サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

スノータートル」のトップ記事はこちら

170923175114a2.jpg
170923175114
「直江津」発の普通電車で17時に到着・・・51分間の滞在の後
17時51分発の「直江津」行き電車に乗車します

JR信越本線「青海川」駅・・・。

昼間は青空が広がっていたのですが、夕方近くになるにつれ雲が広がり
日の入りを見るのは不可能と(あの観光列車のお客さん)誰もが思った筈ですが・・・
数分間だけ、雲に空いた隙間から太陽が見えたので、御の字です

170923175639a2.jpg
170923175639
「青海川」駅、17時51分発・・・平日ならクラブ活動帰りの学生さんが乗る時間帯でしょうか
この日は土曜日なので、学生さんの姿は数人・・・。

この後の時間、やってくるのは3本

18時28分発・・・会社員さんが退社後、利用する時間帯かな?
20時18分発・・・軽く一杯、やって帰るのなら、この電車?
この後、3時間空いて
23時17分発・・・しっかり飲んだら、この最終電車です

170923175846a2.jpg
170923175846
17時58分、「米山」駅に停車
すっかり陽が落ちて、海の様子は全く判りません

下り線のホーム・・・あと5分程で「長岡」行き電車が到着予定なのですが、人影はありません

「柏崎市統計年鑑」によると、無人駅になる前、2010年の1日平均乗車人員が33.7人
1日24往復の運行数なので、1本当たり1.4人の乗車数・・・だそうです

運転本数が少なすぎて、利用しづらいですし、やはり、皆さん、車利用なのでしょうか・・・

170923180852a2.jpg
170923180852
18時4分、次の「柿崎」駅に着くと、窓を打つ激しい雨音
いきなりのゲリラ豪雨?

ホームの待ち人も屋根が有る箇所から動けない程の降り方です

ここでは貨物列車の通過待ちで、7分停車・・・貨物優先の路線です

170923182545a2.jpg
170923182545
18時24分、「犀潟」駅に到着・・・ホームは全く濡れていませんね

すでに、乗り換える「ほくほく」線の電車が停車中です
発車は18時54分と、30分の余裕があります

ほくほく線の電車にはトイレが無いので、ここで済ませておきます

170923182917a2.jpg
170923182917
調べてみると無人駅ではなく、業務委託駅・・・だそうです
でも、この時間帯は誰も居らず、トイレを探しに表に出てみます

駅舎入り口に掲げられた、立派な駅銘板です

この駅は、新潟県に残存する中で最古の木造駅舎なのだそうですが
暗くて、撮影は出来ませんでした

そんな最古の駅のトイレとなると、かなり危なっかしいイメージだったのですが

170923182817a2.jpg
170923182817
驚くほど、綺麗で清潔なトイレでした

170923182939a2.jpg
170923182939
ホームに入る改札口上には、あの駅銘看板

ほくほく線開業10周年で片岡鶴太郎氏が描いた作品(原書を印刷加工)です

170923183046a2.jpg

170923183046
トイレを済ませ、ほくほく線乗り場へ戻ります

ホームに人影は見えません

170923183126a2.jpg
170923183126
半自動ドアを開けて入ると・・・2両編成の車内、運転士さん以外、誰も居ません

こういうシーンを見ると、「赤字」という言葉を重たく感じてしまいます

特急「はくたか」運転時は、この時間帯でもかなりの乗車人員でした
写真は遅い時間帯のグリーン車・・・背ずりが高く人影は判り難いですが、
網棚にはそこそこ荷物が置かれています)

170923183707a2.jpg
170923183707
ちょっと古くさい感じのクロスシートですが、クッションはとても柔らかい
最新電車の硬いシートより全然、マシです

170923185053a2.jpg

170923185053
隣のホームに、妙高はねうまライン線「新井」駅始発
「新潟」行き、快速電車が到着・・・。

ワラワラと多くのお客さんが乗り換えてきます

良かった

訪問日:2017年9月23日
つづく(全18回)
関連記事

2017.10.24 


Secret