サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414142746a2.jpg
180414142746
「飯田線秘境駅」号で4番目の秘境駅に到着

ホームを降りた目の前に「天竜川」が流れています
背後は崖なので、駅施設以外、周囲には何もありません

豊橋寄りの先に天竜川を渡る吊橋(天竜橋)が、駅以外の唯一の人工物でしょうか
ここでは12分の停車だそうです

JR職員さんから「時間厳守で吊橋を渡るように」との注意

戻ってこれないと、「1時間後の次の列車をお待ち頂く事に・・・」だそうです

180414142749a2.jpg 180414142749
置いてきぼりは怖いので、さっさか歩いて行きます

途中で、上流側を見てみた風景です

180414143054a2.jpg
180414143054
「吊橋」に到達・・・渡りながら、駅を。

吊橋が無ければ、この駅は孤島状態

180414143119a2.jpg
180414143119
下流側・・・人工物が全く見当たりません

森が深い・・・

180414143125a2.jpg
180414143125
この吊橋以外の外部へ通じる道は・・・
ホーム前を川近くに降りて、上流側の少し広めの河原っぽく見える所を抜けて
奥に見える緑の鉄橋の下をくぐり、支流沿いに山へ入る・・・。

地図で見ると、約7kmほど歩くと、隣の「温田」の街に辿り着くようです

180414143246a2.jpg
180414143246
この吊橋は、天竜峡の「つつじ橋」ほどの揺れは感じませんでした

180414143420a2.jpg
180414143420
駅手前に「してぐり橋」

停車時間中、運転手さんも外に出て、自然を満喫中・・・かな

180414143514a2.jpg
180414143514
普通に難読駅でもありますね・・・まだ長野県です

2018年度「秘境駅ランキング」、第17位
ここより、秘境な駅が16もあるのも驚きです

180414143548a2.jpg
180414143548
急カーブ地点でも無いのに・・・隙間が凄いです
隙間が狭まる筈の車体中央部でも30cm近く空いている感じ・・・。

裾絞りの特急車両であったとしても、こんなに開くのかな?

180414144145a2.jpg
180414144145
「為栗」駅を出発・・・「天竜川」に沿って下っていきます

180414144311a2.jpg
180414144311
大きな橋が見えてきました

180414144317a2.jpg
180414144317
上流側にも道が連なり、一番奥に橋が見えます・・・。

180414144354a2.jpg
180414144354
珍しく、橋の上を車両が進行中

この道は国道418号から分岐・・・天竜川沿いの街を結んでいます
この辺りを走るのはやはり、地元の車だけでしょうか・・・。

180414144857a2.jpg
180414144857
「平岡」駅に到着

「天竜峡」駅以来、久しぶりに家並みが多い駅
ここでは17分の停車です

shiteguri.jpg 為栗駅付近で大きく蛇行して「信濃恋し」と呼ばれているとか

山深いのに天竜川の水量が豊富なのは、
この下流の平岡ダムによるものだそうです

「為栗」駅付近にも民家があったそうですが、このダムにより
水位が上昇して水没、地元の駅利用者は居なくなったようです

訪問日:2018年04月14日
つづく
関連記事

2018.05.01 


Secret