サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414140608a2.jpg
180414140608
急行「飯田線秘境駅」号

「天竜峡」駅を出発して、3つめの「秘境駅」に到着しました

180414140624a2.jpg
180414140624
JR職員さんの誘導で、豊橋寄りにあるトンネル脇を上ります

1人分ほどの狭い幅で、交代で上り下りを・・・。

180414140716a2.jpg
180414140716
停車中の車両を真正面に見ると・・・
ビーム(架線柱を橋渡ししている横向きの支え)が電車前面を横切ってます

180414140746a2.jpg
180414140746
木立がギリギリ被らない場所まで移動すると
架線柱が前面部を真っ二つに・・・

180414140933a2.jpg

180414140933
トンネルのポータル上部が撮影地

180414141102b2.jpg
180414141102
ツアー客で賑わう秘境駅

でも、ひとりで来て、ここに1時間も2時間も、は耐えられるかな?

180414141130a2.jpg
180414141130
「飯田」側もすぐにトンネルが続きます

「98」は豊橋から98番目のトンネル?

180414141149a2.jpg
180414141149
「豊橋」方面へは1日8本、「飯田」方面へは1日9本が停車

それぞれ2本と1本の普通電車が通過します

180414141302a2.jpg
180414141302
「田本」駅・・・2018年度、秘境駅ランキング4位

この看板に触れても、特に御利益は無いようです

180414141823a2.jpg
180414141823
ホームに面した崖の途中には、オーバーハング状の巨岩が
コンクリートで固められています

出っ張り部はホーム幅と同じくらい・・・もし崩れたら逃げようがないかも

180414141836a2.jpg
180414141836
15分の停車・・・まもなく発車します

崖の斜面が迫る、こんな場所ですが、何らかの駅を設けた理由があるのでしょうね

tamoto.jpg 田本駅の標高は346m
田本の集落は標高約520mの位置・・・200m近くの登山が必要です

発車直後・・・
「トンネルを出た所で一瞬、橋が見えます」との案内放送

180414142039a2.jpg
180414142039
予想より遠い位置で小さかったですが、運良く撮れました

「田本」駅のトンネルポータルから先に進んだ所にある「吊り橋」だそうです
この付近で対岸に渡る、唯一の橋

180414142231a2.jpg
180414142231
次の「温田」駅で交換・・・こちらと同じく「秘境駅」号です

この電車、朝、「豊橋」駅で見た電車・・・こちらが乗車した特急「伊那路1」号より
先に出発したのに、まだこの辺りを走っていたのですね

てっきり、今、乗車している上り「豊橋」行き「秘境駅」号が
下り「秘境駅」の折り返し列車だと思っていました

180414142240a2.jpg
180414142240
「あちらのお客さん、後半戦で疲れている頃です」と車内放送

こちらは「天竜峡」駅から「豊橋」駅まで4時間46分の旅ですが
あちらは「豊橋」駅から「天竜峡」駅まで5時間17分と30分長い旅

180414142628a2.jpg
180414142628
鉄橋を渡る先に橋が見えてきました

「まもなく到着します」との車内放送が流れます
・・・あの吊橋の近くに駅があるようです

訪問日:2018年04月14日
つづく
関連記事

2018.04.29 


Secret