サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

Fe補給の散策01」のトップ記事はこちら

171104122745a2.jpg

171104122745
冬の低い陽射しを浴びているディーゼルカー
千葉県、房総半島の内陸部を走る「いすみ鉄道」です

車番は「301」・・・と。
2012年に導入された新車だそうです

「大多喜」駅で行き違いにより、10分停車中
対向車が来る間、ホームに出て一息・・・。
171104123116a2.jpg 171104123116
対向車が到着するホーム脇に、懐かしい色合いのディーゼルカーが・・・
「キハ20-1303」との表示

キハ20と言えば、1950~1960年代のディーゼルカーです
と、思いきや、国鉄時代の旧塗色風に塗った「新車」のようです

窓が無い部分で、旅客と貨物の合造車かと、一瞬、勘違いしてしましました

171104123246a2.jpg
171104123246
乗車してきた「301」・・・「ムーミン」のヘッドマーク

ムーミンをデザイン化した車両を走らせている理由を、社長さんのブログから抜粋

1:ムーミンたちは、自然を愛し、家族みんなで仲良くお花畑の中で暮らしている。  
2:ムーミンのお話の世界には相手をやっつけるとか、勝った負けたということがなく、
相手を尊重し、優しく接している・・・からムーミン列車を走らせたそうです

171104122813a2.jpg
171104122813
車内の車いす対応トイレの端部に展示ルーム?が・・・
「台湾」の鉄道との姉妹鉄道締結書が展示されているようです

171104123202a2.jpg

171104123202
新型電車にも見られる、ワンハンドル式
最高速度は95km/h

最高速度を出す機会は無さそうですが、
思っていた以上に軽やかに走ります

171104123447a2.jpg
171104123447
7分ほど経って・・・対向列車がやってきました

朝、「大原」駅で見た、国鉄急行色のディーゼルカーのようですが
ヘッドマークが異なっています
朝見たのは、快速「房総の休日」・・・土曜、休日の朝、上り1本だけ運転される列車だそうです

「快速」はこの「急行」より1駅多い停車駅ですが、
「大原」駅までの所要時間は急行より短くなっています

171104123456a2.jpg
171104123456
急行「夷隅(いすみ)」

先頭が「キハ28-2346」(1964年製)、後ろは「キハ52-125」(1965年製)
どちらも車齢は50年を越えています

キハ28は片運転台なので、2両連結での運転です

急行運転となる「大多喜~大原」間では急行料金300円が必要
さらに先頭の「キハ28」は指定席で、座席指定券300円も(後方のキハ52は自由席)
尚、「上総中野~大多喜」間は普通列車扱いなので、急行券・指定席券とも不要、だそうです

171104124308a2.jpg
171104124308
対向車がやってきたので車内に戻ると、特にベルも鳴らさずに
ドアが閉まって、発車・・・発車ベルを待っていたら、置いていかれていたかも

「大多喜」駅での降車客が多かったようで、車内が空きました

171104124459a2.jpg
171104124459
「久我原」駅を過ぎて、何度目かの「夷隅川」
両岸を森に挟まれて、流れます

この辺りの標高は40~50mほど
171104124941a2.jpg171104124941
晴れ渡った秋の空

風景から見ると、海に囲まれている千葉県とはイメージが違うかもしれません

学生の頃にした自転車旅行では、この小高い山並みの連続に泣かされました
ちなみに千葉県の最高峰は南房総市と鴨川市の市境付近にある「愛宕山」・・・408m

171104125345a2.jpg
171104125345
「夷隅川」の支流、「西畑川」を渡ると、まもなく終点です

高い所からでも水の中が見えています

171104125636a2.jpg
171104125636
12時55分、「上総中野」駅に到着
起点の「大原」駅からだと、57分の所要時間です

171104125648a2.jpg
171104125648
「いすみ鉄道 いすみ線」の線路はここでおしまい

右側に伸びているのは、これから乗車する「小湊鉄道」の線路です
次の発車は69分後・・・

訪問日:2017年11月04日
つづく
関連記事

2017.12.03 


Secret