サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「100円散策」のトップ記事はこちら


180708131359a2.jpg

180708131359
17階の展望台からの「シンカンセン・ビュー」

東北・上越・北陸・山形・秋田・北海道新幹線の車両を見る事が出来ます

180708132217a2.jpg 180708132217
JR「王子」駅近くの線路際に立つ「北とぴあ」

あの、一番上の窓が展望台のある17階
こちら側(富士山が見える側)はレストランですが、他の3方は無料開放されています

180708132819a2.jpg
180708132819
「北とぴあ」から7分ほど歩いて・・・「名主の滝公園」です

園内マップによれば、この入口(薬医門)は正門ではありませんが
王子駅からはこちらの方が近いです

180708132851a2.jpg
180708132851
公園は入園無料・・・今の所、使ったお金はコミュニティバスの100円だけ

開放型の公園ではなく、樹木に覆われた森の奥の雰囲気

180708132935a2.jpg
180708132935
散策路の石畳には、瓦が組み込まれています
滑り止めの役割もありそうです

180708133323a2.jpg
180708133323
緩やかな流れの中に、都内では珍しい「アメンボ」の姿

180708133650a2.jpg
180708133650
江戸時代、王子の名主が屋敷内に滝を設け、避暑のために解放された地だそうです
・・・それが公園名「名主の滝公園」の由来

小さいながらも水量が豊富な「男滝」・・・落差は8m

180708133749a2.jpg

180708133749
盛夏の頃、涼しげですが、
密集した樹木により風の流れが乏しく、蒸してます

180708134100a2.jpg
180708134100
湧玉(ゆうぎょく)の滝」

園内の滝は、ポンプで汲み上げた地下水
時期や時間帯で調整されるようです

180708134116a2.jpg
180708134116
人工飼育され放流された「ヘイケボタル」が自生

夏にはホタルの鑑賞会が催されていたそうですが
2011年(東日本大震災が起きた年)以降中止

180708134242a2.jpg
180708134242
残念ながら「女滝」は放水停止中

180708134523a2.jpg
180708134523
深い緑の公園・・・
この樹林には、海岸近くで見られる樹木が多く見られるそうです

実際、この崖の上部に続く周辺部には「貝塚」が残されています
海もしくは海岸近くだった事が判ります

180708134703a2.jpg
180708134703
池の中の岩場では、亀が日光浴中

短い手足で、よく、こんな岩に登れたものです

oji02.jpg この日の東京のアメダス、13時40分の気温は31.2度、湿度65%

暑さに身体を慣らすにはうってつけ?

訪問日:2018年07月8日
つづく(全11回)

追記)来月4日に予定していた「木曽・赤沢森林鉄道や寝覚の床を巡るツアー」

申し込んでいたJRから電話があり、最少催行人員に至らず中止との事

今夏のメインにしていたのに・・・がっくしです


関連記事

2018.07.20 


Secret