サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「ツアーで初秘境駅」のトップ記事はこちら


180414170652a2.jpg
180414170652
山城っぽい景色が続く・・・これはお堀の跡でしょうか
「長篠城」駅近くの車窓です(歴史や見所はこちら

この城が知られた(私が知った)のは、武田氏と徳川氏による「長篠の戦い」

一昨年のNHK大河「真田丸」では「長篠の戦い」後の
武田勝頼公の悲哀が話題になりましたね

個人的にもその印象が強く残っている地名です

180414170710a2.jpg 180414170710
「本丸跡」が線路脇にあります

180414170723a2.jpg
180414170723
その「長篠城址」を守る天然の断崖

流れてくるのは「豊川」、飯田線が渡る鉄橋の背後で「宇連川」と合流
城址の南側2面が川と断崖に守られて、北側は土塁と堀が巡らされていたそうです

一目で、この崖を攻め上がるのは難しいのが判ります

180414170725a2.jpg
180414170725
でも、紅葉の頃、良い感じになりそうな渓谷ですね

180414170829a2.jpg
180414170829
朝の「豊橋」駅出発から7時間経過・・・ツアー参加者殆どの方が居眠り中

180414172349a2.jpg
180414172349
山地が切れて、平野部に移ってきます

行程表では、終点「豊橋」まであと30分ほど・・・
意外とかかるなって思ったら
列車本数が多い区間で、行き違いの待ち合わせ時間が多いようです


180414174917a2.jpg
180414174917
「豊川」を渡ります

遠くに見える山地・・・方角的に、今日はあの奥を巡っていたのですね


180414175402a2.jpg
180414175402
「天竜峡」駅から4時間31分かけて、「豊橋」駅に到着

「飯田線 秘境駅」号
同じ区間を、2時間17分で走る特急電車や3時間30分で走る普通電車の間を縫い
ほぼ単線の路線で対向列車との行き違いも調整して、運行

更に行き違い設備の無い秘境駅で散策時間も生み出して・・・
いくらローカル線と言えど、大変な作業

綿密なプラン立てがあった事でしょうね

訪問日:2018年04月14日
つづく(全15回)
関連記事

2018.05.19 


Secret