サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
30分のショー」のトップ記事はこちら
「みはらしエリア」に着きました
150822162002a2.jpg

150822162002
ひたち海浜公園「西口ゲート」から約1.1km、「みはらしの里」に着きます
西口ゲートから撮りながら歩いて、約15分です

帰りのバス時刻に合わせるとしたら・・・
丘の上からだと、やはり25分前に出ないとならないでしょうか
となると、7時には出発
3時間のショーの内、1時間しか見れません

正面の丘は「みはらしの丘」
春は「ネモフィラ」、この時期から秋まで「コキア」で覆われます

150822162148a2.jpg
150822162148
丘の下・・・春にはネモフィラに覆われていましたが、今は土だけになっています
コキアが紅葉した頃は、たしかコスモスと蕎麦の花で覆われていました
これから育てるのでしょうか・・・。

そして、この松?の木
ネモフィラの頃は、とてもポイントとなる木です
個人的には、北海道・美瑛の丘に立つポプラの木と同じくらい
重要・・・かな?って思います

150822162234a2.jpg

150822162234
「みはらしの里」には、ヒマワリが、約3万本・・・だそうです

それだけでも大したもんだ~と思っていたら、パンフによると
「東口・赤のゲート」近くの「泉の広場フラワーガーデン」にはヒマワリが46品種、約3400万本
ここの1000倍の規模・・・想像が付きません

150822162552a2.jpg

150822162552
で、3万本のヒマワリに隣接して、「ジニア」

「ジニア」は別名「百日草」
この「みはらしの里」では6品種、35万本が育てられているそうです

どの植物も「万本」単位で、規模が違う・・・花に酔いそうです

150822162633a2.jpg

150822162633
「みはらしの丘」に向かって、「ジニア」「ヒマワリ」「コキア」と続きます

この辺り、春は「菜の花」でしたね
150426090311a2.jpg
今年4月の訪問時、奥は「ネモフィラ」

150822163100a2.jpg

150822163100
逆に「みはらしの丘」側から見ると、手前に「ヒマワリ」、奥に「ジニア」

自宅の猫の額ほどのベランダガーデニングでさえ
日々の水遣りに悶々としているのに・・・
これだけの規模と本数、どうしているのでしょうか

150822163143a2.jpg

150822163143
ヒマワリの花って太陽の方角を向く・・・って聞いた覚えがあったのですが
夕方4時31分のこの時間、太陽は奥側に傾いています

ヒマワリの花から見ると、背を向けた状態
一足先に、明日の日の出を待つ態勢を整えたのでしょうかね

150822163258a2.jpg

150822163258
順光に背を向けた「ヒマワリ」たち・・・反抗期なの?


訪問日:2015年8月22日
つづく

関連記事

2015.08.31 


Secret