サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923143503a2.jpg
170923143503
北越急行「ほくほく」線、最後の停車駅「虫川大杉」にて

先頭部に取り付けられた列車愛称板
よ~く見ると、タートルの絵柄の背景は「亀の甲羅」

芸が細かいです

170923143515a2.jpg
170923143515
14時45分発・・・発車まであと10分ほど。
終点の「犀潟(さいがた)」駅まで25分程のラストラン

通常の普通電車だと13分の行程なので、再び超低速運転をするようです

170923143713.jpg

170923143713
発車前、ライブ装置をテスト中・・・問題なく稼働しています
(でも今回、運転時間の1/3も映っていません

社員さん曰く、トンネルに入ると調子が悪くなる・・・そうで
トンネル直前では心臓バクバクだそうです

170923145513a2.jpg
170923145513
「大池いこいの森」駅を過ぎ、「中島トンネル」(250m)を抜けると
広々とした田園地帯・・・高架橋を走ります
遠くに見えるのは「米山」(993m)、綺麗な山型です

150307123715a2.jpg

150307123715
冬晴れの米山

170923145537a2.jpg
170923145537
新幹線並みの高規格線路を超低速で走行

田んぼの間の道を、学校帰りの高校生?
「スノータートル」を抜いていきます

170923145919a2.jpg
170923145919
並走する事、4分後・・・ママチャリは交差点の度に一時停止しているのに、電車は負けています

150307124156a2.jpg

150307124156
途中にある「くびき」駅の駅舎
珍駅として有名です
訪問時の記事はこちら



170923151139a2.jpg
170923151139
15時10分、予定通り「犀潟」駅に到着

「第6弾 スノータートル」の旅も終了です

170923151202a2.jpg

170923151202
ゆっくり名残を惜しみたいのですが、この後の接続が・・・
乗車予定の長岡方面は、7分後の15時17分を逃すと、次は16時35分
・・・この後のプランが全てご破算になってしまいます

なので、急いで跨線橋を渡って、信越本線のホームへ移動

170923151247a2.jpg
170923151247
JR信越本線「犀潟(さいがた)」駅

北越急行を利用する事が無かったら、
一生、読み方が判らないまま終わってた・・・かも

170923151513a2.jpg
170923151513
スノータートル「ゆめぞらⅡ」が直江津方面に回送されていきます

添乗員さんが手を振ってくれてますが、
気づいているのはこちらのホームに居る人たちだけ

170923151518a2.jpg
170923151518
お世話になりました

訪問日:2017年9月23日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2017.10.14 


Secret