サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁1。」のトップ記事はこちら
「八高線」に乗ります
150919100453a2.jpg

150919100453
埼玉県日高市、JR「高麗川」駅ホームに
軽やかなエンジン音が響きます

10時17分当駅始発、高崎駅行きの八高線列車
高崎までは1時間27分、ワンマン仕様の2両編成です

八王子市と高崎市を結ぶ八高線は、全線非電化時代は、通しで
気動車(ディーゼルカー)による運行でしたが、八王子-高麗川が電化されて以降
八王子から川越線へ電車が直通するようになりました。
(正面窓ガラスに、川越線直通電車が映っています)

関東地方のJR線で非電化路線は、この八高線の他
千葉県の久留里線、茨城県の水郡線くらいでしょうか・・・
その中で、東京に一番近いのが、この八高線です

なのに・・・人生、初乗車
都内から北関東へは高崎線、埼玉県西部へは東武線が便利なので
利用する機会がないのですよね

150919101929a2.jpg
150919101929
「高麗川」駅を発車して、約2分・・・川を渡ります
先程、曼珠沙華を見てきた巾着田を流れる「高麗川」です
少し下流なのですが、川幅は随分、広くなった感じ

ディーゼルエンジンの爆音をあげて加速・・・
制限速度に達すると、エンジンオフにして静かな走り
ディーゼルカー独特の走行音が流れます

強力エンジンの特急ディーゼルカーの爆音に比べると、
軽やかな感じの音ですが、想像以上に速度が速いです

前に乗った久留里線が50km/h前後の遅い速度だったので
八高線も同じだろう・・・と思っていたのですが、段違いに速いですね~

150919102232a2.jpg

150919102232
民家が点在していますが、緑の中を走行

すると、畑の先に突然、大きな建物が並ぶ市街地が見えてきます
毛呂駅近くの埼玉医大、病院そして宗教関係の施設だそうです

150919110209a2.jpg

150919110209
沿線はずっと山沿いの風景が続くのかと思っていたのですが
「越生」、「小川町」と東武鉄道線との接続駅とその街並みが広がるシーンが何度か

東武東上線の終点ともなる「寄居」駅に着く前に大きな川を渡ります
下流域で東京都と埼玉県の県境にもなる「荒川」でした

この奥側が上流で、有名な景勝地「長瀞」、更に秩父市へ繋がります

150919110413a2.jpg
150919110413
11時4分、「寄居」駅に停車中

駅前に近代的な建物・・・寄居町役場、だそうです
地元の区役所より立派です

150919111133a2.jpg

150919111133
軽やかなエンジン音を響かせて
「用土」駅を出て、「松久」駅へ向かいます

稲穂が実る水田の周囲に曼珠沙華

この時期、頻繁に紅い曼珠沙華が見られますね

150919111435a2.jpg

150919111435
こちらでは、畑に一株の曼珠沙華・・・
ディーゼルカーは埼玉県本庄市を走行中

遠くに特徴ある山並みが見えます(おっぱいみたい
「御荷鉾山(みかぼやま)」・・・群馬県藤岡市、神流町にある山
左が「西御荷鉾山」【1287m)、右が「東御荷鉾山」「1246m)

150919112018a2.jpg

150919112018
その右側奥に、特徴ある鋭い峰が並ぶ山塊が見えてきます
ゴジラの背中のような、「妙義山」
日本三大奇景のひとつ・・・だそうです
垂直に切り立った岩が連なり、遭難事故が多数発生している事でも有名
・・・難関度は、日本最難関と言われる、北アルプスの
前穂高岳~奥穂高岳の道にも匹敵すると言われているそうです

これから、あの妙義山の裏側へ向かいます
勿論、見るだけです

150919112547a2.jpg

150919112547
「神流川」を渡ります・・・「埼玉」県と「群馬」県の県境です

奥の方向、「神流川」を遡っていくと、あの日航ジャンボ機
墜落事故で有名になってしまった上野村に至ります

150919113205a2.jpg

150919113205
平野部に出てきました
「八高」線にはトンネルがひとつも無いそうです
丘陵や山あいを走るのに、意外ですね

北西方向から真北へ向きを変えると「上越新幹線」をアンダークロス
正面の水田の先には「上信越道」が走っています

150919113555a2.jpg

150919113555
高崎に近づくにつれ、車内に立ち客が目立ってきます
土曜日なので、学生さんが多いかな


150919113653a2.jpg

150919113653
高崎線と並走しながら、川を渡ります
「烏川(からすがわ)」です・・・先に見える分岐で右へ向きを変え、榛名山麓を抜け
長野県との県境付近にある「鼻曲山」が水源・・・だそうです

左から合流してくるのは「鏑川(かぶらかわ)」・・・
世界遺産で有名になった富岡市を経て、下仁田を抜け
長野県との県境にある物見山が水源・・・だそうです

150919114314a2.jpg

150919114314
「八高線」の終点「倉賀野」駅からは「高崎」線に入ります
高性能通勤電車や特急電車も走る高崎線
八高線では最高速度85km/hでしたが、高崎線では100km/まで加速
エンジン音も高らかに、飛ばしていきます

高崎駅構内に近づくと、「上信電鉄」路線と並走
・・・凸型の電気機関車が停車していました
大正13年にドイツから購入した、この電気機関車は
「上州のシーラカンス」と呼ばれているとか

150919114514a2.jpg

150919114514

11時44分、「高崎」駅に到着しました
「高麗川」駅から「高崎」駅まで65.3kmを87分
表定速度は45.03km/h・・・各駅停車にしては早いですね

高架上に見えるのは、上越新幹線ホームです
この後、信越本線に乗換ます

hachiko.jpg
訪問日:2015年9月19日
つづく
関連記事

2015.10.06 


Secret