サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
瓢箪から旅」のトップ記事はこちら
陽が上がってきました
150726053140a2.jpg

150726053140
5時31分、「明神岳」と「「六百山」の間のから
昇ってくる太陽が見えてきました
前日に歩いた「明神池」への谷筋から上がってきます

この日の長野の日の出時刻は4時48分・・・約40分遅れての日の出です

150726053430a2.jpg
150726053430
6時53分、陽射しが朝もやを浮かび上がらせています
正面が「明神岳」(2931m)、その左側、ちょこんと飛び出たのが
「前穂高岳」の頂上です【3090m)

150726053535a2.jpg

150726053535

5時35分。梓川右岸のケショウヤナギにも
朝陽が当ってきました

150726053828a2.jpg

150726053828
5時38分、時間が経つにつれて山に近い樹林にも
陽が当りだしてきます
上高地が一気に明るくなってきた感じです

150726054050a2.jpg

150726054050
5時40分、「明神岳」の急傾斜がシルエットで浮かび上がります

150726054211a2.jpg

150726054211
5時42分、右から「天狗岩」(2909m)、「間ノ岳」(2907m)、小さいピーク、
大き目のピークを過ぎて「西穂高岳」(2908.59m)、
更に小さなピーク、大き目のピークを過ぎて「ピラミッドピーク」と連なります
陽の当たった部分が山の斜面を少しずつ下がってきています

150726054436a2.jpg

150726054436
5時44分、西側にそびえる「焼岳」(2455m)
朝陽が山裾まで達しました

150726054457a2.jpg

150726054457
5時44分、前日は中央部が雲に隠れ気味でしたが
右側の「明神岳」から左側の「西穂高岳」まで、今日は稜線がくっきりと見えています

150726054645a2.jpg

150726054645
5時46分、梓川の水面に漂う朝もやは大分薄まってきた感じです

150726054745a2.jpg

150726054745
5時47分、望遠ズームで・・・右が「天狗岩」、左が「間ノ岳」
岩陰の所々に残雪が見えます

150726054807a2.jpg

150726054807
5時48分、同じく西穂高岳と奥穂高岳の中間部付近
中央の尖った部分が「ロバの耳」と呼ばれる岩峰だそうです
その右側は「ウマノセ」と呼ばれる超難所
「ロバの耳」の左側に、岩の要塞状の「ジャンダルム」
この写真で写っている範囲・・・越えるだけで3時間はかかる難所だそうです
私には想像できない世界・・・

訪問日:2015年7月25~26日
つづく

関連記事

2015.08.16 


Secret