サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「3時間の訪問」のトップ記事はこちら


180421083821a2.jpg

180421083821
茨城県ひたちなか市「勝田」駅
「ひたちなか海浜鉄道・湊線」ホーム

単行(1両)運転もありますが、この日は2両編成のディーゼルカーで発車待ち
先頭は平成7年製の「キハ3710」

形式の3710は「みなと」にちなんで付けたとか・・・。

180421084503a2.jpg 180421084503
チケット購入に手間取る乗り換え客を待ち、2分遅れで発車
終点「阿字ヶ浦」駅まで28分です

右側を走るJR常磐線とのポイントは、過去走っていた、
上野からの直通急行「あじがうら」運転の名残

180421084727a2.jpg
180421084727
スプリングポイントで分岐・・・「金上(かねあげ)」駅

180421084950a2.jpg
180421084950
原生林のような雰囲気の森の中も走ります

180421085016a2.jpg
180421085016
森を抜けると、一面、田んぼが広がる平地

水が張られるのは、5月からでしょうか

180421085040a2.jpg
180421085040
目の前を横切る影

咄嗟に撮ったのですが・・・線路の左脇にかろうじて映っていました

キジです

180421085450a2.jpg
180421085450
「高田の鉄橋」駅手前の高田の鉄橋

180421085658a2.jpg
180421085658
「ひたちなか海浜鉄道」の車両基地もある「那珂湊」駅

左端に鎮座しているのは、ステンレス気動車「ケハ601」

180421090131a2.jpg
180421090131
「那珂湊」駅を発車

先日見た、豊橋の路面電車のように
路盤の緑化を計っているのでしょうか?

180421090641a2.jpg
180421090641
「那珂湊」からは向きを北東に変えて、台地の上を走行

終点の「阿字ヶ浦」駅はホーム後方(勝田寄り)に改札口があるので
この先頭部からは最も遠い位置。
乗り換えるバスの乗車も最後の方になる可能性があるので
乗車途中で後方に移動するつもりでした
でも、意外と車内が混雑で不可能・・・バスからの風景撮りは無理っぽい

180421090857a2.jpg
180421090857
「磯崎」駅からは綺麗なPC枕木が敷設されています

180421091017a2.jpg
180421091017
「阿字ヶ浦」駅側から枕木を交換しているのでしょうか?

あの緑化されていた線路は、間もなく枕木交換があると
いうことで、除草をサボっている?

180421091132a2.jpg
180421091132
2分遅れで終点「阿字ヶ浦」駅に到着

ここからは無料シャトルバスに乗ります

現在、ここから「ひたち海浜公園」までの延長を計画中

予定では、2030年までに測量、ルートの確定
2033年度から用地買収、工事に着手
2035年度に工事終了、2036年度から運行・・・だそうです

enshin.jpg
渋滞とは無縁のアクセス手段になりますね

問題は、その頃、まだ元気かどうか・・・

訪問日:2018年04月21日
つづく
関連記事

2018.04.28 


Secret