サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「Turtle再び」のトップ記事はこちら


180609132028a2.jpg

180609132028
新潟県十日町市にある「キョロロの森」

建物壁面は一面、赤茶色の錆・・・ほくほく線の信濃川鉄橋と同じく豪雪対策です

正式には「十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ」

「キョロロ」は田植えの時期に渡ってくる「アカショウビン」という
カワセミの鳴き声・・・なのだそうです

180609131927a2.jpg
180609131927
入館料は500円

180609132103a2.jpg
180609132103
豪雪地帯の自然やくらし、さらに大地の芸術祭に関わる展示物があるのだとか

180609132506a2.jpg
180609132506
展示物・・・いきなり、ヘビでした

180609132836a2.jpg
180609132836
「実寸大積雪ポール」
松之山地区の過去30年の積雪量を展示

昭和59年に559cmを記録、最近では平成26年に427cm

ポールが長すぎて、カメラのファインダーに収まりきりません

180609133042a2.jpg
180609133042
写真右上・・・美人林に現れる「ナメクジ」だそうです
長さは大人の手のひらくらい?

こんなのが木の上からポタッと落ちてきたら卒倒しそう

180609133325a2.jpg
180609133325
個性的な展示方法ですね

「志賀夘助チョウコレクション」

180609133534a2.jpg
180609133534
高い塔は煙突ではなく、展望台でした

頂上までは灯りの乏しい階段を160段・・・

180609133738a2.jpg
180609133738
2分ほどで頂上へ

外の景色より先に、送風機の風に当たります

180609133751a2.jpg
180609133751
ふう~ん

快晴ならば、また異なる感想が出たのでしょうが・・・

180609133955a2.jpg
180609133955
こちらの方に感動しました

展望塔上部から階下を覗いて・・・

180609132519a2.jpg
180609132519
最後にお土産売り場

自分用に、つがいのフクロウを購入

180609134745a2.jpg
180609134745
今頃になって青空が広がってきました

美人林はブナ林と聞いたのですが、周囲は杉だらけ

訪問日:2018年06月09日
つづく(全15回)
関連記事

2018.06.24 


Secret