サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

木曽ではなく群馬へのトップ記事はこちら


180804114506a2.jpg
180804114506
標高1300mまで上がってきました

快晴のお天気ですが、下界と異なり、カラッとした空気感で爽やか
でも、強い陽射しでジリジリと日焼けしていくのが感じられます

ここから上に「ラベンダー」が広がっているそうです
添乗員さんの話では、「早咲き」、「中咲き」、「遅咲き」全てが揃った時期なのだとか

180804114949a2.jpg
180804114949
ここにもコケで作られた「アニマルトピアリー」のクマ

実際の熊が歩いているような、リアルな姿勢です

180804115200a2.jpg
180804115200
で、ラベンダー。

パンフの写真を見てて、期待しすぎたのでしょうか、ちょっと微妙

180804115229a2.jpg
180804115229
丘の上に見えるのが「展望台」

その周囲には「遅咲きのラベンダー」・・・頂上部はやっと花がついた感じです
草丈が伸びれば、ボリューム感も増すのでしょうか

普通に見渡すと、株の間の隙間が目立ちますね

180804115308a2.jpg
180804115308
ズームしてファインダーを覗くと、多少、密集感が増します

180804115458a2.jpg
180804115458
頂上部から・・・。

手前から「遅咲き」、「中咲き」、「早咲き」・・・と。

「早咲き」のラベンダーは花は残っていますが、大分、しおれた状況
ただ、遠くから見ると、それは判りません

180804115557a2.jpg
180804115557
展望台に上がると・・・右側の山が双耳峰のように見えます
「谷川岳」(かも)
「谷川岳」なら左耳が「トマノ耳」(1963m)、右耳が「オキノ耳」(1977m)

左端、カーブ状に伐採された所は「天神平スキー場」かな?

180804115624a2.jpg

180804115624
「展望台」付近は標高1350m

180804120010a2.jpg
180804120010
「ラベンダー」がイマイチだったので、山ばかり見ています

左から「トマノ耳」、「オキノ耳」、その間を下った所が「マチガ沢

右側のピークが「一ノ倉岳」(1974m)、その下に伸びるのが「一ノ倉沢
その沢を下り、手前の樹林との境界付近に見える岩壁が「衝立岩」と思われます
(ここのリンクは、2013年10月に散策した時の記事です)

訪問日:2018年08月04日
つづく
関連記事

2018.08.13 


Secret