サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

2018年最初は01」のトップ記事はこちら

180107102543a2.jpg
180107102543
箱根山南部の外輪山のひとつ・・・「大観山」頂上近くにある
展望スペースから望む「富士山」

1月の厳冬期ですが、黒い斜面も見えています・・・
例年、積雪はこの程度なのでしょうか???

山腹左側に見える大きな窪みは「宝永火口」・・・
1707年の「宝永大噴火」により形成されたそうです

180107103424a2.jpg 180107103424
各地の展望台でよく見る「地名案内板」

大抵、掲示されている目標物の一部しか見えないのですが
今回は全てが見渡せます

まずは、北から西方向

180107102737a2.jpg
180107102737
南アルプス・・・雪を被った、右から「悪沢岳(東岳)」(3141m:日本6位)、
「赤石岳」(3121m:日本7位)、「聖岳」(3013m:日本21位)

180107102555a2.jpg
180107102555
右が「悪沢岳」、左が「赤石岳」

「悪沢岳」は「前岳」(3068m)、「中岳」(3084m)と3峰を合わせて
「荒川岳」と総称されるそうです
となると、右側から「悪沢岳」、「中岳」、「前岳」・・・でしょうか?

雪山が連なる手前に山並みが続いています
「笊ヶ岳(ざるがだけ)」(2629m)~「青薙山」(2406m)等々、
2500m前後の標高の山稜だとか・・・。

この山地との間に「大井川」が流れています

180107102604a2.jpg
180107102604
右奥が「赤石岳」、中央やや左に「聖岳」

その左側に、案内板には掲示されていない雪山が・・・
地図を見ると、位置的に「上河内岳」(2803m)のようですが、確信はありません

手前の山地は「箱根外輪山」
この後、あの尾根上を通る「芦ノ湖スカイライン」をバスで北上します
それまでお天気が保って欲しい・・・

180107103407a2.jpg
180107103407
「地名案内板」の北から東方向

180107103415a2.jpg
180107103415
こちら側もよく見えています

左端が「箱根駒ヶ岳」(1356m)、
その右に「二子山」(左が「上二子山」(1091m)、右が「下二子山」(1065m)
これら3山は「箱根山」の「中央火口丘」に属しているそうです

その奥が箱根外輪山・・・「下二子山」と重なる辺りが「明神ヶ岳」(1169m)でしょうか

更にその奥には「丹沢」山系・・・判りづらいですが、その中央部付近のピークが
丹沢の最高峰「丹沢山」(1567m)

180107102614a2.jpg
180107102614
箱根駒ヶ岳のロープウェイ「駒ヶ岳頂上」駅(1327m)

実は、この「駒ヶ岳」は一度も訪れた事がありません
箱根を訪れる際は小田急の「箱根フリーパス」利用が殆どですが、この「駒ヶ岳ロープウェイ」や
麓の「箱根園」駅への路線バスが「箱根フリーパス」の適用外で・・・。

ロープウェイの事業主は「プリンスホテル」、箱根園への路線バスは「伊豆箱根バス」と
小田急とはライバルの西武系列が運営しているのですよね

過去、1度だけ「駒ヶ岳」訪問を企てた事があります(小学生の頃、友人2人と)
この箱根山の裏側にある箱根登山ケーブルカー「早雲山」駅から
箱根の最高峰「神山」(1437m)を経て、駒ヶ岳へ・・・というハイキング

「神山」目指して登る途中、積雪で道を失い、迷子に・・・
沢道を下りながら出たのが駒ヶ岳東面の「湯ノ花沢」のゴルフ場

結局、「芦の湯」まで下り、バスで麓へ・・・幻の「駒ヶ岳」となりました

現在、このルートを含め駒ヶ岳のハイキングコースは全て、
大涌谷周辺の火山活動による立入規制で通行止めに・・・
「ロープウェイ」で訪れるしか無いようです

kamiyama.jpg
180107102625a2.jpg
180107102625
芦ノ湖を「海賊船」が・・・穏やかな湖面です

180107102712a2.jpg
180107102712
雲ひとつ無い空に、飛行機雲を残していく航空機

訪問日:2018年01月07日
つづく
関連記事

2018.01.13 


Secret