サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414123247a2.jpg
180414123247
特急「ワイドビュー伊那路1」号で「天竜峡」駅に到着

添乗員さんが急がせます・・・7分遅れが影響???

ホームに案内人の方がおふたり
ツアー客を二つに分けて、引率・案内してくださるようです

ここで初めて、今回のツアー客数が判明・・・約40名程のようです

ここからは復路の「飯田線秘境駅号」乗車時間まで、駅周囲を巡ります
所要時間は45分・・・の予定

180414123531a2.jpg 180414123531
「天竜川」を渡る「姑射橋」(歩道:こやきょう・車道:こやばし)

時間が無い散策なので、反対側まで歩いて、またすぐに戻ります

晴れていれば、中央アルプスが望めるそうですが・・・
その手前に、端正な姿の山

地図で見ると「風越山(かざこしやま)」(1535m)っぽい位置ですが、どうなのでしょう

180414123653a2.jpg

180414123653
橋から見下ろす「天竜川」の下流側

この橋のたもとに「ライン下り」の出発点がありました

180414124210a2.jpg
180414124210
お天気が良くない時は「花」に助けを求めます・・・

180414124241a2.jpg
180414124241
たぬきにも助けを求め・・・

180414124314a2.jpg
180414124314
緑の斑点があるのが「スノーフレーク」、斑点が無いのが「スノードロップ」

180414124416a2.jpg
180414124416
ツツジ?・・・唯一、満開の花

180414124645a2.jpg
180414124645
時間がないのに、「つつじ橋」へ向かっているようです
ひとりならさっさか歩いて行けますが、団体だと・・・大丈夫?

180414125413a2.jpg
180414125413
「龍角峯(りゅうかくほう)」・・・龍の化身だそうです

53mの巨岩のどこかに「
龍角峯」と彫られているとか

180414125540a2.jpg
180414125540
その先に見えてきた吊り橋

あれが「つつじ橋」?

180414125628a2.jpg
180414125628
橋の手前に「同時に渡れるのは20人」との注意書き

この渡橋のためにツアー客を2つのグループに分けたのかも

180414125656a2.jpg
180414125656
正式には、「躑躅橋」・・・これだと読めません

180414130034a2.jpg
180414130034
下流側

低い位置にかかる橋は、JR「飯田」線の鉄橋のようです

高い位置の建設中の橋は、「天竜峡大橋」(長さ280m、高さ80m)

長野県飯田市から愛知県浜松市を結ぶ「三遠南信(さんえんなんしん)自動車道」の橋
自動車専用の道の他、桁下に歩道があり、天竜峡周遊遊歩道の一部になるそうです


180414130145a2.jpg
180414130145
上流側

長さ80mの橋を渡ると、小刻みにかなり揺れます

手すりに掴まっていないと、ちょっと怖い

180414130452a2.jpg
180414130452
案内の方から・・・「蝮草(まむしぐさ)」と。

この時期はまだですが、茎がマムシのように見えるようになるそうです
で、実際、全体に毒性があり、
特に球根の汁に触れると炎症、誤って口にすると、激痛
下痢、嘔吐、心臓マヒ、そして死に至るそうです

180414131948a2.jpg
180414131948
30分ちょっとの「天竜峡」巡り
列車到着10分前に、駅に到着

メインの目的が「秘境駅巡り」だから致し方ないですね
「飯田」駅13時3分発の急行「飯田線秘境駅」号が入線します

これからが旅のメインイベントです

訪問日:2018年04月14日
つづく
関連記事

2018.04.25 


Secret