サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「雪見の旅・奥飛騨」のトップ記事はこちら


180218094641a2.jpg
18年02月18日.09時46分41秒.
氷点下18度の「西穂高口」駅の屋上展望台に出て20分が経過

当初は真っ白で周囲の山並みは全く見えない状況だったのですが
時折、雲が切れ、青空が広がり、穂高連峰が雄姿を現してくれました

でも、急変する山の天気・・・再び白の世界に戻っていきます

180218094735a2.jpg 18年02月18日.09時47分35秒
この間も、続々と観光客がやってきます

でも、この状況だし、寒さも堪えるのか、早々に退散・・・駅舎内に戻っていきます
海外からの観光客サンたち、寒さにはからきし弱いのでしょうか?
この寒さ体験も観光のひとつだと思うのだけど・・・

待っていたら、青空が広がる事もあるよ・・・と伝えたくても言葉が判らない

180218095130a2.jpg
18年02月18日.09時51分30秒.
3分55秒経過
次の晴天は少し時間がかかりました


でも、何となく、パターンが判ってきました

1.白い空でも上空に太陽の光が見えてくる

2.そして、西側の「笠ヶ岳」方面の山が見える

3.すると、青空が広がり「穂高連峰」が姿を現す・・・

西風が強い日だったからかもしれません

180218095132a2.jpg
18年02月18日.09時51分32秒.
2秒経過
雲が下がり、山の頂きが見えてきました

さっきまで屋上に居た外人さんたち、もう少しの我慢だったのに・・・。

180218095147a2.jpg
18年02月18日.09時51分47秒.
15秒経過
「西穂高岳」頂上まではっきりと見えています

180218095156a2.jpg
18年02月18日.09時51分56秒.
9秒経過
「西穂高岳」の左側にも、岩峰が連続しています

それぞれの頂きには、何らかの名前は付いていないのでしょうか?

案内板によると、「ジャンダルム」が見える辺りのようです
右端にちょびっと見える岩がそうなのかな?

「ジャンダルム」:西穂高岳と奥穂高岳の縦走路途中にあるドーム型の岩稜で
難所なのだそうです

ジャンダルム付近の登頂様子を紹介されたブログがありました
ドキドキ感満載です・・・こちら

180218095200a2.jpg
18年02月18日.09時52分00秒.
4秒経過
あっという間に、見えなくなってしまいます

180218095203a2.jpg
18年02月18日.09時52分03秒.
3秒経過
で、嘘のようにガスが消えて無くなります・・・

案内板によれば、左の鞍部にほぼ重なって見えるのですが
向こう側に、ちょこんと見えるのが「ジャンダルム」らしいです。

180218095226a2.jpg
18年02月18日.09時52分26秒.
23秒経過
少しずつ、白の世界が続くのが長くなってきた感じです
お天気、下り坂なのでしょうか?

180218100311a2.jpg
180218100311
次のロープウェイは10時15分

混雑具合では、その次の10時45分になるかもしれないので
名残惜しいですが、屋上展望台を降りる事に・・・。

180218101129a2.jpg
180218101129
改札前は大勢の待ち客・・・ほとんど外国の人

180218101508a2.jpg

180218101508
15分発に乗れるようです

ただし2階建ての低い方

180218101521a2.jpg
180218101521
乗降口まで一杯です

どうやら私がラストのようです
定員121名で乗務員がひとり乗車するので、120番目の乗車客って事?

180218101606a2.jpg
180218101606
通勤電車みたいにつり革のある車内です

180218101650a2.jpg
180218101650
中途半端な乗車順だとゴンドラの真ん中辺りでボケーっとするしかなかったのですが
一番ラストの乗車で乗降ドアに面した場所です

空は白いですが、景色が楽しめる位置

180218101739a2.jpg
180218101739
と、思ったら、雲が切れてきました

超ラッキーです

訪問日:2018年02月17~18日
つづく(全26回)

本日から明日に1泊で出かけてきます。
一応、ノートPCを携帯しますが、ネット環境が不明なので
お邪魔出来ない場合もあるかと・・・ご容赦くださいませ


関連記事

2018.03.17 


Secret