サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

2017年最後は01」のトップ記事はこちら

171209123145a2.jpg
171209123145
波が作った芸術・・・美しい砂紋に出会えました

171209123226a2.jpg 171209123226
対岸に屏風ヶ浦・・・崖上にはたくさんの風力発電施設のプロペラが並んでいます
安定して風が寄せる地なのでしょうね

でも、この日は風もなく、穏やかな晴天で助かりました

171209123325a2.jpg
171209123325
対岸、右側の風車の下辺りから、海岸沿いにぐるりと歩いてきました

171209123717a2.jpg
171209123717
目の前をバスが通過・・・駐車場の先を走り去ります(地図A

プランではこのバスで「犬吠埼灯台入口」まで行く筈だったのだけど
「銚子」までのJR線が架線凍結でダイヤが乱れ、2時間遅れで到着

このバスに乗る前に、この先にある犬岩や
千騎ヶ岩といった名勝を
見る予定のプランだったので、まだまだ遅れは挽回していない状況です


171209123843a2.jpg
171209123843
次のバスは、95分後・・・歩いた方が早いですね

171209123925a2.jpg
171209123925
ヤシの木が南国っぽくしている「銚子マリーナ」
右奥に「屏風ヶ浦」の先端、「刑部岬」が見えています

171209124401a2.jpg
171209124401
「犬吠先」は・・・まだ2.5km以上あるみたい(地図B)

まずは「犬岩・千騎ヶ岩」に向かいます
当初のプランでは、ここを巡ってからバスに乗る予定でした

2時間遅れがどれくらい回復したのか、まだ判りません

171209125125a2.jpg

171209125125
車道から分岐します(地図C)

「犬岩」を英語表記すると、「Inuiwa Rock」

????

「iwa」と「Rock」って被らないの?

171209125333a2.jpg
171209125333
耳の配置のような岩・・・犬でなくても良さそうですが

源義経が頼朝に追われて奥州に逃れる際、海岸に残された
愛犬が7日7晩泣き続けて、岩になった・・・という悲しい伝説からでした

171209125451a2.jpg
171209125451
小舟の残骸・・・もしかして、今、沢山漂着している密航船?

171209125944a2.jpg
171209125944
戻ってきて歩いて、また分岐します(地図D)

それにしても通行人が居ませんね~
歩いている私が不審者に思われそう・・・

171209130107a2.jpg
171209130107
港は外川漁港

この道は堤防も兼ねている様子
港内は波も無く、のんびりとした時間が経過していますね

171209130203a2.jpg
171209130203
外海にも風力発電施設

カッコいいんだけど、建設費用、発電量でペイするのでしょうか???

171209130355a2.jpg
171209130355
寄せる波も穏やか

遠くに伸びているのが「屏風ヶ浦」
長さは約10km

171209130518a2.jpg
171209130518
案内板が無くて・・・これが「千騎ヶ岩」かな?

ここは義経が千騎の兵と立てこもった事から名付けられたそうな

171209130620a2.jpg
171209130620
ここから、あの船が並ぶ港沿いに歩いていきます

目的地の「犬吠埼灯台」の姿は・・・まだ見えませんね

inuiwa.jpg

訪問日:2017年12月09日
つづく
関連記事

2017.12.22 


Secret