サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
花と古墳と城址」のトップ記事はこちら

170708095410a2.jpg

170708095410
「古代蓮会館」の見学を終えて、再び、陽射しの強い屋外に出ました

お隣、熊谷市のアメダス、9時50分には30.7度に・・・。
そんな事は露しらず、単に「暑いなあ~」と、バスを待ちます

バス停近くで、この日、初の水分補給・・・
喉が渇いていても、ゆっくり飲みましょう(教訓)

170708095754a2.jpg 170708095754
シャトルバスが到着しました・・・発車は10時です

暑い事は暑いですが、前回訪問時よりは消耗度が少ないかな?

上空は快晴だけど、低い位置は少し霞んでいて
熱射量もやや弱かったのか、体力に余裕はある感じです

170708100014a2.jpg
170708100014
でも、エアコンの効いたバスに乗ると、降りたくなくなりますね

gyodaa2.jpg
地図右上のの部分が「古代蓮の里」。今、居る所です

これから向かうのは、やや左下の部分・・・「埼玉古墳群」です
(今回の散策で利用したJR高崎線の「行田」駅は左下のの中)

170708100225a2.jpg
170708100225
シャトルバス・・・往路と復路のルートは異なります。
往路は、青い破線、復路は、緑の破線(地図上)

周囲は水田、畑、池が広がって、日陰が少ない道・・・
この時期、歩いている人は居ませんね

170708100307a2.jpg
170708100307
バスはだだっ広い平坦地を走行中

左手の塔は「古代蓮会館」の展望台、右手の煙突のある施設は「行田市ごみ処理場」

170708100924a2.jpg
170708100924
行田市埼玉の町に入りました
周囲に田畑が多いお土地柄、耕運機とすれ違います

「埼玉」は「さいたま」ではなく、「さきたま」と呼びます
この「埼玉(さきたま)」が埼玉(さいたま)県名の発祥地

なので、この付近は「埼玉県行田市埼玉」(さいたまけん、ぎょうだし、さきたま)
・・・ややこしいです

170708101124a2.jpg
170708101124
バスを降車・・・「さきたま古墳公園」です
このバス通りの両側に古墳が点在しています

昨年はバスの車内から見てました・・・「だだっ広くて、ひときわ暑そうな所だな」と

sakitamaa2.jpg
実際の地図で見ると、更に広々としていますね
2017年現在、総面積は37.5ヘクタール、だそうです。

「2017年現在」とことわったのは、まだ拡張途中で、最終的には97ヘクタール
まだ半分も整備が済んでいない状態なのだとか・・・。

170708101519a2.jpg
170708101519
駐車場近くに早速、最初の古墳
右側にバス通りの信号機が見えています・・・ホントに街中にあるのですね

170708101354a2.jpg
170708101354
全長53mの「愛宕山古墳」
調査は実施されましたが、墳丘内部はまだそのままの状態なのですね

「さきたま古墳公園」にある古墳で、発掘が行われたのは
9基の内、まだ2基だけなのだとか

170708102210a2.jpg

170708102210
「愛宕山古墳」が造られた時期は6世紀前半
1500年前となると、丘上部にある樹木は古墳完成後に植えられたのでしょうね

先の写真とこの写真の撮影時刻に10分ほどの時間差があります

「古代蓮の里」で一気に冷たいジュースを飲んで・・・
急にお腹がゴロゴロ

慌てて、駐車場にあるトイレに駆け込みました~

公園特有のあまり綺麗でないトイレだったらどうしようと心配
(実際はそんな余裕もありませんが)しましたが、
車椅子対応施設も付いた綺麗なトイレでした

訪問日:2017年7月8日
つづく
関連記事

2017.07.24 


Secret