サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
ハスを見に」のトップ記事はこちら
「古代蓮の里」に着きました
150712070517a2.jpg

150712070517
朝6時30分発のバスでやってきたのですが
一般の駐車場はすでに満杯・・・入り口前で空き待ち状態です
路線バスがロータリーに入る際だけ、
交通係員が通行止めの看板を移動して、進入させてくれます

サイト等で多少の混雑は予想していましたが、
朝6時台からこれほど来園とは、想定外でした

150712065453a2.jpg
150712065453
バス乗降場で下車すると・・・特に公園の入り口がある訳でもなく
ハス池が広がっています
周囲に囲いも見えないし、どういう構造なのでしょう・・・

コレって人工池?
多くのハスで埋めつくされているので、状況がよく判りません

150712065510a2.jpg

150712065510
「毎葉蓮」(まいようれん)
花弁数20枚前後の一重咲種。花色は濃いピンク色で条線は鮮明

この池は「世界の蓮園」エリアなのだそうです・・・。

150712065522a2.jpg

150712065522
写真左側に駐車場やバス停留所があり、右側にベンチ等が・・・。
その間に、巾10mほどのハス池が広がっています
池の内部には遊歩道が設けられていて、間近でハスの花を見る事が出来ます

この日は「行田蓮まつり」(7時~13時)が開催されてイベント用のテントが並んでいます
だから、早朝から人出が多いのですね

150712065635a2.jpg

150712065635
ハスの花の命はたった4日間だそうです

開花初日:朝6時頃から花弁が開き始め、3~4cm開いて朝8時頃に閉じます
開花2日め:早朝から咲き始め、7~9時頃に満開。その後、再び、閉じます
開花3日め:前日同様に開きますが、花色は退色化。閉じかけたまま夜を迎えます
開花4日め:7時頃に完全に開き、朝8時頃から散り始めます。お昼には全ての花弁が散ります

何か、花の命の短さを顕著に表していますね

この花は3日めの朝を迎えた頃でしょうか・・・

150712065732a2.jpg

150712065732
同じ「紅蓮系統」「一重」でも、色んな種類があるそうです

「毎葉蓮」:花弁が20枚前後
「姫蓮」(ひめはす):花弁が14~18枚
「即非蓮」(そくひれん):小型で花弁が20枚前後
「漁山紅蓮」(ぎょざんこうれん):花弁が15枚前後
「大賀蓮」(おおがはす):大型で花弁が14~18枚

同じ系統でもこれだけ分類されているとは思っていませんでした

150712070206a2.jpg

150712070206
「西光寺白蓮」(さいこうじびゃくれん)
花弁数20~26枚の一重咲種。花色は純白で外弁は僅かに緑色を帯びている

150712070551a2.jpg

150712070551
「真如蓮」(しんにょれん)
花弁数18~24枚の一重咲種。花色は白色で外弁は常緑色を呈する。

150712072628a2.jpg
まだ、園内地図の最下端、「世界の蓮園」からのご紹介だけです

この後もハスの花ばかりじゃ、ブログ記事にし難いなあ~

訪問日:2015年7月12日
つづく(全8回)

関連記事

2015.07.23 


Secret