着しました
乗換階段は目の前

「軽井沢」から240mほど下ってきています
この駅は珍しく、在来線の駅の下に新幹線のホームが。

「佐久平」では「小海」線に乗換なのですが、待ち合わせの時間がたった2分
それを逃すと、22分待たないとなりません

普通、新幹線と在来線は接続している筈ですが、はたして2分で乗換可能なのか・・・

不安で事前に「
知恵袋」で相談・・・「待つ」と回答を戴きました

しかし、通しの切符なら連絡改札口を通れば良いのだけど
今回の切符は「佐久平まで」と「佐久平から」の
2枚

連絡改札口を通れないと、一旦、改札を出る事に・・・
それでも間に合うのかどうか

改札に居た駅員さんに切符を見せたら有人の「連絡改札口を通っていいです」と
言われたのだけど、でも、その改札にいた駅員さん、切符の確認に手こずって・・・

その時

改札の通路越しに見える50mほど先のホームに「小海」線の列車が入ってきてる~
佐久平駅構内図


走りました~

READ MORE▼

2020.06.28 
国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「小海線で散策」(再)のトップ記事は
こちら


「佐久平」へ

131130065531z2.jpg 131130065531
長野新幹線「あさま」は「大宮」駅を発車

「大宮」までは最高速度130km/hですが、ここからは240km/h運転になります
(車窓の写真も撮り難い

車窓右側に・・・多分、茨城県の「筑波山」(標高877m)
「ガマの油」の口上でも有名な山ですね

標高は然程高くないのですが、平らな関東平野にポコッとそびえるので目立ちます
新幹線から、こんなにくっきり見えるのは久々です


READ MORE▼

2020.06.28 
国内における新型コロナウィルスの
爆発的な感染は収まりつつある状況です

今後ですが、状況をみながら、3月の箱根散策以降、休止した旅・散策を
再開したいとは考えたりしていますが、仕事の方はいまだ時短・交替制の勤務状態

そんな状況下で、あちこち出かけてよいものか?と・・・。

気持ちの上でも、不安無く、出かけられるようになるまで
もう少し自粛を続ける事にしました

拙ブログでも、旅・散策に関しましては
もう暫くの間、過去の散策記事を再掲載させてください

第7弾は、2013年11月30日の長野県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

今年9月(2013年)に訪れた碓氷峠

その記事内でも記載した1973年の自転車旅行では碓氷峠を越えてから、
軽井沢を経て佐久へ・・・小海線沿線の国道141号を走りました。


131130koumi01.jpg

自転車旅行では
2日めに碓氷峠麓の「横川」を出発し、「軽井沢」、「御代田」を経て
「佐久」へ下り、「中込」で宿泊。

3日めは、国道141号を南下、ひたすら坂を登って「野辺山」を経て、「清里」で宿泊。

4日めは、国道141号で「韮崎」を経由し、身延山近くの「波高島温泉」まで
・・・というコースでした。

今回は、そのコースを再度、訪問です(体力無いから、鉄道で・・・)

「野辺山」、「清里」は10数年前にも訪れましたが
「佐久~野辺山」は自転車旅行以来、40年ぶりです

長野新幹線で出発します

READ MORE▼

2020.06.27