サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「100円散策」のトップ記事はこちら


180708135946a2.jpg
180708135946
「王子稲荷」から「王子駅」へ・・・

駅近くは飲食店やらラブホやら雑多な雰囲気
バスターミナルのある側と比べると駅入口もこじんまりとしています

その駅構内通路の下を水路が流れる造りになっています

180708135931a2.jpg
180708135931
駅入口側から見ると、駅近くの狭い水路らしからぬ
綺麗な水が流れています

この先、上流側に「音無親水公園」があります

180708140057a2.jpg
180708140057
私が子供の頃は、洪水対策で分厚いコンクリート壁に囲まれた川でした

その後、本流は飛鳥山公園の下を通るトンネルに移り
この水路は公園化されました

180708140216a2.jpg
180708140216
川の名前は「音無川(おとなしがわ)」
これは北区での呼称・・・上流側は「石神井川(しゃくじいがわ)」

水源は、都下・小平市にあるゴルフ場の湧水、だそうです

180708140343a2.jpg
180708140343
小さい公園ですが「日本の都市公園100選」に選ばれています

180708140431a2.jpg
180708140431
公園の水源地

180708140524a2.jpg
180708140524
この時期は、水遊びをする家族連れや子供たちで賑わいます

180708140555a2.jpg
180708140555
「音無橋」

アーチの下は公園本問客の駐輪場になっています

180708140714a2.jpg
180708140714
公園の水源の上流部・・・ここでろ過し、太陽にあてて水温アップする仕組み?

180708140731a2.jpg
180708140731
土管にカメ

本来、ここに土管を置く必要が無いのに・・・カメの住居専用でしょうか

180708140846a2.jpg
180708140846
中央アーチの下は、日陰として重宝されています

180708141314a2.jpg
180708141314
橋の上に上がります

「王子」駅方面(下流側)を臨みます・・・深い緑に覆われています
正面の建物が見えなければ、都内とは思えません

180708141339a2.jpg
180708141339
完成時の「音無橋」

現在は、木々が広がって、全容が見えにくくなっています

180708141352a2.jpg
180708141352
「音無橋」を渡るのは、都道455号線
「旧岩槻街道」とも呼ばれます

橋の先に見える緑は「飛鳥山公園」

oji03.jpg 音無川(石神井川)の本流は、音無橋を通らずに、
トンネルで王子駅の東側に通じます

親水公園を流れた水路は、JR線をくぐった後、
都電の線路と並行して、本流に接続

訪問日:2018年07月8日
つづく(全11回)
関連記事

2018.07.23 


Secret