サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923171104a2.jpg
170923171104
新潟県柏崎市、JR信越本線「青海川(おうみがわ)」駅

「日本一、海に近い駅」と評される有名な駅ですね

でも、定期列車が1日12往復と多くはないので、
きちんとプランを立てて訪れたい駅

この駅の知名度を広げたのが、1993年のTVドラマ「高校教師」
最終回で主人公ふたりが列車を待った駅。
その後、車内の座席で、目をつぶっているふたり。
小指に赤い糸を巻き付けた手がだらりと垂れ下がって、終了・・・。

結末がはっきりせずに、話題になったドラマでしたね

170923171123a2.jpg 170923171123
薄暗くて見づらいですが・・・

弁天岩に繋がる岬を戻ると、右端の方に「手すりの無い階段」が・・・
見える範囲で3階くらいの高さの上、老朽化して一部崩れているそうです

紹介しているサイトがありました→こちら

再び、上りホームで、列車接近の放送が流れます

170923171234a2.jpg
170923171234
トンネルから出てきたのは・・・見た事の無い塗色のディーゼルカー

170923171331a2.jpg
170923171331
前記事にアップした装飾した駅名標を生んだ、快速「越乃Shun*Kura」でした

「スノータートル」でも通った「十日町」駅を14時50分に出発
「越後川口」、「長岡」とJR飯山線、上越線を経て、この信越本線を走ってきました

この後、「直江津」を通り、北陸新幹線の接続駅「上越妙高」に18時38分到着予定

快速なので、運賃+指定席券購入で乗車出来るそうです(3号車)
(第3セクターの「直江津-上越妙高」間は指定席券不要)

1~2号車は、食事付きの旅行商品として乗車(東京から1.9~2.3万円程度)

170923171245a2.jpg
170923171245
「越乃」は、越後、「Shu」は酒(しゅ)、「*」は米、雪、花、
「Kura」は蔵・・・を意味し、越後の酒造と豊かな自然をイメージしたのだとか。

車内では音楽の生演奏が行われ、
1、3号車では、地酒がふるまわれ、2号車では利き酒が楽しめる
・・・飲兵衛向きの観光列車です

170923171310a2.jpg
170923171310
1号車のボックスシート席のテーブルには宴の残痕が・・・

170923171233a2.jpg
170923171233
2号車はイベントスペースとサービスカウンター

170923171627a2.jpg
170923171627
この「青海川」駅では22分間の停車

酔いを覚ましに、お客さん達がワラワラと出てきます

170923171814a2.jpg
170923171814
この日の日の入りは17時40分、
一方、「越乃Shu*Kura」の発車は17時33分

10月になれば、この駅で日の入りシーンを見る事が出来るのかも

170923171928a2.jpg
170923171928
私の出発は17時51分なので、日の入りをしっかり楽しめる
・・・筈だったのですが、なんだかな~

でも、ギリギリまで奇跡を信じて、待ちます

170923172031a2.jpg
170923172031
「越乃Shun*Kura」の発車時刻が迫ってきたのか
お客さん達が列車に戻っていきます

再び、静寂が・・・
さらに、空が・・・北の空の雲が切れてきました

170923172259a2.jpg
170923172259
ここでちょっとした出来事・・・
「越乃Shun*Kura」の車内から、私に必死に手招きするお客さんが・・・。
ドア窓越しなので、声は聞こえませんが、どうやら呼んでいる様子。

私が同乗者だと勘違いして、早く列車に戻ってこいと言っている風。
さらに乗務員にも伝えたようで、車内で乗務員さんが慌ただしく動き回ってます

私としては無視するしかなく・・・海を眺めてましたが

170923172607a2.jpg
170923172607
日の入りの14分前

沖合の空が染まってきています
僅かですが、光の筋も射しているようです・・・もしかしたら太陽が姿を現す?

170923173152a2.jpg

170923173152
日の入りの8分前

雲の隙間が明るく照らされています・・・太陽でしょうか?

水平線には影・・・方角的に島は無いし、能登半島なら繋がっている筈
船の影でしょうか?

170923173329a2.jpg
170923173329
17時33分、「越乃Shun*Kura」が出発していきます

終点の「上越妙高」駅まで1時間5分・・・残念ながら夕陽はダメでしたが
もう少し宴会が出来ますね

私はまだ夕陽を期待して待ちます・・・。

訪問日:2017年9月23日
つづく(全18回)
関連記事
スポンサーサイト

2017.10.20 


Secret