サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

木曽ではなく群馬へのトップ記事はこちら


180804102234a2.jpg
180804102234
ツアーバスは群馬県に入っています

榛名山の山並みの向こうに、一段と高い山並みが見えてきました

群馬県北部で高い山と言えば、まず谷川岳(1977m)が思い浮かぶのですが
今回、訪れる「たんばらラベンダーパーク」がある「武尊山(ほたかやま)」は
更に高い、2158mの標高・・・もしかしたら、その「武尊山」の山容かもしれません

180804102424a2.jpg 180804102424
右に左にカーブする「関越道」
コース的には右側にある「赤城山」(1828m)ですが、時には正面に・・・。

180804102436a2.jpg
180804102436
「利根川」を渡ります・・・こちらが上流側

180804103048a2.jpg
180804103048
標高は430mくらい・・・大分、上がってきました

橋の下には、利根川の支流「沼尾川」が流れ、河岸段丘も見られます
「沼尾川」の源流は「赤城山」頂上のカルデラ湖「大沼」なのだそうです

右に上がる裾野は「子持山」(1296m)、左奥は「榛名山」(1449m)

180804103129a2.jpg
180804103129
150m下に見える平地には利根川が流れ、JR上越線、国道17号線が走ります

180804103213a2.jpg
180804103213
長さ543mの「長井坂トンネル」

180804103442a2.jpg
180804103442
風景が一変して、広々とした台地の上を走ります

「日本で最も美しい村」のひとつに認定された「昭和村
広大な河岸段丘は、北海道の台地にも見劣りがしないとの評判だそうです

180804103701a2.jpg
180804103701
添乗員さんからの案内・・・「武尊山が見えてきました」

やはり、これが「武尊山」(2158m)でした

これから向かう「たんばらラベンダーパーク」はこの中腹、1350m付近にあるそうです

180804103737a2.jpg
180804103737
「片品川」を渡ります
ここも両岸に河岸段丘が発達していますね

正面は「子持山」(1296m:成層火山)でしょうか・・・。

numata03.jpg まもなく「沼田IC」

ここで関越道を下りて、一般道を走ります
プランでは、まず「吹割の滝」でしたが、渋滞で遅れたため、
昼食会場でもある「たんばらラベンダーパーク」へ向かいます

1本のライン上に見学スポットがあると、順番通りに巡るしかありませんが
今回はアルファベットの「Y」の字のように、分岐した2箇所を巡るので
どちらを先にするか臨機応変に対処、ですね

訪問日:2018年08月04日
つづく
関連記事

2018.08.08 


Secret