コロナ禍となって1年が過ぎましたが、依然、感染の猛威が継続しています

業務の方は、現在も時短・交替制をとっていて、散策は自粛しないとならない状況
もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第25弾は、2015年06月28日の神奈川県への
日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「朝飯前の散策」(再)のトップ記事はこちら


「大雄山 最乗寺」の「奥の院」へ向かいます

150628094830z2.jpg
150628094830
この石段の上に、「大雄山 最乗寺」の最高地点となる「奥の院」が・・・

予め、サイトで下調べをして、この石段の存在は判っていました
実際に見てみると、上方に終点らしき所が確認出来るし
思っていた以上でも無さそう・・・との感覚

何段くらい、有るのだろう・・・と
この位置から数えながら上がってみます

READ MORE▼

2021.05.15 
コロナ禍となって1年が過ぎましたが、依然、感染の猛威が継続しています

業務の方は、現在も時短・交替制をとっていて、散策は自粛しないとならない状況
もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第25弾は、2015年06月28日の神奈川県への
日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「朝飯前の散策」(再)のトップ記事はこちら


いよいよ・・・

150628094028z2.jpg
150628094028
正面の門が「結界門」
門より先は、
道了大薩の浄域とされるそうです

渡っている橋は「、
圓通橋(えんつうばし)」・・・
左側の封鎖された「御供橋」(ごくうばし)を挟んで両側にあります

「御供橋」は、白装束の修行僧がお供えする際にのみ使われるとか・・・。

「結界」と聞くと、何かシールドされているうような
特別な空間との印象・・・自然と厳かな気持ちになります

こちらもパワースポットと言われているそうです

READ MORE▼

2021.05.14 
20210504133120a2.jpg20210504133120
長野電鉄「2000系」

1957年~1964年の間に4編成(A~D)製造
「長野」と志賀高原の入口「湯田中」を結ぶ特急用車両でした

模型は、D編成、復活りんご塗装、夏姿仕様・・・だそうです

「りんご塗装」と「夏姿」って何?って問いたくなりますが

個人的には1度だけ乗車した事がありました

READ MORE▼

2021.05.13 
コロナ禍となって1年が過ぎましたが、依然、感染の猛威が継続しています

業務の方は、現在も時短・交替制をとっていて、散策は自粛しないとならない状況
もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第25弾は、2015年06月28日の神奈川県への
日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「朝飯前の散策」(再)のトップ記事はこちら


「大雄山 最乗寺」境内です

150628092317z2.jpg
150628092317
「大雄山 最乗寺」の境内を巡ります

「瑠璃門」から入り、奥に見える「書院」を経て「本堂」の前に立ちます

この「書院」や「本堂」の前の広場は山中とは思えない広い空間
・・・東側の白雲閣から西側の僧堂まで約100mはありそう

サッカーグラウンドの広さに匹敵?

READ MORE▼

2021.05.13 
20210511072537a2.jpg20210511072537
少なからずショックだった、赤ちゃんメダカの消失・・・でしたが
昨朝も起床後、エサを与えに庭のスイレン鉢へ。

念のため、スイレン鉢と孵化用容器を丹念に調べてみましたが
やはり、残っていた赤ちゃんは1匹だけです

大事に育てていき、今、親メダカが抱いている新しい卵を
何とか孵化させないと・・・と思いつつ

排水した小水槽の蓋を開けてみたら、何か小さいのが動いています

READ MORE▼

2021.05.12 
コロナ禍となって1年が過ぎましたが、依然、感染の猛威が継続しています

業務の方は、現在も時短・交替制をとっていて、散策は自粛しないとならない状況
もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第25弾は、2015年06月28日の神奈川県への
日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「朝飯前の散策」(再)のトップ記事はこちら


「最乗寺」の境内に着きます

150628090923z2.jpg
150628090923
神奈川県南足柄市「大雄山 最乗寺」の境内へ向かっています

石段が続く参道の脇に並ぶ「寄進碑」です
信者の方や地元の方々からのご寄進が記されています

山の中で、碑が苔むして建つ風情もなかなか良いものですね

ここに至るまで、坂が多い、石段だらけ、とぶーぶー言いましたが
緑に包まれた参道・・・とても良さげです

READ MORE▼

2021.05.12 
20210509115619a2.jpg20210509115619
鮮やかな紫色の花で楽しませてくれた「シラーペルビアナ

花が終わり、その後には「実」?が出来ています

大きさは・・・8mm程でしょうか

READ MORE▼

2021.05.11 
コロナ禍となって1年が過ぎましたが、依然、感染の猛威が継続しています

業務の方は、現在も時短・交替制をとっていて、散策は自粛しないとならない状況
もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第25弾は、2015年06月28日の神奈川県への
日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「朝飯前の散策」(再)のトップ記事はこちら


ここから本番です

150628085108z2.jpg
150628085108
開けた斜面にある,バスの終点「道了尊」停留所

その前を通り、50mほど進むと三つ又の分岐点です

中央に向うと「大雄山 最乗寺」の境内へ。
右方向は、「明神ヶ岳ハイキングコース」への道・・・
ここから2時間40分、4.9kmの道のりだそうです

この日、「最乗寺」に向う人より、
ハイキングコースに入る人の方が多く見られました

人気のコースのようです

READ MORE▼

2021.05.11