サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「雪見の旅・駒ヶ根」のトップ記事はこちら


180318110910a2.jpg
180318110910
駒ヶ根高原、「光前寺」付近から見える「宝剣岳」(2931m)です

頂上の黒い岩峰の左下に見える横長の黒い影が
宿泊した「ホテル千畳敷」
2612mの標高にある日本一高い場所のホテルです

山を下り、電車の出発時刻までの時間つぶしに
「光前寺」界隈のスイセンの花を見に来たのですが・・・
所々に僅かに黄色い姿が見えるだけ

まだ早かったようです

160416142817a2.jpg
160416142817
2016年4月に訪れた際の同じ場所
段々にスイセンの花が植えられていました
記事はこちら

空はイマイチでしたが、桜も綺麗でした

空も、桜も、スイセンも・・・は望みすぎ?

180318111213a2.jpg
180318111213
「光前寺」から県道75号へ向かう道沿いに少しだけ、スイセンが咲いていました

中央の筒状の花が黄色くて大きい、ラッパ水仙でしょうか・・・。

180318111231a2.jpg
180318111231
でも、殆どは、まだ葉っぱだけ・・・

180318111340a2.jpg
180318111340
花は残念でしたが、爽やかな風で、歩いていて気持ちよい道です

左から「甲斐駒ヶ岳」、「仙丈ヶ岳」、「北岳」、「間ノ岳」、「農鳥岳」・・・
「富士山」は手前の伊那山地に隠れてしまっていますが、右に「塩見岳」・・・
南アルプスが一望できる道

180318111649a2.jpg
180318111649
バスが走る県道75号線に合流・・・ガイドマップに出ていた「切石公園」に着きました

その道端に立つ「案内板」を前にして・・・動けず

現在地が判らないのです

下側にバス停留所がある道が左右に走っているので、これが県道75号なのだと思うのですが
道沿いに走る小川が無いし、橋も無くて・・・。

そもそも公園内にある「通路」が全くなくて、全面が落ち葉で埋まってます

180318112026a2.jpg
180318112026
見当を付けて、池と池の間の落ち葉の上を通り抜けてみます

池にある、ぽっこりとした岩、あれも何か見所のひとつのようです
その先には「仙丈ヶ岳」と「北岳」

180318112048a2.jpg
180318112048
「北岳」か
「間ノ岳」、「農鳥岳」、「塩見岳」の眺望

池の名前は「夫婦池」・・・だそうです
池の中にある、ぽっこりした岩は「袋石」・・・重さは204トン


180318112245a2.jpg
180318112245
重ね石

落ち葉を踏みしめながら、巨石の前に辿り着きました
重さは309トンだと

180318112539a2.jpg
180318112539
切石
スッパリと切断されたような巨岩

あの、ホテルのあった「千畳敷カール」から氷河によって
ロープウェイ駅のある「しらび平」まで移動し
さらに土石流によって、ここまで流されてきた・・・そうです

日本では唯一見られる「迷い子石」
重さは658トン

180318112602a2.jpg
180318112602
すぐ脇を用水が流れているので、全体を捉えるポジションが得られません

その用水も、岩を巻いて流れています

180318112737a2.jpg
180318112737
一通り、見終わって・・・少々疲労感もあり、バス停に戻ります

標高差約50mの上り・・・

180318112838a2.jpg

180318112838
歩いている人なんて皆無

でも、正面に雪山が見えてて、気持ちが良いです

180318113106a2.jpg
180318113106
「菅の台バスセンター」が見えてきました

11時台のバスに乗れそうです

180318113532a2.jpg
180318113532
バスは1時間に1本

とても見やすい時刻表です

suganodai.jpg お天気が良かったから巡れたのですが・・・
もし雨降りだったら、時間つぶしが大変でした

訪問日:2018年03月17~18日
つづく
関連記事

2018.04.17 


Secret